<   2012年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

仙台フードコンベンション2012in宮城県仙台市青葉区錦町公園

d0080549_17591272.jpg今日は仙台フードコンベンション2012in宮城県仙台市青葉区錦町公園に参加してきました。
本当は昨日と今日の二日間だったのですが、昨日は公務(って言うのか?でも来賓として呼んでいただいているのだから公務だよなぁ?)の為に私は今日だけの参加です。
昨日参加してきた人によると「若い人中心のおしゃれなイベントで、なんか場違いな感じも・・・」でしたが、確かにね。でも、だからこそいいよね!発信力のある人に、昔ながらの本物の味(寒河江産野菜などを使った芋煮とどんどん焼きの提供)を食べてもらうのは、大いに意味があるよね。
このフードコンベンションは第4回目を迎えるそうで、「復興元年」にふさわしく出店規模を拡大し、また、店舗ごとに“自慢の味を競い合い”、“お客様に判定”していただくランキング方式を採用することで、さらに充実した食のイベントに生まれ変わったのだそうです。
私のミッションは、どんどん焼きや芋煮などで集客しつつ、来た方に寒河江の農家さんをご紹介するチラシ等を配る事。
やっぱり寒河江に一番近い政令都市「仙台」は、非常に大きなマーケット。約1時間程度で来られると言うこともあり、週末はラーメン屋さんやお蕎麦やさんに仙台に方々がよく来ております。だからここでもっと認知度を上げないとね。
いや〜、昼飯食べる時間もないほど大賑わいでした。いつもは寒河江ちぇり〜マルシェだと、10時からやってお昼頃でだいたい人が停滞するのですが、こちらは午後さらに人が増えます。人口多いとこはやっぱ違うね。


d0080549_17591574.jpg 思ったよりかなり大規模で、約40店舗のお店が公園をぐるっと囲むように並んでいます。まっすぐ立てても目立たなそうなので、のぼりを斜めに立てちゃったりw
★出店★
飲食ブース
■AL FIORE ■縁 YENISHI ■ENN ■おっちょこ ■小福 ■zaza ■Salut ■仁 ■CHACO-BAR ■土筆 ■teato ■てなんご ■デル・カピターノ ■とち家 ■にこらす ■Bisui はんぞう ■bistro cochon ■ビストロ タイ ■bistro ballon ■火鳥 ■日向 ■FUMO14番地 ■primo ■middle mix ■めーごーさぁー ■拉麺勇気 ■82_no_28 ■kos × L'atelier陸 ■◯すけ × ○たけ ■山形まるごとおいしいもの市場 ■SFC本部
産直&物販ブース
■ねの吉 ■ボナペティ ■ざおうハーブ×竹鶏ファーム×うじいえ農場 ■Marsh Grande ■せと藤
学生ブース
■宮城大学 ■食産業学部
協賛企業ブース
■大場印刷株式会社 ■THE WINDS OF GOD(LiVE MAX presents)
ドリンクブース
■サントリー ■サッポロ ■アサヒ&キリン

d0080549_17591736.jpg大きなイベントだったのは、この打ち上げの模様を見て頂いてもわかるかと思うのですが、打ち上げだけで約100名いますw
ゆっくり飲んでお店の方といろいろお話をしたかったのですが、ここから先出張&夜遅い日が続くので、名残惜しいのですが、ビールを一杯飲んで会場をあとにしました。

d0080549_17592026.jpgが、何たる仕打ちw左沢線の最終に間に合うよう仙山線に乗ろうとしたら、なんてこった、台風の為運休。こんな小雨でか!?
帰れない。不可抗力ですよ・・・相方へ。
[PR]
by pattu | 2012-09-30 23:59 | ラブ寒河江・ラブ山形

復活【はちの屋】

d0080549_17125717.jpg今日は市議として、なか保育所の運動会に来賓として参加してきました。
市立保育所のイベントには呼んでいただく(学区毎に呼ばれる議員が決まっている。私はここ)のですが、やっぱりこの「なか保育所」は市立保育所のなかで最も園児数が多いと言うこともあり、かなりグランドも手狭な感じがします。お隣の土地の購入交渉なども行ったようですが、不調に終わったそうです。
できるだけのびのびとした環境を整備したいところですが、こちらは駐車場や目の前の道路も狭く、住宅密集地にあるとなかなか難しいものですね。

d0080549_1713930.jpg運動会帰り、ちょっと早めの昼食は、先日長期お休みから復活したばかりのはちの屋にて、こてっぱち大盛り(600+100円)を。
ツルツルの中太麺に醤油だれとラード。いわゆる油そばと言われるヤツ。
いつも通り「味の濃さとか脂はなんたっす?」と、忙しいのに一人一人に声かけている店主。
なかなか時間が合わないとこられない(待ち時間が長くなっちゃうからね)のですが、やっぱりいいな~、この味。麺も店主もね。
なお店主の体調の都合だと思いますが、当分の間お昼のみ(午後2時まで)の営業のようです。
[PR]
by pattu | 2012-09-29 12:13 | まさにFatFree!!

