<   2012年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

議会運営委員会行政視察2日目

d0080549_163577.jpg今日は埼玉県所沢市議会におじゃましてきました。
日経グローカル5/21号の特集「議会改革度全国市区調査」によると、トップは昨年の議会運営委員会で行政視察におじゃました千葉県流山市。所沢市は前総合で6位になっており、「住民参加度」は1位、「運営改善度」は7位という、非常に議会改革に取り組んでいるところ。
今回いろいろとお話を聞かせてもらったなかで最も印象的だったのは「議員の定数について」。所沢市議会では、現在議員定数のあり方について検討を進めており、議員定数の算出根拠を明確にするため、より客観的な審議をするための審議会を設置。今年11月に議長へ答申する予定なのだそう。
地方自治体の議員定数が撤廃されたことをうけ、全国的に議員定数の見直しをするところだ増えてきた。良く聞くのが「現状よりも●名削減」。しかしながら、上限が撤廃された今、何を持って基準とすべきか?今の人数がどうこうではなく、市議会あるいはその中の常任委員会は、何名で審議をするべきなのか?そもそもの議員定数の算出根拠等について、審議会に諮問したのだそう。
 そう考えてみると「今の人数じゃあ多い」「議員の報酬は今よりもっと下げるべき」という市民の一意見はあるが、何を持って「多い」のかが不明瞭である。その算定基準自身を審議会に諮問する(今が多いか少ないかとかではない)というのはなるほどと思いました。
ちなみに市民からもこの審議会には入って貰っているそうですが、名称としては「自薦市民」だそう。よく「私達市民の意見としては…」と言う方がいるのだが、市民の意見を反映するのが市民から選挙によって選ばれた議員であるので、こういった会に参加する方を「市民の代表」とはしていないという話でした。これも納得しました。
d0080549_163990.jpg昔は山形駅のホームにもあったのですが、山形駅どころか東京駅でもまったく見かけなくなった、立ち食いそば。
東京駅や新幹線で販売しているお弁当は高いので、手頃な立ち食いそばを探していたのですが、なんと、山形駅の新幹線のホームにありました。
メニューを見ると「げそ天そば・うどん」。山形らしい。
店員さん「ありゃ〜、シャッツかっちゃいきったっきゃ〜」。山形だな〜w
※標準語に訳すならば、「あら?私、シャツを表裏反対に着ていたわ!」です。
ちなみにその後の会話。
「う〜、かっちゃいあて、久しぶりに聞いたわ〜。ほだなつかたごとないじぇ〜?」※「あら〜、“かっちゃい”なんていう言葉、久しぶりに耳にしましたわ。そんな言葉、使ったことありませんよ?」
「あるあぁ。んだがら「山奥さすんでだ」って言われるんだな〜。アッハッハ」※「あら、私としたことが。だから皆さんに「山奥に住んでいるんいらっしゃるんですか?」って尋ねられるんです。オホホホホ〜」
[PR]
by pattu | 2012-10-31 23:04 | ラブ寒河江・ラブ山形

議会運営委員会行政視察1日目

d0080549_1126991.jpg今日明日と、寒河江市議会運営委員会の視察で、関東へ。
今回移動時間で読もうと持ってきたのは、以前研修で隣の人が持っていて参考になりそうだったので取り寄せた、東洋経済10/13号「日本のいい街」、山形新幹線にちなみ、カリスマアテンダント 茂木 久美子さんの「買わねぐていいんだ」「人の5倍売る技術」の3冊。
茂木久美子さんはFB上でお友達(以前ブログにも書きましたが、一緒にお酒を飲ませて頂きました)なのですが、最近お忙しいようで、めっきりFBでもお見かけしなくなりました。今度お会いしたら、本にサイン貰わなきゃw

