<   2011年 08月 ( 33 )   > この月の画像一覧

学校法人東北芸術工科大学の統合について その2

d0080549_6531739.jpg今朝の山形新聞にも掲載していただきましたが、昨日芸工大議員連盟(詳しい説明は昨日のブログにて)で東北芸術工科大学と京都造形大学の学校法人合併について勉強会を行いました。
そこで詳しい数字なども教えていただきました。私がわからなかった部分は皆さんもわからないと思いますので、その辺を中心に書かせて頂きたいと思います。
あ、まず大前提を書いておきますが、芸工大は私大です。市立・県立ではありませんので、山形県や山形市がこの合併に関して止めさせると言うことはできません。「私大なんだから勝手にしても良いんだろう?」というご意見もあると思いますが、設立の経緯と、あまりにも寝耳に水でしかも急すぎる話のために「なんで?」そして「こんな流れが許されるのならば、このあともどうなるかわからない」という不安感から、みんな声を上げていると言うことをご理解下さい。

1)新聞やテレビ、あるいはHP・ブログ等により「設立に150億円出した」「200億円補助した」と金額にばらつきがあることについて。これは創設にかかる施設整備費としての補助金は149億円です。なので、創設時の補助金としては、約150億円ということになりますね。
その後の環境や施設の整備、運営経費補助(開学から4年間は毎年1学年しか増えていかず学生が本来の形よりも少ないため、4年間は運営経費を補助していた)や大学院開設、学科増設など、平成13年までの補助金を全て合計すると約200億円(194.9億円)になります。

2)現在の山形県や山形市の関わりについてですが、平成2年の準備から平成13年度まで補助を行っておりましたが、現在は一切補助を行っておりません。理事長も開学時は板垣氏(県知事)、翌平成5〜11年は金澤氏(山形市長)でしたが、平成12年以降は京都造形大と同じ徳山氏になっております。だから見方を変えれば、理事長も変わったし10年経ったので、あとは本来の民営スタイルにとなったようにも感じます。
職員の派遣も開学当初は6人でしたが毎年1人ずつ減っていき、平成8〜10年度は2人、平成11年度は1人、そして翌年からは行っておりません。
また平成15年12月の役員改選により、県・市から選出されていた役員が退任しております。それはどちらの都合だったのかまではわかりませんが。

3)現在の学校法人東北芸術工科大学の経営について。学校法人なので税金を納めているわけではありませんので、県や市への税収がこれによって経ると言うことはないようですが、少なくても(もちろん設備投資などがありますので借金はありますが)健全に経営されており、赤字経営が続いているというわけではありません。

私はなぜ公設民営というスタイルまで採って東北芸術工科大学を作ったのかはわかりません。1期生ではありますが、「山形に今度新しい大学ができたんだって。しかも情報系(高校生のときは理系クラス。これからの主流となるであろうパソコンを使った情報・工業系の大学に進みたいと思っていた)だから受験してみよう」と思ったもののその背景なんか知るよしもないですし、学生時代は授業とバイトとサークルぐらいしか頭にありませんでしたしね。
しかし現在、市議という立場になって考えると…国立の山形大学だけではなくもっと若い人が山形に来て欲しい。定着して欲しい。だから新たに大学を誘致したい。でも非常にリスクが高いからなかなか手を上げてくれるところもないし自分達でもそこまではできない。だから最初にかかる資金は県や市が出すから(ガワを建てるから)山形で大学を開いてくれないか?と話を持って行っていたのではないかと思います。
それは現在人口を増やすために婚活パーティーを自治体が支援したり自ら開催したりする事にも似ていると思います(もちろん規模は大きく違うけど)。人口増→出産→結婚→若者の出会いが必要→ならば婚活支援のような。人口増と活気があふれる街にしたい→それなら若者を増やさなければ→ならば山形に新しい大学をって考えたんじゃないのかなぁ。

今回の合併について不安・不満に思っているのは前のブログにも書きましたが、「対等な立場で」と言っているにもかかわらず、よく読んでいくと「学校法人東北芸術工科大学は解散し、学校法人瓜生山学園に合併しますが、学校法人芸術学舎と名称を変えます」。つまりどうみても「吸収」なんですよね。
しかも6月の理事会で法人統合に向け協議を進めることを決定し、7月には統合案を議決、8月には文科省への認可申請提出という、ものすごい早さで。しかも卒業生も一切知らないし、県や市に説明することもなく。
その強引さで行けば、最悪のケースですが、「学生の数が少なくなってきたので山形キャンパスは閉校します」なんて言うのも京都ですぐに決めてしまうこともできるようになってしまう事も考えられます。