森林セラピー

d0080549_2231549.jpg今朝の山形新聞に掲載されておりましたが、今度の土日、青葉区本町の錦町公園にて仙台フードコンベンション2012が開催されます。
「本県から寒河江市産野菜を使った郷土料理を提供する店舗が参加」と書いてあるとおり、土曜日は地元保育所の運動会に来賓として呼ばれているので無理なのですが、日曜日こちらに参加してきます!
また来週の木・金は同じく仙台プロムナード通りにて、寒河江のつや姫や野菜の加工品などを販売してきます!
先日のブログにも書いた通りなのですが、寒河江から一番近い大都市・仙台への販路拡大が、寒河江の今後に大きく影響を与えると思っておりますので、微力ながら寒河江を売り込んできたいとおもいます。

d0080549_22311361.jpg今日は林活(正式名称は寒河江市森林・林産業活性化議員連盟だったかな?)の視察で、東北で唯一の森林セラピー基地、小国町の「ブナの森温身平」に行ってきました。
小国町は町域の約95%がブナやミズナラなどが生い茂る豊かな森。その森を資源として活用している例。
森林浴はリラックスできるとよく言いますが、森林セラピー基地とは、ストレスホルモンが都市部で過ごした場合どれだけ違うかなど、データを集積し科学的に解明して林野庁から認定された場所だそうです。
今回は、現役のマタギでもある温身平の自然を知り尽くした森のプロと往復2時間ほど一緒に歩かせて頂きました。セラピーロードは、総延長5.5km。自然の地形をそのまま生かした道で、「年配の方でも気軽に歩けるコースですよ」との言葉通り高低差が小さく、本当にお散歩気分で楽しむことができました。

d0080549_22311125.jpgそしてお昼に頂いたのが、この「セラピー弁当」。森林セラピー基地は日本に何カ所かあるそうですが、この「セラピー弁当」はこの小国から始まった物だとか。おにぎり2つに岩魚(ヤマメかな?)の南蛮漬け、あけび皮の肉詰め、ゼンマイの煮物、舞茸の煮物等々、地元の旬の食材がぎっしりと詰まったお弁当でした。お弁当箱も筍の皮で作られたもので、お持ち帰りしちゃいました。

d0080549_22311527.jpg林活終了後、懇親会があったのですが、途中で抜け出させて頂き、第1回目となる寒河江青年会議所の次年度予定者会議に出席。
私は非常にJC歴が浅いのですが、それでもと期待して頂き、委員長(予定)という大役を拝命いたしました。その期待に応えられるよう、そして街のために、頑張りたいと思います。

d0080549_22312253.jpg会議終了後は懇親会へ。林活の懇親会では飲まなかったのでお腹は大丈夫なのですが、懇親会のダブルヘッダーは金銭的につらい物がありますねw
今回もふくろうにておいしいお肉をガッツリ頂きました。もちろんお酒もガッツリとねw
[PR]
by pattu | 2012-09-28 22:30 | まさにFatFree!!

ZERO☆23 10月号発売!!

d0080549_1612406.jpg喪服でも汗一つかかない涼しい中、寒河江八幡宮にて行われた、寒河江地区戦没者慰霊祭に参加しました。
戦後67年。私の祖父は戦地に行ってたまたま帰ってきて祖母と結婚しただけであって、ここに祀られている戦没者の方々がいらっしゃらなければ、今の私はいなかったかも知れません。国を思い、家族を思って、命を捧げられた方々あっての私達。日常では今あることが当たり前すぎて、なかなかこういう機会を頂かないとあらためて考えられないものですね。

d0080549_16123584.jpg続いて午後からは、社会福祉法人山形県共同募金会寒河江市支会実施委員会に出席。
要するに、赤い羽根共同募金と歳末たすけあい運動の実施についての話し合いです。
私は10月1日(月)午後にフローラさがえで行うチームみたいです。お近くにお立ち寄りの際は是非募金にご協力を宜しくお願いします!