d0080549_11261649.jpg移動時間の都合により、ちょっと早いお昼ご飯を新幹線の中で。
山形新幹線の駅弁といえばやっぱりこれ!牛肉どまん中弁当。
山形は米沢牛を含め牛肉の産地であることと、(開発当時)新しい山形のお米の新品種「どまんなか」を使った、山形名物お弁当をと開発されたものだと思う(たぶん。調べていません)のですが、甘辛い牛肉が、白米とばっちりあい、山形新幹線人気第1位のお弁当に。東京駅内の駅弁祭でもNo1になったのだとか。
最近塩味も出たのですが、芋煮同様、やっぱり牛肉には甘辛い醤油味の方があうな〜。

d0080549_11262054.jpg初日に視察におじゃましたのが、東京都多摩市議会。
2011年5月16日に昨年度初となる多摩市議会臨時会が開催され、議長および副議長の選挙が行われた。開会前には、2010年に制定された「議会基本条例」に基づき、市民への透明性を高める目的で各候補者らによる所信表明会を初めて実施。初の所信表明会ということもあり、定員35名の傍聴席は市民で満席になったとのこと。
公職選挙法との絡みで、議会開会前に非公式という形で(議場では行っているが、開会を宣言する前)行い、また所信表明をしない人も被選挙権はあるとのことだったが、私は非常に有用ではないかと思った。議長という立場は各自治体によっても異なるのだが、会派から離脱をして議会全体の代表として任期を勤めるという所も少なからずある。そう言った意味では、自分が議長となったらどんなことをやりたいのか?どう言うところを目指すのかを議員、あるいは傍聴や配信で見ている市民に対して表明するのは議会全体にとっても有用で、所信表明を採用している市町村議会が増えてきているというのも納得でした。

d0080549_11262453.jpg今日の宿泊は明日の移動なども考えて、新宿プリンスホテルへ。新宿プリンスホテルって言ったら・・・歌舞伎町じゃん。
一緒に行った議員との夕食を済ませ、いつもの通り一人夜の街へ。本来なら「地元で有名なものを食べる」という目的で街に出るのですが、ここはちょっとちがう。味ではなく、山形にはない、エンターテイメント的なお店を体験したいと思い(新橋でもそうでしたが、山形での飲食店のヒントになればいいな〜と思ってこういうときはお店をチョイスします)、今話題の「ロボットレストラン」に行ってきました。
星の数ほど店がある歌舞伎町ですが、夕食を食べたお店の店員さんでさえすぐわかるほどでした。やっぱり話題になっているんだな〜。
ここは基本的に予約制で、ショーは2時間おきぐらいに三回あるようですが、約80席満員でした。歌舞伎町という場所柄を考えると男性がめっちゃおおそうですが、女性も多く、特に外国人の方が多いのが特徴的でしたね。
入場料4,000円で、幕の内弁当とお茶を渡され(ここら辺が、一応名前の「レストラン」なのかもw)、席は指定されており、煙草も吸えません。
基本的にはショーパブです。入口には「百億円かかった」と書いてありましたが、たぶん百億円はかかってない気がしますw。ゲーセンにある機械を少し面白くした感じっていうかw
ショーの後半、女の子が操縦する(?)ロボット(?)が6体出てきます。私は最初「ロボットが給仕してくれるレストラン」だと思っていたので過剰に「ロボット」に期待していたのですが、これはこれで面白かったですw