さっき書いた通り、設立の思いはわかりません。
しかし京都の分校を作るなんて聞いていたら、県や市が補助金を出すはずもないですし、京都にいる徳山氏の企業(学校法人ですが)の為に建てたつもりもないと思います。
密室で、しかも早急に話を進めていることに不安を感じ、絶対何か裏がありそうと思っているので、今回このように声を上げています。

現在赤字でもない健全な大学、私達が思いを持って作った大学が、いきなり「統合協議に入ります」「半年後には統合します」「吸収して京都の学校法人が運営します」っていう展開はないんじゃない?
しかも県民市民はもちろん、卒業生や在校生すら知らない中で。
[PR]
by pattu | 2011-08-31 08:40 | ヤバイ!事件です。

オモイ【慶文堂】【リトルハウス】【傳々】【新旬屋 麺 山形七日町店】

d0080549_654758.jpg昨日の夜からどうも肩というか、首の付け根あたりが重たくて重たくて。肩こり?なんて言うにはちょっと重すぎるような感じ。非常に気分も悪い。ストレッチをしたり自分でマッサージをしてみたりもしたのだが、いっこうによくなる気配なし。今日も盛りだくさんなのにな…。
そんな訳ですぐさま電話し、慶文堂へ。
こちらは私がよく行っている鍼灸指圧マッサージをしてくれるところ。私はここで初めて鍼というものを体験しました。ちょこっとだけ刺す注射でさえあんなに痛いのに、体の奥まで刺すなんてどんなに痛いんだろうという不安と、あれっていくらぐらいかかるんだろう?という不安があり、今までやったこと無かったのですが、こちらは非常に良心的なお値段で、指圧後鍼をしたとしても3,000円。今までいろんな指圧に行きましたが3,000円と言うのは一番安く、しかも鍼をしてもらっても料金は変わらないというすばらしさ。そんな訳で肩や腰がつらい時にすぐ行っております。
今日も指圧のあと、肩に鍼をしてもらいました。だいぶ楽になりました。

d0080549_744681.jpgその後所要により河北町へ。途中お昼ご飯を河北病院すぐ近くの「リトルハウス」で。
こちらはパフェで有名なのですが、実はワンコイン・500円と言うお財布に優しい日替わりランチがあります。さっきの慶文堂といい、こちらといい、俺はリーズナブルと言う言葉にもの凄く耐性がないのかも知れないwリーズナブルじゃないな。費用対効果?コストパフォーマンス?かな?
本日の日替わりランチは手作りコロッケランチでした。前回来た時は(確か冬なんだけど)タラのホイル焼き定食だったような?
小さいお子さんを連れたお母さん達がお茶を飲みながら、お話ししておりました。店内にはマーメイド(元私がいた会社で出していた、子育て支援情報誌)も設置してあったし、ママ達の憩いの店でもあるのかな?

d0080549_654297.jpgその後県庁へ向かい、東北芸術工科大学の統合に関する勉強会へ参加。これについては明日にでも詳しく書きますね。
実は今年の統一地方選挙が終わった時点で、(少なくても私達が把握しているのはですが)芸工大卒で議員(市議・県議)になったのが4名いることがわかり、今後芸工大およびその周辺(立地的な周辺ではなく、学生環境とでも言うのかな?)の事について、なにか一緒にやっていければいいねと「芸工大議員連盟」というのを設立しました。もちろん山形以外で政治的な活動をしている卒業生ももっといるとは思うのですがね。
そんなことをOB会である「校友会」の席で報告したところに降って沸いてきたのがこの「合併問題」。校友会のメンバーから「俺らも全く知らないところでこんな風な動きになっているからものすごく今後について不安を感じるので、よく調べてもらえないだろうか?」と言うような話もあり、今回芸工大議員連盟で勉強会を開くことになっておったのでした。
でも前のブログにも書いた通り、公設民営なので県が管理しているわけではありません。なので要望や意見を話ても直接大学側に届くわけではないので、開学時の補助等の数字を含め現在までの経緯を詳しく教えて頂こうというのが主旨でした。
かなり時間をオーバーしましたが、終了後、懇親会と言うことで、同じく芸工大卒で校友会の副会長でもある福島オーナーのお店「傳々」へ。
ここ、明日も来るんだけどなぁw
今後の動き等の他、お互い同じ悩みを持つ(議員活動とかね)同士であり、しかも選挙区がかぶらないので仲良く(先輩議員からは、選挙で票の取り合いをしなくてはいけないのだから、同じ選挙区の議員とは本当に仲良くなんてなれないと言われておりましたw)お話しをしました。
っていうか、盛り上がりすぎたw