d0080549_16134676.jpgそして本日発売の月刊山形ZERO☆23 10月号に、ちょっとお休みさせて頂いておりましたが、デザインをちょっと変えて「旬菜半酔VOL33」が掲載されております。
今回取り上げたのは、以前編集部があった場所から歩いても5分程度しかかからない、秀鳳酒造の「鈴郷誉」。たぶん知らない人も多いかと思いますが、このお酒は鈴川地区にある秀鳳酒造が、鈴川地区の高原町で作られたお米を使い、鈴川地区のお医者さんが名前をつけ、鈴川地区の6店舗の酒屋さんのみが取り扱っているという、超ご当地限定のお酒。
味は原酒と言うこともあり少し濃く、秋の味覚の食中酒にはピッタリ。
今回は芋煮をあわせてみましたよ。
撮影場所はいつもの通り、我が家の茶の間wいつも飲みながらレポート書きながら撮影するために、今回のように右上にレフ板がちょっと写っちゃったりしている時もw
[PR]
by pattu | 2012-09-27 16:11 | ラブ寒河江・ラブ山形

地産地消から地創他消へ【ゆるキャラグランプリ2012 チェリン】

d0080549_6565928.jpg今日はまたまたやまがた6次産業ビジネススクールへ行ってきました。
午前中は来週出店する「東北ろっけんパーク」の担当の方から、売り方のコツなどをレクチャー頂きました。
授業終了後「寒河江の農家さん達を連れて寒河江フェアなどをやると言うことは可能ですか?」というようなお話などもさせて頂きました。
以前の授業で高木先生がおっしゃっていて私もその通りだと感じたのですが地産地消(地域の農作物を地域の消費者に直接販売する)は、例えば寒河江の野菜の美味しさを知ってもらったり(学校の給食なども含めて)、地元の物や農家さんにふれあうと言う意味ではいいと思いますが、これでは外貨が獲得されませんので地域が儲からない(もちろん、他地域の、外国の物を買ってよそにお金が流れるよりはいいでしょうが)。なので、地域が儲かるには、地産地消から地消地産(言葉が逆ですが、地域の消費者が欲しい物を作る)、地産地創(地域の農作物から、地域らしい食文化・ブランドを創造する)、そして地創他消(地域の食文化・ブランドを、より高付加価値で消費する地域に直接販売する)までレベルアップしていかないといけないのではないかと思います。私は「より高付加価値で消費する地域」は、近くの山形市、もうちょっと足を伸ばして仙台市ではないかと思っております。今回はこういう機会に恵まれましたが、仙台市への販路拡大は私が議員になってやりたかったことの一つでもありました。

d0080549_656529.jpg地域らしいブランドと言えば、こちらもありますね。
最近「ゆるキャラ」というのがブームになっておりますが、現在「ゆるキャラグランプリ2012」の投票がスタートしております。この「ゆるキャラグランプリ」で昨年1位となったのが、熊本県のゆるキャラ「くまモン」。くまモンは昨年のグランプリで1位を獲得した後、大手企業からコラボレーションの依頼が相次ぐなど、人気が全国区に広がるきっかけとなった。もちろんこれで1位となったから売れたのではなく、しっかりとした戦略や活動があったので1位になったし、その後も引っ張りだこなんだろうけどね。
寒河江のゆるキャラ「ちぇりん」もエントリーしておりますので、ぜひ1日1回ポチッとして下さいな。
http://www.yurugp.jp/entry_detail.php?id=487