d0080549_11262946.jpg次に向かったのが「吉田類の酒場放浪記(http://w3.bs-tbs.co.jp/sakaba/shop/495.html)」に出てきた、西武新宿「萬太郎」。
と言うのも、私が最近特に力を入れている「寒河江やきとり」に似たお店が新宿歌舞伎町にあるって聞いたので、こりゃいかない訳には行かないな〜と思ったのでした。
創業19年の萬太郎。オーダーしたのは豚足(寒河江の豚足と比べたかったからね)250円、カシラ・タン(これも同様で寒河江やきとりと比べたかったからね)各130円、牛スジ煮込み500円、モヤシ250円(この二つは吉田類さんのオーダーしたメニューw)。
寒河江やきとりと比べてみた(そんな必要はないのだが、客観的に寒河江を見るという意味でね)。
やきとりはほぼ同じ。サガリにネギやタマネギが挟まれていない事をのぞけば、どちらも慣れ親しんだ味ですね。寒河江の方が大ぶりかな。
煮込みは今まで食べたのと別物ですね。寒河江だと煮込みは豚白モツ・味噌味がやきとり屋さんの定番。もちろん牛スジ煮込みのお店もありますが、ここのはあまり辛みは感じなかったけど、スープが若干赤かったですね。柔らかくてフルフルして美味しかったです。
豚足はスーパーなどで見かける、酢味噌つけて食べるやつでした。ちなみにお会計は1800円ぐらい。手頃感も寒河江やきとりと結構似ているけど、こおは寒河江とは比較にならないほど地代が高いから、かなりお安いんだろな〜。
美味しくて情緒あるお店でしたが、寒河江のやきとり屋さんも負けてはいないなと、改めて感じたのでした。ぜんぜん味もボリュームもひけをとらないもんね〜。

d0080549_11263477.jpg最後はある意味意地で食べた「歌舞伎町・二郎」。
最近山形でも二郎インスパイヤ系のラーメンが増えてきたのですが、なにせ二郎自身食べた事ないし、一番近くても仙台までいかなくちゃいけないので、ここで食べておかないとと思ってねw
できるだけノーマル状態をと、野菜・にんにく・脂をトッピング。
やっぱりここまで食べた後だと「腹きつい」の一言だねw
[PR]
by pattu | 2012-10-30 23:25 | ラブ寒河江・ラブ山形

またまた新店登場!!【中国料理 味蔵】

d0080549_11141833.jpg前を通る度なにができるか気になっていた、元牛苑のところ(寒河江市内から河北町方面に行く道路のローソンの先)にできた中国料理味蔵に行って来ました。
日替わりランチは2種類有り、550円とかなりお安い。
けど、麺類が食べたかったので、坦々麺と半炒飯のセット(780円)をオーダー。
ゴマの風味とコクがあり、美味しかったです〜。コスパ(←俺にとって一番重要・笑)も良し!
その他定食系は、麻婆豆腐(580円)〜で一番高いのが角煮の800円、麺類とのセットメニューは650円〜で一番高いのが私の食べた担々麺+半チャーハン780円なので、リーズナブルですね。
ちなみに定食やセットメニューのライスとスープはおかわり自由で、ラーメンは大盛り無料です!!
さらに11/17までは、開店記念と言うことで、お会計10%OFFですよ〜!!
[PR]
by pattu | 2012-10-29 13:12 | まさにFatFree!!