d0080549_6541537.jpg〆は新しく七日町にできた新旬屋麺へ。第2回最強の次世代ラーメン第3位&審査員特別賞受賞のらーめんを受賞したという「超こってりとんこつ醤油 ガッツリ海老豚骨」を食べよう…と思いましたが、かなりお腹一杯のため(ならラーメンなんか食うなと言う感じですがw)それのハーフを。
スープがどろどろです、コッテリです。酔っ払った俺の舌でも感じるのですから、普通に食べたらよっぽどコッテリなんでしょうね。場所柄しらふで食べることはあまり無いかも知れませんが、もう少し飲まない時に、ある程度食える時に、また来てみたいですね。
[PR]
by pattu | 2011-08-30 23:54 | まさにFatFree!!

民主党代表選【平禄寿司寒河江店】

定例会が近いこともあり、朝から議会運営委員会へ。終わり次第、山形市のホテルキャッスルに向かいました。
d0080549_6424717.jpgお昼から民主党代表選挙があり、その中継をみんなで見守るという「代表選を見守る会」に参加。
先日のブログにも書きましたが、大学の頃から選挙のお手伝いをさせいて頂いておった鹿野代議士。私は所属としてはなにもない無所属なので民主党ではないのですが、会場にはいつも選挙事務所でお会いする方々がたくさんおり、懐かしくご挨拶させて頂きました。
マスコミの下馬評では小沢グループの支持を受けて海江田さんだろうなんて言われておりましたが、結果的にはそういう強引さに嫌気がさした、海江田包囲網で見事(?)野田さんが代表に。鹿野さんがなれなかったのは残念でしたが、俺らはこの二日間、本当に見守るしかできなかったしね。なんともしょうがない気持ちです。

d0080549_6295363.jpg帰りがけに平禄寿司にて遅いお昼ご飯を。
回転寿司に来ると、ついつい食べたいものどんどん食べちゃって高くついてしまう(いや、お寿司さんだから当然と言えば当然なんだけど、今月は国民年金2ヶ月分&お盆で浪費、印刷物の立替等々があり、かなりお財布がピンチw)ので、入口の黒板にあった「セットメニュー」をオーダーしてみました。これなら580円だしみたいな。
内容はまぐろ、いか、びんとろ、サーモン、蒸し海老、ホタテ、サバ、カレイ、玉子焼き、かんぴょう巻き、そして日替わりのお味噌汁。
う〜ん、実はオーダーしてから中身がどんなのか気がついたのですが、俺普通ならオーダーしないものばかり。そのせいか、食べても結局食べたいものを(少しですが)オーダーする結果に。これで6皿分(1皿100円換算)なら、普通に好きなもの6皿頼んだ方がよかったかな?
ちなみに私が普通オーダーするのは、つぶ貝、生タコ(あれば)、甲イカなどのコリコリ系からさんま(今の時期ね)や鯵、イワシなどの青魚系、はまち、カレイなどの脂のっている系。ね?ものの見事に全く違うでしょ?wたぶんよく出るスタンダードなものをセットにしていると思うので、俺がスタンダードじゃないんだなw

d0080549_6284698.jpg再び市役所へ戻り、定例会の一般質問について当局側との打ち合わせ。
初めての一般質問ですから、もちろん打ち合わせも初めて。自分が何を思い、何を求めてこの質問をするのかをお話しさせていただきました。そしてできれば求める答えを当局側から頂きたいのですが、それはどうなるかわかりませんけどね。
その他印刷会社に行ったり水連の先輩宅へ行って打ち合わせなどをして、帰ったらもう夕飯と呼ぶにはあまりにも遅い時間。
まあお昼もかなり遅かったのであんまりお腹減らなかったのもあるんですがね。
そんな訳で適当に作ったチャプチェと缶のハイボールで久しぶりの晩酌。
…ん。そうだ。
明日と明後日飲み会が予定されていたから、今日は飲まない方がよかったかな?なんて気がついたのは飲み終わる頃でしたw
[PR]
by pattu | 2011-08-29 22:28 | まさにFatFree!!

