<   2013年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

読んでみた【TURNS】

d0080549_15391539.jpg今日の個人的朝活はこちらを読破。
TURNSの03と04(どちらもバックナンバーで購入)。
寒河江にU&J&Iターンしてくれる方を増やすにはどうしたらいいか考えているのですが、自分自身ずっと寒河江から出ていないのでそういう経験は今のところ無し。
どういう処に魅力を感じると居住したくなるのか、他自治体ではどう取り組んでいるのか教えて頂く為の勉強です。
大学が山形だったので、他地域から来てそのまま山形に残った友人もいますが、ぜひFBでつながりある方で、山形にU&J&Iターンしたよ(あるいはお嫁に来たよ)という方からも山形の魅力とか、なんで山形に来たかなんか教えて頂けるとありがたいです。
そうそう、03の体験者レポートでは 桃色ウサヒが、04のまちづくりの先輩に聞くでは山崎亮さんが出ていました。ってことで関連自分用メモ:地域おこし協力隊
http://matome.naver.jp/odai/2138199691666687101
http://matome.naver.jp/odai/2138310566887520301
FBで瞬時に頂いたご意見
「山形が嫌いで東京に10数年いたけど、帰ってきたばかりの頃は、遊ぶところがなくて、結構きつかった。
でも、お陰で、ボードや、キャンプなどアウトドアに目覚め、今では、これほどいい場所は、日本にはない!って思える程、山形が大好きになったかな〜。
山形は、素晴らしい資源がいっぱいあるから、それをどう魅せていくかなんだと思う。
お土産ひとつにしても、もっとパッケージとかオシャレにしたら、売れるのにな。。
なんて思うことも多いかも。そこに、お金を落とせるかどうかという価値観も含めて、センスの向上も必要だと思う。←色んな分野で。」
うん、山形はよく言えば控えめ・三歩下がって後ろを歩く奥ゆかしいタイプ。逆に言えばPRが下手で、もっと悪く言うと出る杭を打とうとする所がありますよね。
せっかくの素材が良いのにデザイン・見せ方が・・・というのは確かにありますね。性能がよければ主流になれるとは限らないというのは、電化製品ではよくある話。

d0080549_15391088.jpg今年度と次年度が重なるこの時期。
今日も寒河江青年会議所ルームは湿気ムンムン・・・もとい、熱気ムンムンでした!
[PR]
by pattu | 2013-10-31 23:39 | ラブ寒河江・ラブ山形

寒河江地域振興フォーラム

d0080549_1535252.jpg本日はシンフォニーアネックスにて開催されている、寒河江地域振興フォーラムに参加。
これは国土経営研究会(一般財団法人 日本水土総合研究所)が主催しており、検討会、対話集会等が行われましたが、どうもちょっと勘違いしている方もいらっしゃったようで、対話集会が陳情というか質問コーナーみたいになって、ん〜?という感じもありました。
その後は公民館へ行き、11月から始まる「六供町塾」の打ち合わせ。
体育部主催のレクリエーションや文化部主催の交流会なども企画されており、このあとも公民館事業が目白押しです。
[PR]
by pattu | 2013-10-30 21:34 | ラブ寒河江・ラブ山形

議会運営委員会視察2日目【長野県須坂市】

d0080549_15223192.jpg今日は長野県須坂市におじゃましました。
JR線ではなく、長野駅から長野電鉄で移動するのですが、モンハンとのコラボ、モンハン特急が止まっていました。
出発ベルがわりでしょうか?狩りスタートの音楽がホームに流れていますw
・・・アクション苦手なので、僕はやっていないですがね。
広島では、ディスティネーションキャンペーンのPRとして広島特産のラッピング電車を走らせたり、戦艦大和で有名な呉駅では発車ベルが宇宙戦艦ヤマトを使用したそうなので、こういうのが山形のDCでも出てくると面白いですね。
モンハン×信州渋温泉のコラボレーションですが、ゲームと何かのコラボって結構多いですよね。初音ミクとファミマとか。大きく捉えると、今話題のキーワード「O2O」(Online to Offline)とも言えるかも知れません。
2010年度の家計支出年報の品目で実店舗での消費の約19%にあたる21.8兆円が、インターネットにより情報収集が行われるなどインターネットによって喚起された購買なのだそう。
イメージとしてはネット、いわゆるオンラインが進んでいる感じがしますが、市場規模が圧倒的に違う(オンライン8.5兆円、オフライン140兆円)ので、うまく結んで急速に市場が拡大しているというところでしょうか。