第45回児童文化賞授与式【釜あげうどん 彌左衛門】

d0080549_10515926.jpg今日は寒河江青年会議所の「第45回児童文化賞授与式&植松努氏基調講演」が行われました(写真は朝の準備中の模様です)。
この児童文化賞は、寒河江・西村山地域在住の小・中学生、高校生を対象に、地域の模範となる活動を行っている子供達を表彰し、みんなで褒め讃えて、子供達を育成していこうというものです。
植松努氏の講演、よかったな〜。「ぜひFBやっている方はつながりましょう」と講演内に言って頂いたので、さっそくフレンド申請しちゃいましたけどね。
戦後の焼け野原から立ち上がろうとした日本。何もないところからのスタートなので、とにかく物が必要で、作れば売れる時代だった。たくさんの物を作る時に必要な人材は、与えられた目の前の仕事を素直にこなしていく人間。しかし時代は変わり、機械やロボットが、人の代わりに働く現代。今朝見た「ピタゴラスイッチ」の中では、光を照射して色を確認し、はさみを使っていちごを収穫するロボットが紹介されていました(シルシルミシルとかでもよくこういうおどろきのロボットを紹介しますよね)が、ある一定の基準で、与えられた目の前の作業を、従順に、ミスも少なくやるというのは、人間以上にロボットの方が勝っている。人間の仕事がロボットにとられてしまっている。
また日本は人口が減り始め、寿命も頭打ちという状態。今までの考えが通用しない。だから私達は人間にしかできない、0から1を創造する能力をつかって仕事をしていかなければならない。
ああ、何を書きたいかわからなくなってきましたが、とても心に響く話でした。
本当は一番の主題である「どーせ無理」をについて書きたかったのですが、それを書いたら誰も読んでくれなくなるような、超・長記事になってしまうと思うので、ぜひユーチューブにも講演会のダイジェストなどがいくつか載っているようなので見てみて下さい。
笑い、そして時にはホロッと涙を流しながらお話を聞いておりました。子供達と言うよりも、子育てしている私(達)にジャストな話でした。
今回の講演会、一言でその良さを伝えるには、私の前に座っていた4名の昔お姉さんだった方の言葉が最適でしょう。「今日来なかった人残念だったね〜。無料でこんなにいい話が聞けたのにね」。うんうん、そう思います。私も2歳と4歳の子供を育てる親として、そして一人の人間として、「無理」という言葉を封印して仕事や育児に当たっていきたいと思います。
そうそう、講演会の中でオススメされていた「もののはじまり館」という図鑑、早速アマゾンでポチッとしてみました。どうやら植松さん自身もレビューを書いていらっしゃるみたい。
どんな仕事も、「何が儲かるかな」「何が売れるかな」「何が安定して給料をもらえるかな」から生まれることはなく、「人や社会の悲しみや苦しみをなんとかしたい」という思いから生まれる(植松さんのレビューより)。

d0080549_1052177.jpg児童文化賞授与式&講演会終了後、家で待っていた子供(まもなく2歳)と相方を連れて、まずは「釜あげうどん 彌左衛門」へ。うちの子供はここのうどんと竜田揚げが大好き。なのでかけうどん(大盛り)と竜田揚げのセットをオーダーし、子供と分けて食べました。いや〜、うちの子供を連れての食事は、寒河江だとここかかっぱ寿司がダントツに多いな。

d0080549_1052386.jpgその後、かなり終了間際だったのですが、子供を連れてハートフルセンターで行われている、寒河江市商工会青年部主催の「さがえほんまつり」へ。
メガブック「慈恩寺の絵馬」読み聞かせに間に合いました!
たぶん2歳未満のうちの子ではよくわからなかったかも知れませんが、まあできるだけこういった物には触れさせてあげたいのでね〜。

d0080549_1135693.jpg本日ラストは、寒河江市選出の山形県議会議員、楳津博士氏の県政報告会に参加。
厚生環境常任委員長になられたとのことで、ドクターヘリや再生可能エネルギーなどの山形県の取り組みを聞きました。
いや〜、今日も盛りだくさんでした〜。
[PR]
by pattu | 2012-10-28 17:51 | ラブ寒河江・ラブ山形

公益社団法人日本青年会議所東北地区山形ブロック協議会アカデミー委員会卒業式

d0080549_10481572.jpg今日は土曜日。娘達のお弁当を作る日です。
でもその前に、私の朝ご飯。
冷蔵庫のあまりもん適当に入れましたスパゲティ・チョイツクリスギータ風。
朝から満腹でしたw
ちなみにお弁当は、今日は日東ベストのハンバーグにさつまいもの煮物、キノコの卵綴じと、茶色と黄色のみ。
なので、プリキュアの旗立てましたw

d0080549_10482392.jpg午後1時より公益社団法人日本青年会議所東北地区山形ブロック協議会のアカデミー委員会が行われました。
まずは第5回目の塾としてVMVセミナーがあり、夕方から閉校式。
ウイルス性胃腸炎での入校式からはじまり、三度笠かぶっての土砂降り蔵王など、いろいろあったなぁ〜。
[PR]
by pattu | 2012-10-27 23:47 | ラブ寒河江・ラブ山形