んまい!山形農と食の検定【ガスト寒河江店】

d0080549_673644.jpg今日は「平成23年度んまい!山形農と食の検定」がありました。
これは県庁の農業推進課が実施している、いわゆるご当地検定。
主旨)本県は、豊かな自然の恵みや先人の努力により、多様で優れた農林水産物を生産し、四季折々の郷土料理や芋煮などの特色ある食文化が数多く存在する魅力的な地域です。
 県民に、魅力ある本県の農と食についてより深く知って頂くために、本県の農と食について問う検定を行うこととしました。
 この検定を通じ、県民の皆さんの食への理解を広げ、食に関する活動を促進するとともに、みんなが山形の農と食に自信と誇りを持ち、発信していく機運を高めたいと考えております。是非、ご参加くださるようお願いします。(ここまで)
テキストはしっかりと読み込む時間はなかったけれども、今の旬の野菜とかを聞かれたらわかるんだけどな〜w
そんな訳で今朝も庭というか畑と相談して、朝食を。
検定はお昼からと言うこともあり、ちょっと時間をかけることができましたので、いつもよりは品数多い?w
キュウリと、パプリカ(めちゃめちゃ小さいがこれ以上大きくならなそうなので採っちゃったw)、サラダタマネギ(正式名称わからないw)のサラダに、ナスとネギと豚肉のオイスターソース&甜麺醤で炒めたヤツ。
ナスの方はちょっと甘すぎた(少しみりんを加えたのが原因)。まあ人に出す物でもないし、自分で食べるので問題無いけどね。
検定は村山総合支庁にて。受けてみての結果…う〜ん、かなりやばいかな?あんなに細かいところもついてくるんだ〜。
たぶん同じ試験問題は出てこないとは思うけれども、ネタ晴らしはかけないから詳細までは書けないけどね。山形人にとって常識的な部分は問題無かったと思うけど、数字的に微妙な部分(%や全国何位かみたいなところ)はやっぱり微妙に間違っているなぁ〜。
もし今回だけだったら、次回(11月)もう一回チェレンジしよう。傾向わかったしね。

d0080549_67397.jpg終わり次第自宅へ戻り、お買い物などで寒河江をグルグル。
夕ご飯はガストにて。
私は夏のフェア「新・冷麺」から辛旨スープの赤冷麺。
娘は「アンパンマン 夏のげんき100ばいキャンペーン」の対象商品を。しかし残念なことに、3枚はたまらないっぽい。でもうちにはい〜っぱいあんまんぱんあるしこれはこれで良いでしょう。
[PR]
by pattu | 2011-08-28 22:05 | まさにFatFree!!

ポジティブ【サフラーバーガー】

d0080549_95896.jpg今日は高校の同窓生でもあり、マイミク・フェイスブックのお友達でもある「しの」さんこと鈴木史信さんが主催している「夢見るチカラ大学〈山形で朝活・勉強会・交流会〉」の「超初心者のためのfacebookはじめまして講座」に参加しました。
私的にはmixiもほぼ実名(だってパッツー後藤は、俺の本名よりも知っている人多いんだもの)なので実名参加のFBは抵抗なかったので、福島教授との授業のあとすぐに参加したのですが、mixi=やわらか・遊び、FB=かため・仕事な感じで何となく使っておりました。
Facebookの良いところは実名登録であることだと思うんですよね。だから勝手に無責任に言い放つこともないし。私はmixiにしてもブログにしても、パッツー後藤という名前を出す以上、本名ではありませんがどこの誰で何している人なのかわかっている人が読んでいると思っているので、今までだって実名と同じ。しかし寄せて頂く意見の中には名乗らない人も多い・誰だかよくわからない人もいたのも事実。
だから意見を書いて頂く方も実名の方が、誰からどんな意見を言って頂いているのか?その人の背景はなんなのかまでプロフィールなどを拝見するとわかるFBはとっても良いんですよね。
そんな感じで適当に使っていたFBですが、本日の講座にて、「超」がとれる程度には触ることができるようになったのではないでしょうか?
講座中一番心に残った言葉は「誰が誰を殺しただの、いろんな事柄に評論家が批判するなど、ネガティブな情報が多いマスコミ。その対極にあるのが、ポジティブでしかも自ら動くアクティブな情報が溢れているのがフェイスブックだ。フェイスブックにはイイネしかない、ホメディアだ」。
なるほど、納得です。
あと実用的なところでは、「ノート」の部分と、ブログとリンクすることができるようになりました。
その為、一気にブログの情報がフェイスブックに流れ、お友達になっている方にはブワワ〜っと文字が流れてごめんなさいw