d0080549_15223632.jpg長野県須坂市ではかなり突っ込んだ話をしてもらいました。
ある意味対応してくれた議会事務局長さんが、一番現状を憂いて改革をなんとか進めないとと思っているような気もしました。
長野駅と須坂駅しか見ておりませんが、長野鉄道の各駅には、駅ナカ商店という地元の方が作った農産物コーナーがあり、お会計は駅員さんに払うと言うのも面白い。寒河江でやっているちぇり〜マルシェみたいのがいつでもあるorアグリランドのちっちゃいのが駅にある感じですね。

d0080549_15224336.jpgそして夜21時過ぎに寒河江に到着!
お土産はおすすめいただいた小布施の栗鹿ノ子と、西澤のおやき。
今回おやきはいろんなところにあったので、いっぱい食べたな〜。
元々は焼いたほうが始まりということで、焼いたのと蒸したのは2パターン食べました。
野沢菜、しいたけ、キャベツ、茄子を食べ、おみやげに買ったのは野沢菜、ニラ、大根(切り干しかな?)、かぼちゃ。だいぶはまったねw
[PR]
by pattu | 2013-10-29 23:21 | ラブ寒河江・ラブ山形

議会運営委員会視察1日目【長野県松本市】

d0080549_1511969.jpg今日明日と視察で長野まで。
交通手段は新幹線だけですので、本を読む時間が一杯ですw。
片道5時間のお供は「いなか暮らしの本2月号 日本住みたい田舎ランキング」と「東洋経済8/4号 住んで得する街損する街」。どちらもバックナンバーで取り寄せました。
住んで得する街損する街は、地域住民市民ではなく「お客様」を増やす感じがするのでちょい違う気もしますが、I&U&Jターンしたいと思わせる場所になるためのお勉強です。

d0080549_15111231.jpgお昼過ぎに長野駅到着。
新幹線から在来線への乗継時間を利用して、駅の中にあった「善光寺名物西澤おやき」というお店で、さっそく野沢菜のおやき(130円)を購入。
かなりもっちりした生地に甘く煮た野沢菜がたっぷり。
信州のおやつだそうですが、これ、結構お腹にたまりそうね。山形で言うなら、「みそつけやきみす」でしょうか。

d0080549_15111657.jpg早稲田大学マニフェスト研究所が2011年に発表した地方議会改革度で1位だったのが、長野県松本市。
常任委員会とは別に、議員全員が改革に関して部会制で取り組んでいる等非常に特徴的なものがいくつかありました。
ちなみに最後に見せて頂いたこの「議会子供控え室」は、子供議会用の子供控え室ではなく、傍聴や参考人招致で小さなお子さん連れの方が来た時のためのものだそう。

d0080549_15111943.jpg松本市役所のお向かいにあるのが「松本城」。国宝にも指定されたそうで、担当職員・議員の方も「是非松本に来たら見ていって欲しい」とのことだったので、電車待ちの時間でちょっとだけ見学。
国宝にも指定されたところなのに、30分程度しか見学する時間がない。もったいないけど、しょうがない。

d0080549_15112447.jpg夕食後議員仲間と別れ、長野らしいものを食べさせるお店に連れて行ってくれとタクシーの運ちゃんに頼んでついたお店。
海鮮系だったのでかなり無理なお願いだったのですが、自家製野沢菜漬けと鉄火茄子、大信州(辛口)を頂いています!
野沢菜は山形の青菜と似ていると聞いていましたが、元々の形も見せてもらいましたが、そこまで似ていないかな?味もやっぱり違う。でも系統的には同じなんだろうな〜。
ちなみにこのあと馬刺しをいただきました。
[PR]
by pattu | 2013-10-28 23:10 | ラブ寒河江・ラブ山形

今年最後のちぇり〜マルシェ

d0080549_1503142.jpg本日10時より開催された、今年最後のちぇり〜マルシェ。
1)ウルトラセブン 握手・撮影会。2)バルーンピエロの風船プレゼント。3)山形を熱くしよう!プロジェクトLIVEinちぇり〜マルシェのイベント3本立てでした。
また先日TVでも取り上げられました「葉山高原野菜 畑の大根」をはじめ、新鮮野菜が揃う「軽トラ市」も同時開催しました。
午前中はあいにくの天気だったので、かなり寒かったのですが、お昼に近づくにつれ天気も回復し、軽トラ市の方では、結構早い時間で野菜が売り切れた方もいるようでした。

d0080549_1511980.jpgちぇり〜マルシェを抜けまして、お招きいただきました緑町敬老会におじゃましてきました。
アトラクションで最上川舟唄や真室川音頭のあと、軍歌メドレーを全員で合唱との事だったのですが・・・同期の桜と月月火水木金金はなんとなく聞いたことあるけど、ラバウル小唄とか若鷲の歌とか、聞いたこともないっす・・・
でも皆さん歌ってらしたので、楽しんでいらっしゃったのではないでしょうか?