平成23年度寒河江市一般会計決算を山形県の平均月収に置き換えてみた

d0080549_10224199.jpg9月定例会が終わって研修に行っていたら、あっという間にまもなく定例会(本来は12月ですが、寒河江市では12月に市長選が行われるため、今年は11月に定例会が行われる)。
次の一般質問の原稿作らなきゃ…ですが、せっかく財政の研修に行ってきた訳ですし、市報でも出たばかりなので、自分の配布している「配るブログ」(たぶん11月の定例会が終わったら配布予定)用にこんなのを作ってみました。うまく見えるかな?
先日配布された10/20号市報に掲載されていた「平成23年度寒河江市一般会計決算」。私達が9月定例会で可決したものです。
ちょっと強引ですが、153億7千万円という金額だとあまりにも大きすぎるので、山形県の平均月収25万円(本当は25.8万円)というサイズに落としてみました。
あくまでも落としただけなので、引かれる税金や社会保険料はどうなっているとか、収入に銀行からの借金があるじゃないかとかの突っ込みはナシで。
あとよく地方自治体でこういうのを作る際に「地方交付税」を「親からの仕送り」と表現する自治体もありますが、もともと地方にはいるべきお金なので、その表現は、私的にはしっくりこないので、なんて表現するか迷うんですよね。今よりもいい表現方法があったら教えて下さい。できれば早めにw印刷する前にw
[PR]
by pattu | 2012-10-26 05:20 | ラブ寒河江・ラブ山形

CRデラックス海物語とのコラボレーション?【さかなや道場】

d0080549_1021868.jpg今日は午前9時30分よりマックスバリュー寒河江中央店にて、寒河江青年会議所の献血事業を開催しました。
もちろん私も1番目で献血を。
以前会社に通っている時は、朝『WE ARE シンセキ』でおなじみ(?)山本シュウさんの「LOVE in Action」(日本赤十字社の献血推進プロジェクトのラジオ番組。今は山形での放送時間帯は変わったのかな?)を聞いていましたからね〜。ただ当時は日中献血をする暇が無く、どこでやっているかもよくわからなかったので、本当に極々稀に七日町で時間つぶす時にちょっとだけやったぐらい。今は毎年2回献血バスが寒河江に来る時にやっています。本当は厳密にインターバルと総血液量(男性の私が400ml献血をおこうなう場合、12週以上あいだをあける&3回…年間総献血量は1200ml以内)からするともう一回できるんですがね。

d0080549_102984.jpgその後せっかくなのでマックスバリューで買い物をし、その際に見つけた(赤札ねw)「海猿 担々麺」なるものをお昼に食べてみました。
本当ならば献血したので、体にいいものを食べればいいとは思ったのですが、なんだか寒かったしいろいろとやることが山積していたので…まあ、めんどくさかったんですw
「勇敢に挑め!この辛さ、この刺激」とキャッチが書いてあります。マンガやドラマ、映画はもう終わってしまいましたが、このところの尖閣諸島・竹島問題で海上保安官の方々は今、そして今後今からこそが一番大変な時期を迎えるのではないかと思っております。

d0080549_10284823.jpg夕方、食事の準備をしているとイキナリ電話。
「ちょっと話したいんだけど、飲む時間ある?」と、大学時代の親友。電話なんて何年ぶりだろう?
奥さんに許可をもらい(ここ大事・笑)、急いで山形へ。
駅から近くて個室があって、お魚系が食べられれるところが良いと言うことになり、山形駅から本当にすぐの「おさかな道場」へ。パチンコのCRデラックス海物語とのコラボ中とのことで、「デラックス海5点盛り物語(1975円)」と単品飲み放題(ようは宴会などではなく、事前予約なし&食べ物は好きなものを頼める飲み放題。主にチェーン系居酒屋にのみある、ビールを3杯以上飲む人にはこっちの方が絶対お得というメニュー)をオーダー。
タコ(パチンコでは1)、赤えび(パチンコでは5)、ズワイガニ(パチンコでは9)という、パチンコでは確率変動という嬉しい奇数のネタ(ちなみに3は亀、7はジュゴンなのでさかなや道場では出せないねw)のほか、私も大好きなブリと、お刺身の王道マグロが入ったデラックスな刺身の盛り合わせでした。
なにせこうやってサシで飲むなんて、大学以来。
いろんな話をしながら、杯を重ねる。うーん、いい時間でした。
[PR]
by pattu | 2012-10-25 13:00 | まさにFatFree!!