d0080549_951339.jpgその後、寒河江青年会議所のやきとりバル実行委員会の委員長との打ち合わせがあったのですが、間が小一時間しかないために、お家には帰らず、途中のサフラーバーガーにてお勉強を。
漫画喫茶の方が安い(フリードリンクなので)し静かだが、このスパイシーポテトは他にない、オンリーワンで私の中ではナンバーワンの魅力的なフード。オーダーはもちろん裏メニューの「スパイス強め!」
さて、明日の検定、うまくいくでしょうか?
[PR]
by pattu | 2011-08-27 21:04 | まさにFatFree!!

ネクスト【YOROZU.屋】

9月定例会(定例会はほぼ一ヶ月行われます。今回は9/1〜9/21の予定)が近いと言うこともあり、ここ数日毎日市役所に通っております。
今日は会派の会議と常任委員会の協議の下準備のために朝から市役所へ。
急遽だったこともあり欠席した方も何名かいらっしゃいましたが、「定例会近くはこうやって会議をする場合も多々考えられるので、できるだけスケジュールを空け、寒河江から離れないように」とのこと。
もちろんながら定例会中は寒河江から離れられないようです。
その後自宅に行って、プリントアウトをガチャガチャと。
そしてそのプリントアウトした物を持って、鹿野道彦事務所へ。
今日表明記者会見をやると言うことで(正確にはもうニュースで流れていますが)、昨日夜にとある方から至急作って欲しい物があると依頼。かなり急ぎの仕事だけど、「山形から総理大臣が誕生するかも知れないんだよ?」の一言で俄然やる気が出て、もちろん快諾。
マスコミでは小沢さんの動きで決まるとか、前原さんで決まりだろうとか流れていますが、今こそ鹿野さんだと動いてくれている(推薦してくれている)方がいるわけだし、俺らは何もできないけど、せめて山形からエールを送りたいじゃんね?
大学入学時に某悪友と出会いまして(w)、彼の親父さんの山形市長選をはじめ、鹿野代議士や親父さんの秘書だった今は山形市議トップ当選の方の選挙を、選挙の度にお手伝いしておりました。
あ、決して今回市議会議員になりましたが、その頃から目指していたわけではありません。友達のお父さんの選挙だから手伝った。親父さんからお願いされたから鹿野さんの選挙も手伝ったと言うのが最初のきっかけです。でも行くと普段は絶対に出会えないような会社の社長さん達がいっぱいいて、2回目以降は進んで行った感もありますがねwまた今回の選挙に於いて「後ろ盾」頂いたわけでもありません。選挙区が違いますしね。なったあと、事務所にはじめていって、スタッフの方に「そうだったの?」とびっくりされたぐらいでw
作業は夕方まで続いたのですが、テレビはどこも代表選のニュース。東北から総理大臣を!!山形から総理大臣を!!東北の苦しみを一番理解できるのは、東北出身でしかも飾らない普通の市民と同じ目線の鹿野さんだと思うんだけどな〜。でも代表選には、そういうの関係ないんでしょ?こういうのジレンマよね。
d0080549_934888.jpgその後駅前に移動しまして、48会の飲み会に参加。48会というのは、昭和48年4月2日〜昭和49年4月1日生まれの人達で集まっている会。
いわゆる第二次ベビーブーム世代ですが、次の山形を担う元気な世代の横の繋がりを作ろうというのが主旨です。
とは言え、私も今回の参加が初めてなんですけどねw
集まるのが同じ世代な物ですから、たださえ狭い山形。さらに狭くなりまして同じ小学校・中学校・高校出身だとか共通の友人だとかがい〜っぱいw俺なんて20年ぶりに会った友人がいましたものw
二次会のカラオケはもちろんその時の曲ばかりw
XやBOOWY、J(S)W、ZIGGY、ブルーハーツといったアーティストのメドレーから、ヒッパレ1985〜1992やアニメのメドレーなど。こんなにメドレーを入れた(マイクは時計回りにw)のは初めてかも。
そしてソウルマッコリ飲んだもの初めてでしたw

d0080549_6344768.jpgそして帰りは一人YOROZU.屋にて麻婆丼を。陳麻婆は「辛」(辛さ)もあるのですが、どちらかという「麻」(山椒の痺れる感じ)のひりひりした感じが良いですよね。お好みで山椒をかけることができるのですが、以前かけ過ぎ(酔っ払っていてw)て、大変なことになりましたw
あ〜、カラオケなんて歌ったの久しぶりだから、辛さがのどにしみるw
[PR]
by pattu | 2011-08-26 23:59 | まさにFatFree!!