(以下2012年8月6日日本経済新聞)
熊本の「くまモン」全国区へ 露出先の民活が奏功
熊本県のPRキャラクター「くまモン」の人気が全国的に広がっている。2010年に誕生してから2年足らずで「ゆるキャラグランプリ2011」で優勝、関連商品の売り上げも昨年1年で25億円を超えた。一気に営業部長に出世するというストーリー性を持たせた露出戦略や、デザインの権利を県が買い取り使いやすくするなどの工夫が功を奏した。
くまモンが誕生したきっかけは、九州新幹線鹿児島ルート全線開業を前に、熊本県内を盛り上げるキャンペーン「くまもとサプライズ」。地元出身の放送作家、小山薫堂氏を中心に企画されたこのキャンペーンで、シンボルとなるロゴやキャラクターも作っては、と誕生した。
当初はイベントなどに呼ばれなくても積極的に出演。イベントのない時は保育所などに出向いて子供たちに新幹線をPRした。誕生から11年10月までに1年3カ月に出演回数は県内だけで1132回にも達した。
こうした活動ができたのは「はじめから動かすため」の予算を組んでいたことが大きい」(県くまもとブランド推進課の若杉久生主幹)。活動の予算を組んで専門業者に委託したことで、活動範囲や頻度はぐんと拡大した。
新大阪駅まで新幹線の直通列車が走る関西地区でのキャンペーン「KANSAI戦略」でも先頭にたった。イベントなどに出没するだけでなく、甲子園球場のアルプススタンドに大きなくまモンの看板をかけてPR.蒲島郁夫熊本県知事とともに吉本新喜劇の舞台にも登場した。
並行してストーリー性を持たせた展開も行った。当初は熊本県臨時職員の位置づけで、知事から名刺1万枚を配るという指令を受けて実際にイベントなどで配布。ブログなどを使ってその経過も発信した。途中でくまモンが失踪し、知事が捜索を呼びかけるという会見をネットで配信するといった話題も織り込んだ。成果を上げたくまモンは臨時職員から営業部長に大出世。今は大阪や東京の企業に県産品を使った商品開発を売り込むという指令を実行中だ。
10年12月からは民間企業などへのキャラクター使用も解禁。熊本県の企業や県産品を使った商品などを対象に無償で許可している。キャラクターの権利をデザイナーから県が買い取っており、「商品に合わせてデザインが変えられる使い勝手の良さも人気の要因では」(熊本市の鶴屋百貨店)と好評だ。ゆるキャラグランプリ優勝後は使用許可申請が4倍の月400件ほどに増え、現在も衰える気配がない。
くまモンの認知度が全国的に向上しているなかで、今後の課題はくまモンと熊本県の結びつきを強めること。7月には熊本県庁などにくまモンの像を設置するといった観光客呼び込みの仕掛け作りも始まっている。
[PR]
by pattu | 2012-09-26 13:53 | ラブ寒河江・ラブ山形

寒河江やきとり【やきとり楓】

d0080549_17464236.jpgこちらは先日お伺いした「やきとり楓」。記事書いたつもりだったのですが、どうやら書いた途中で消え、記憶だけが残っていたっぽい。
酒専門店たかしま屋・シャトレーゼ寒河江店のお向かい、元とり香のところに今年オープンしたばかりのこちら。
レバーが大きくておいしいと聞いて行ってきました。
まずは寒河江やきとりのスタンダード、豚足からオーダーしてみました!
出てきたのは…おおう?豚足が輪切りになっております。醤油などで味付けして煮込んだ感じかな?角煮とか、沖縄のテビチ煮とか、ああいうのに近いかも知れません。
そしてハラミ(こちらではサガリではなく、ハラミらしい)に豚ナンコツ、そしてレバーをオーダー。
けっしてハラミや豚ナンコツが小さい訳ではないんです。
ただ、レバーデカイ!デカスギルヨ~。しかもただ大きいだけじゃない。おいしいんです。食べながらお話をお伺いしたら、「仕入れたレバーの半分は(スジとか血管の部分などが入っているため?)捨てるかな。いい部分だけを取り出すと、どうしてもそうなっちゃうんだよね」とのこと。
あと写真には写っていないのですが、つくねもさらからはみ出るほどのボリュームでした。
[PR]
by pattu | 2012-09-25 17:46 | まさにFatFree!!

終盤戦【たての】

d0080549_20415488.jpg今日は、明日の議会の委員会・分科会報告に向け、委員長と委員会・分科会の報告内容を打ち合わせしてきました。
私は自分が議員になるまで、議場にいて質問をしたり、採決をしたりするのが議員の仕事だと思っておりましたが、なってみてわかりました。議場にいるのなんて、議員としての仕事の極々一部なんだと。
議場にいて賛成したり反対したりするのは一番最後の最後の最終的な判断であり、議場ではなく各委員会や分科会に分かれて会議室で何日かかけて、細かいところについて話を聞いたりする時間の方がずっと長い。ちなみに私の所属する建設・経済委員会は、各会派の重鎮達が多く、物凄く時間がかかりますw。そのため、委員会の議事録も約80ページと、個人で文字越しするにはきついボリューム。担当の議会事務局の方に感謝し、委員長とどの部分について報告しようかと打ち合わせをしました。

d0080549_2041411.jpg午後から議会運営委員会、そして委員長報告のまとめが終わらなかったのでそちらも引き続きあるので、今日も会派控え室に出前をお願いしました。
今月で「たての」が閉店と言うことで、宴会や直接お店で食べた事あったのだけれども初出前「ミックスフライ定食」。
いや〜、先週まであんなに暑かったのに1週間でこんなに変わるのね。まさに「女心と秋の空」。
暑い時はグーンとアツイ、冷え始めたら一気にサムイ。女性は切り替えが早いからな〜。反対に男はダメね、未練タラタラだもの。
お祭りの時はプチ脱水症状になるぐらいで、畑のために一雨・・・なんて言っていたんですがね〜。今度は稲刈りしようにも稲乾かないという状態になっちゃったし。暑さ寒さも彼岸までとは、まさにこのことでしょうかね。
[PR]
by pattu | 2012-09-24 20:40 | まさにFatFree!!