これぞクチコミ【居酒屋 魚新】

d0080549_950886.jpg今日はランチを食べながら打ち合わせ。私が何度かブログにお刺身の画像をアップした、居酒屋魚新の日替わりランチ(800円)です。
お刺身に煮魚、小鉢が二つに茶碗蒸しと、これぞ和定食!って感じ。
「どうせ日中仕込みをしているからランチも営業しているけど、宣伝とかはしていないんだ」なんて言っていましたが、満席でした。これこそクチコミのみで…というやつですね。
お店をかまえている方で新規開店の時にお伺いすると「うちはクチコミだけでやっていこうと思って」という方がいらっしゃいましたが、けっして一番最初からクチコミだけではお客さんは来ません。今までタウン誌で働いていたと言う訳ではありませんが、それだけは断言できます。なぜなら、お客さんになって貰うべき人に、お店の存在を知って貰えないから。こちらもランチはクチコミですが、夜の部はしっかりと宣伝をされていらっしゃいますし、連日満員です。その店内に「ランチやってます」と、写真入りでPRしている訳ですから、しっかりとした宣伝をされているのと同じです。
ちなみに飲食店さんがもし新規オープンの広告を出すのであれば、当たり前ですが、しっかりとした訓練を積んでからがいいですよ。でないとオープンしてすぐにマイナスの広告をしてしまう(配膳が遅い・スタッフの動きがイマイチなど)場合がありますからね。

昨日から始まったドラマ「遅咲きのヒマワリ」。まあ、出だししか見ていないんですがね。
これは「地域おこし協力隊」をテーマにしたドラマ。山形県では特にこのところマスコミにも取り上げられている、朝日町の桃色ウサヒ(佐藤恒平さん)や、西川町の中道さん、そのほか酒田市、村山市、尾花沢市、最上町、舟形町、鮭川村、川西町、遊佐町で、計30名の方が活躍なさっているようです。
次回の一般質問では、これに限ったことではないのですが、情報発信の一つの形を提案・提言していきたいと思っております。
[PR]
by pattu | 2012-10-24 16:49 | まさにFatFree!!

ご当地B級グルメ

d0080549_8434364.jpg先日、以前山形のNHKにお勤めで、現在は故郷の市議会議員をやっている下田剣吾さんが「寒河江ってやきとりに力入れているんでしょ?参考までに」と、JALの機内誌「スカイワード」9月号をわざわざ送ってくれました。
山口県が特集されており、山口県長門を含め、久留米、今治、東松山、福島、室蘭、美唄の7つの都市が中心となっている「全国やきとりンピック」の話が載っていました。
何度もブログにも書いているので、いつも読んでいただいている方はご存じかと思いますが、約60年の歴史がある寒河江のやきとり。この食文化を広めようと、寒河江青年会議所では3年前から「やきとりバル」というイベントを行っております。私の委員会ではないんですがね。ああ、次年度委員会の事業計画書の修正書かなきゃ…。やきとりバルなんて、他部門の事業計画の事考えている場合じゃないないんですがね、どうしてもね〜。
ちなみに今月号のスカイワードでは山形が特集されているはずです。飛行機乗らないから実物見ていませんが。