ぶり返した暑さ【ら~めん ちゃあみい】

まだ子供達が起きていない静かな朝に、昨日書き上げた質問の原稿を再読。
ちょっと加筆。
そしてそれを元に、一般質問の通告書を書く。初めてのことなのでちょっと緊張w
書き上げた通告書を持って市役所へ。
議会事務局にて簡単な打ち合わせをし、次に印刷物の打ち合わせのために元勤めていた会社へ。
久しぶりに来たが、だいぶ知らない顔の人がいた。まあ、そんなもんだろう。
その後携帯の具合がよくないので、マイショップでもあるドコモ天童店へ。
せっかくここまで来たのだから、この近くでお昼を食べようと、らぁめんちゃあみぃに寄ることにした。
d0080549_753125.jpg今週前半はかなり涼しかったのだが、昨日あたりからまたもやもやし始めており、なんだかあったかいラーメンよりも冷たいのが良いな〜なんて思ってメニューを見ていたら、おお、なんと、冷たい麺系統だけでもメニュー1ページ分あります。
塩つけ麺に塩梅つけ麺、冷やし中華、冷たいラーメン、冷たい味噌ラーメン、冷たい塩梅ラーメン等々。普通だったら冷たい麺系統と言ったら、つけ麺(でもここにはいつもつけ麺はある)と冷たいラーメン、冷やし中華ぐらいなのにね。冷たくしても固まらないように、スープは全く別にしなくてはいけないので、冷たい麺系統を増やすのはお店にとっては大変だと思う。
しかも塩ラーメンって…かなり難しいと思うんですよ。
ただ塩を入れただけなら単調すぎてラーメンにならず。かと言って塩以外の物が多くなると塩ラーメンではなくなるわけで。
スッキリとしていて、それでいて“薄い”訳ではないという、難しいラーメン。
さらにそれの冷たいバージョンなんて…
な〜んて難しいことはほとんど考えずに、「お?塩?あっさりしていてよさそう!しかも梅って書いてあるじゃん」てなノリでオーダーしたのは「冷たい塩梅(うめしおです。あんばいではありませんw)ラーメン」。しかも冷たい麺は普通高くつくのに、なんとこれで600円。
ふふ、山形のむしむしした暑さにぴったりのラーメンでした。
でも、ここに来るととんこつも食べたくなるんだよね…。まあそれは暑さがおさまってからにしよう。
ちなみに10月末までの限定メニューだそうです。
[PR]
by pattu | 2011-08-25 21:05 | まさにFatFree!!

あっさりからこってりまで【わいわい亭】

d0080549_6284836.jpgもうそろそろ成長が止まりそうな自宅庭のキュウリをまたダシにして、昨日の夜に買った28円wのお豆腐にかける。そしてちょっと水にさらしたナス漬け(漬け物はさすがに自分ではつけないが、うちの漬け物は私的にはちょっとしょっぱいので)と一緒に。
慎ましやかではありますが、おいしい朝ご飯です。
というか、その日によってバラバラなので、朝から天ぷらとかかつカレー食べる日もあれば、こんな日もあります。今のところだいたい大丈夫ですが、たまに胃がもたれたりもします。
食べたい時に食べたいメニューが食べられないなんて、やっぱり年なのかと思ったりもしますがね。
特にカツ丼とかかつカレーとか食べると。
その後山辺町へ行き、今選挙戦真っ最中の庄司ゆうすけ事務所に顔を出す。
以前勤めていた会社で山形美少女図鑑というフリーペーパーを発行していたのだが、前の出版社が山形大花火大会とのコラボレーションという企画をやっており、そのコンテストでグランプリを受賞された方を誌面に登場させる…という企画があったのだそう。その掲載前にうちへ引き継ぎとなって、私は庄司さんとやりとりをした(当時花火大会実行委員だった)のが一番最初に出会ったきっかけでした。
その後町議補欠選に出られて、見事当選したのですが。
今回の山辺町議会選挙には40代の若い方が4名出ているのかな?なった自分が一番よくわかりますが、子育てやバリバリ働き盛りの若手がチャレンジするのは、かなり大変でリスクがありますが、それでも地域を変えるには「よそ者・若者・馬鹿者」が必要と言われます。
日本国中の地方自治体、特に山形のような田舎の方には、先行きの見えない不安感が漂っていますが、それを打破すべく若い力(って、俺より上ですがw)で頑張って下さい!