最上川寒河江緑地多目的水面広場

d0080549_20372572.jpg今朝は最上川寒河江緑地多目的水面広場のオープニングセレモニーに参加してきました。
寒河江市皿沼にできたこの施設。カヌー競技国際規格に準拠した500m×9m×9コースで、平成14年着工ですから10年がかりで完成しました。
一昨年からオープンしておりますが多目的芝生広場が隣接しております。以前ブログで書いたと思いますが、グランドゴルフをやったりしましたね。

d0080549_20373498.jpgその後家に戻り、子供達を連れて友人達との芋煮会へ。
今年初にして、たぶん最後の芋煮会in馬見ヶ崎川。
お声掛けいただいているのですが、なんか10月末まで日曜日だけはずっとイベントや研修等なんか用事があるんですよね、たまたまなんですが。
最後に〆の芋煮カレーうどん。私は初めて食べたのですが、牛乳入りです。家でもやったことないのでどうかと思いましたが、これがうまい!!今度やってみようかな?
そして最後は公民館へ。
寒河江はお祭りの関係なのかわかりませんが、10月に敬老会が行われ、lきょうはその実行委員会でした。
六供町公民館管内の今年の該当者(75歳以上)は246名だそう。ちなみに管内世帯数は約400ですので、アパートを含め管内は2世帯に1世帯は75歳以上の方がいらっしゃる事になりますね。
[PR]
by pattu | 2012-09-23 20:32 | ラブ寒河江・ラブ山形

寒河江やきとり【鳥竹】

d0080549_1734549.jpg今日はとある方々とお話と言うことで、寒河江のやきとり屋さんの鳥竹に行ってきました。
まずなにはなくても豚足を。
そしてサガリ、タン、レバーをオーダー。
やきとり屋さんというとメニューは焼き物と(寒河江なら)豚足ぐらいしかない物ですが、こちらは非常にメニューが豊富。私は食べていませんが、お隣のテーブルではここで人気という「ナポリタン」とか頼んでいました。ボリュームもあって、おいしそうでした。
その他、いわゆる「居酒屋メニュー」も充実しておりますので、飲み会とかには良さそうです。
[PR]
by pattu | 2012-09-22 21:32 | まさにFatFree!!

新澤酒造店川崎蔵に行ってきました

d0080549_16565323.jpg今日は伯楽星で知られる宮城県の新澤酒造におじゃましてきました。
こちらは以前大崎市三本木で酒造りを行っていた(今も事務所はあるのだそう)のだが、昨年3月の震災で3つあった酒蔵すべてが全壊。冬に仕込んだばかりの日本酒数万本が割れ、タンクで熟成していた酒も停電で温度管理ができなくなり、ほとんど廃棄。同じ土地に立て直す事を含めいろいろと考えた結果、廃業した酒造店の物件を紹介されて購入し、昨年秋に酒蔵を川崎町(山形市のすぐお隣で、山形市からなら車で2〜30分程度でいけるような場所)に移転し操業を始めたのだそう。

d0080549_16565778.jpgちなみに社長さんは20歳の時に最年少で「利き酒選手権大会」を全問正解し優勝したという経歴もあるのですが、2000年に宮城県最年少杜氏として戻ったそう。その当時新澤酒造店は普通酒が全生産量の98%を占め、県の鑑評会の成績も下から二番目という厳しい経営環境。戻ってから普通酒が主体だった酒造りを、約9割を純米酒にするという一見無謀とも思われる大胆な舵取りを行し、酒が主役ではなく食事を引き立てる「究極の食中酒」として「伯楽星」という新しい銘柄を2002年に誕生させた。その後瞬く間に「伯楽星」は全国から注目を集め、2004年には、JAL国際線ビジネスクラスに搭載。
新澤巌夫社長兼杜氏は私より二つ下と非常に若いのにしっかりとした考えをお持ちで、今の酒蔵もどうせお金を使うならと設備にしっかりと投資。水などの環境面もあると思いますが、震災後さらに味が良くなったと言われる理由が少しわかった気がします。
[PR]
by pattu | 2012-09-21 16:56 | まさにFatFree!!