そう言えば昨日、「B-1グランプリに、八戸せんべい汁が!!」というニュースが流れておりました。
町興しとして非常に有用だと思われる「ご当地B級グルメ」。よく「なにがB級なの?」と言う話が聞こえたりしますが、庶民が気軽に食べられる比較的に安価な価格帯がB級という定義だと思います。実際には500円以内ぐらい?お隣河北町の「冷たい肉そば」も今年からB-1グランプリに参加しておりますが、お店で食べる5〜600円の冷たい肉そばもB級グルメに入るという定義なんでしょうね(肉そばは普通の食事なのでB級じゃない…という話はよく聞きますが)。あくまでもおいしさの等級ではなく、ただ単に普通に(言い換えれば毎日)食べられるもの、と言う定義だと思います。
山形でA級と言えばやっぱり「米沢牛」とかになるのではないでしょうか。おいしいけれど、少なくても私はよほどの覚悟をしない限り食べられない…みたいなw
その「ご当地B級グルメ」の仕掛け人である「富士宮焼きそば学会」やこちらの「八戸せんべい汁研究所(通称:ジルケン)」、今回10位に入っている「十和田バラ焼きゼミナール(自称:バラ族)」の方々のお話を、研修で直接お伺いする機会がありました。
皆さん共通しているのは「焼きそば・せんべい汁・バラ焼きを売っているのではない。私たちは街を売り込んでおり、その一つの切り口としてご当地B級グルメ」というスタイル。なので、その業界に勤めている人ではないんですよね。利害の絡まない、自分達の商売でないからこそ、熱心にやっていける・街が応援するのかも知れません。だからこそ、メニューを売るだけではなく、少しでも町に良い印象を持ってもらえるよう、トイレに行ったり記念撮影をする方のために「みがわりシスターズ(ちょっとした間、その人に変わって列にならんでくれる女性スタッフ。「ただ今身代わり中」なんて看板を持って立っている)」を考えたりしたんじゃないんでしょうかね?(八戸せんべい汁研究所の木村さん)
そしてもう一つ、「どうやったら安くPRできるか」というのも、共通して考えていらっしゃいます。なので皆さん、面白いネーミングと活動をやっていらっしゃるんですよね。
例えば、富士宮は今は違うのだけれども昔は創●学会の総本山的場所だったらしく(聞いた話なのでよくわかりませんが)、あえて「学会の総本山に、また学会が!?」みたいなのをPRに使ったとか。
また、バラ焼きゼミナールの場合、最初はメディアに取り上げられる事が少なかったため一念発起し、バラ焼きをすすめている自分達を「バラ族」と称し、イベントの時には(私が行った講演会の時もそうでしたが)ベルサイユのバラをイメージしたタキシードという奇抜な衣装で、バラ焼きをPRしています。そうなるとメディアがほっとかないもの。そこまで考えて、あえて馬鹿馬鹿しいことをやる。まじめに不真面目。
そう言うのをしっかりと認識すると、必然とメディアを賑わす活動ができるのではないでしょうかね?
[PR]
by pattu | 2012-10-23 05:41 | ラブ寒河江・ラブ山形

スープの冷めない距離【寿司 あみもと】

d0080549_8594378.jpg会派会議に定例議員懇談会、各種打ち合わせ。別な会議があるために午前中で終わる予定だったのですが延長。
時間もないために、お向かいのあみもとにて寿司ランチ。
現在市役所の1階で耐震化工事をやっているために、私達議員&議会事務局は、市役所入口にある旧きらやか銀行にお引っ越し。つまり市役所入口近くにある「あみもと」にはさらに近づいたwこれは本当にスープの冷めない距離ねw
近いしメニューを迷わないしで、コンビニより時間かからない。しかも寿司ランチは580円なので、弁当とジュース買うのとお値段もほとんど変わりないぐらい(普通盛りは6貫+かんぴょう巻で580円。私は大盛りにしており、大盛りだと普通盛り+2貫+巻物で780円。つまり200円増し)。
これからもちょくちょく来そうな気配がします。
ちなみに「スープの冷めない距離」という言葉は、別々に住む親の世帯と子の世帯の緊密さを保ちつつ、容易に援助ができる距離の目安として、1948年にイギリスのJ・H・シェルドン(J.H.Sheldon)が初めて用いた表現なので、けっして議員控室とあみもとの距離などに使う表現ではないと言うことを付け加えておきましょうw
[PR]
by pattu | 2012-10-22 15:57 | まさにFatFree!!