d0080549_636165.jpg「今から帰るけど、なんか買って帰る?」「今実家に来ているから、家にいないよ?」そんな訳で、まもなく家に到着だったのですが、急遽わいわい亭へ。
朝があっさりしすぎたのか、コッテリしたものが食べたくなっちゃって。
前回の「豚カルビ丼定食」濃かったもんな〜w
そんなことを考えておりましたが、今回は「背脂がたっぷり」のパイタン中華(¥680)にしました。
パイタン中華となっておりますが、はっきり言って博多風の豚骨ラーメン+背脂です。
豚骨ラーメンと名前をしちゃうと、どうしてもクセがあるイメージがあって変な先入観がでるのでは?とのことでこの名前にしたそうです。
チャーシューにネギ、キクラゲ、そして紅ショウガと、まさに豚骨ラーメンですなwただ麺が九州のあのまっすぐな低加水麺ではなく普通のこちらの中華そばの麺です。
ふふ、やっちまった。
スープまで完食してしまったw

d0080549_658857.jpg自宅に戻ると、市役所から9月定例会の資料がどっさり届いておりました。
そして「一般質問通告書」も。
6月は見送りましたが、9月の定例会では間違いなく一般質問をしようと思っており、だいたいの中身も決めておったのですが、まだ原稿という形にはしておりませんでした。
こりゃあやばいと、急いで原稿の元となる、新第5次寒河江振興計画を開きながら、自分の質問をまとめにはいる。
こうやって机に向かっている時に思うのは、やっぱりなまったよな…。
以前なら毎日がめまぐるしく過ぎていき、1分1秒を争う中で仕事をしてきたので、1日の処理能力が今と比較にならないほど高かった(人と比べてではなく、あくまでも今の自分との比較ですw)
毎日いろんな事があるものの、以前のような1分1秒を争う状態ではなくなってしまったので…。
そんなことを考えながら質問をまとめ終わったのが22時。
とりあえず今日はここまでにし、明日スッキリした頭で読んでみて、問題がなかったら市役所に提出しよう。
[PR]
by pattu | 2011-08-24 23:28 | まさにFatFree!!

頂いた時間に感謝をしながら【鬼がらし江俣店】

午前中フォーラム山形にて「ミツバチと地球の回転」鎌仲監督トーク付き上映会に参加。これは別ブログにて
サラリーマン時代と違い、自由になる時間が増えた。
それは皆さんに頂いた時間だと感謝しながら、自分の成長を通して寒河江市になることをどんどん行っていきたいと思っております。
本日行った上映会もまさにそうでした。
映画を映画館で見たのは何年かぶりです。そもそも長時間座っていることが私はあまり…(これでも大学時代は映像コースなのにねwでも卒制とかは純粋な映像ではなかったしね)。
この映画(原発に反対する祝島と自然エネルギーの仕組み作りに取り組んでいるスウェーデンのドキュメンタリー映画)は2011年2月に初公開されたのですが、まさか公開されて1ヶ月後にこんな大惨事(大事故)が起こるなんて…。その為、日本各地で上映されるようになり、この日も監督は石川県から来たとおっしゃっておりました。
勉強の意味で、私は今回おじゃまさせて頂き、少しだけ監督ともお話しをさせて頂きました。「若い政治家の方にはもっと頑張ってもらいたい」そんな言葉も頂きました。
d0080549_9331739.jpg映画館を出る頃には14時を廻っており、そもそも飲食店の休みが多い火曜日でなおかつランチタイム終了時間。どこで食べようかかなり迷ったりほっつき歩きましたが、最終的にはお家に帰る途中、鬼がらし江俣店にて、いつも通りですがネギ味噌を。
こちらは平日11時〜16時ご飯無料。14時までとかじゃないのが非常にうれしく、またちゃんとふりかけが二種類あるものうれしい限り。
15時を廻っていたためかお客さんは私一人だったのですが、食べ終わる頃には5〜6人に増えておりました。やはり遅い時間にお昼食べる人にはこういうお店良いですよね〜。
その後寒河江に戻り、中小企業家同友会寒河江支部8月例会に参加。
私はどこにも属していない企業人ではないので、あくまでも聴講ゲストとして参加させて頂きました。
SWOT分析(会社にいた時に、営業の研修でよくやったな〜)などのお話しでした。
[PR]
by pattu | 2011-08-23 23:32 | まさにFatFree!!

今後のエネルギーについて【ミツバチの羽音と地球の回転】鎌仲ひとみ監督トーク付き上映

d0080549_8245187.jpg本日は「ミツバチの羽音と地球の回転」というドキュメンタリーの鎌仲ひとみ監督トーク付き上映に行ってきました。
「ミツバチの羽音と地球の回転」ーーーーーーー
未来のエネルギーをどうするのか?祝島とスウェーデンでエネルギーの自立に取り組む人々の物語

ここで生きていく決意が世界を動かす  ―鎌仲ひとみ
瀬戸内海祝島では自給自足的な暮らしが営まれ、漁師やおばあちゃんたちがきれいな海を守りたいと28年間も原発建設に反対してきた。島で一番若い働き手、孝くんはエネルギーの自給もしたいと望んでいる。しかし、圧倒的な経済力と権力が原発建設を推進し続けている。一方、北欧のスウェーデンでは脱石油・脱原発を決め、着実にエネルギーを自然エネルギーへとシフトし、持続可能な社会づくりが進んでいる。
どうしたら未来のエネルギーを自分たちの手で選択し、作りだせるのか。私たちと全く同じ普通の人々の感性と思いが国を超えて交差し、新しいビジョンを描きだす。
未来を待たずに、今、未来を作り出す現場がここにある。自然と共振し、エネルギーを生み出すミツバチのような人々の羽音が聞こえてくる。

ミツバチというのは、花の受粉を手伝い、そして花粉をもらって密を作って生活している、「自然と共生している持続可能」の代表。羽音というのは英語で「バズコミュニケーション(buzz communicationかな?」と言い、口コミというような意味があって、マスコミの取り上げないブラックボックス化している情報を私達が発信すること・口コミで発信していくことを意味している。地球の回転とは、太陽の廻りを地球が回ることで太陽光エネルギーや風や波が起きる。私達が必要なエネルギーは再生可能エネルギーとして地球が与えてくれているという意味。
それともう一つ。
エネルギーとか原子力とか難しいことはよくわからないから専門家に任せればいい。私個人が何を言っても何をしても国が決めていることは変わりはしない。個人でできる事なんて無い。それはミツバチの羽音程度かも知れない。しかしそれが地球の回転に影響を及ぼすこともできるかも知れない…みたいなテロップが一番最初に流れていました。確か。

詳しい内容とかは割愛しますが、私がこの映画を見て一番感じたことは「日本も電力が自由化されれば全て解決するのではないか?」と言うことです。
例えば今回の福島原発の件。国は電力を得るために「原子力」を国策として支援してきました。どっちかというと、電力を供給することが目的ではなく、原子力発電所を建てる事が目的なのではと思えるほどに。
そしていまだに解決が見えない原発問題で、私達の市民感情を大きく逆なでしているのが、これほどの事故を起こしたのに、社長が出てこない、出てきたと思ったら、原発事故の賠償財源を捻出するため、社員の退職金や企業年金を削減すべきだとの指摘に対し「老後の生活資金に直結する。現時点では検討していない」と拒否。対処にあたり電気料金値上げや税金が使われるかもしれないのに、東電は高給等々。
「あんたらそんな殿様商売しているんなら、俺らいらないよ」って言えない、電力独占の現実。

競争原理が働かないところは発展しないに決まっているじゃんね?
何やったって何言ったって独占しているんだから、強気に決まっているじゃんね?

映画の中で祝島の住民達に対して中国電力は、「あなたたち、第一次産業だけで生きていけるんですか? 無理でしょう。それだったら島の活性化のために発電所を作りましょうよ」と言っているシーンがあるが、まさに福島がそうだったんじゃないかな?農業やるにも跡継ぎもいない、だから原発で保証金もらった方が良いって。

今小水力発電、バイオマス発電などを勉強しておりますが、さらに勉強していかなくてはいけないと、強く感じさせられた映画でした。
監督のトークは本日のみでしたが、8/26(金)までフォーラム山形で上映しておりますので、ぜひ見てみて下さい。
ちなみに公式ホームページには予告編があります。
[PR]
by pattu | 2011-08-23 15:21 | ラブ寒河江・ラブ山形