d0080549_1503614.jpg今日のちぇり〜マルシェでは、畑の大根と今話題の「まこもだけ」を買いました。
まずはまこもだけと大根のステックサラダにして食べてみました。
見た目と「たけ」という名前からもっと固いかと思っておりましたが非常に柔らかく、ほんのり甘い。タケノコ?トウモロコシ・・・いや、なんて例えると良いのかな〜。この甘さは。
生産者の方曰く「このマコモだけは沼とか川に生えていて、水の浄化作用がある。もちろんこれは食用だから、水の綺麗なところで営農栽培しているやつだけどね」とのこと。父はこれを知っていたらしく、「減反した田んぼで最近見かけるな〜」と言っておりました。

d0080549_1504046.jpgまこもだけを生で食した後、生産者の方オススメの天ぷらにしてみました。
生よりも甘みが強く、歯ごたえは弱く。なるほど、こりゃ美味しいね。
明日・明後日と長野へ行ってきます。
長野と山形は似ている(そば、リンゴやぶどう、西洋なしの産地)ので、名物も結構似ている感じがしますが、これだけは食べておけと言うのがあったら教えて下さい。
[PR]
by pattu | 2013-10-27 23:00 | ラブ寒河江・ラブ山形

大樹会総会

d0080549_14584884.jpg今日は、佐藤洋樹寒河江市長の後援会、大樹会の総会。
約220名ぐらいかな?
市長を支える市議として参加しているのですが、地区後援会、企業後援会など偉い方ばかりで、なんか落ち着かないw
市議として3年目とはいえ、やっぱり場違いな感じだなぁ〜。
[PR]
by pattu | 2013-10-26 19:58 | ラブ寒河江・ラブ山形

やっと来たよ【海鮮料理 為ちゃん】

d0080549_11243998.jpg今日は議員の懇親会。
会場は寒河江市立病院近くにある為ちゃん。やっと来ることが出来ました。
もちろん乾杯は日本酒。寒河江の銘酒、銀嶺月山です!
実はこちらのお店、大好きな「海鮮系」と言う事で、前々から気になっていたんです。
ランチも好評と聞いておったので、どんなお店か知りたくて何度かお昼に行ったんですが、開いていなかったので、もしかしたら今はランチやっていないのかな?
[PR]
by pattu | 2013-10-25 19:05 | まさにFatFree!!

厚生常任委員会視察3日目【愛知県春日井市】

d0080549_1103977.jpg厚生常任委員会行政視察3日目は、愛知県の春日井市におじゃましました。
こちらでも市立病院および地域医療連携についてのお話をお伺いしました。
ちなみに寒河江市では平成26年4月〜平成36年3月(10年間)を計画予定とする、「寒河江市健康増進計画(第2次)」を平成25年度中に策定予定。新第5次寒河江市振興計画との整合性を図り、また国や県の健康増進計画等の動向を踏まえ、市民の健康づくり運動を推進する計画を策定する予定だ。
地域医療連携の強化について。まず寒河江市の医療機関数(平成25年4月現在)は、病院2(寒河江市立病院・寒河江の荘病院)、診療所56(医科35、歯科21 ※ベット数が20以上が病院)。受診同行としては、市立病院の常勤医師減による診療体制の弱体化や高度医療を必要とする患者は高速道路で短時間に救急搬送できる事などから、山形市の方に向いている。なお寒河江市在宅医療推進協議会を平成25年度中に設立予定。
春日井市立病院は2008年の赤字額は10億円を超え、2008年にはドクターや看護士が激減。2009年に中期計画をスタートさせるのだが、計画を練るにあたり、ドクターや看護士にヒアリング。経営の健全化が大前提であるが、その前にスタッフ全員で、市民病院としてのあるべき姿はどうか?どうやったらこの病院を維持できて市民に医療を提供できるのか?市民の安心のよりどころになれるのか?を考えた。
 その結果、まずはドクターや看護士がやりたい事からやっていく、地域の方々に対してやらなくてはいけない事からやる事に。現場が喜んで働ける・長く働ける環境を整え、魅力的な職場(病院)となり、研修や講習をたくさん受けられるようにしてスタッフの質を向上。使うべき所にお金をかけて、無駄な物は削減。その結果として良い医療を提供できるようになり、結果として黒字化へ。病院としてどう待遇できるかを考え、給料は上げられないが、勉強ができる・研修や講習への参加ができる体制を作り働く人の意識を高める事に取り組んだ事により働く人の意識が向上。それこそが経営の黒字化へのスタートだったとの事。

d0080549_1103644.jpg帰ってきたその足で、そのまま寒河江青年会議所の次年度予定者会議へ途中参加。
なので名古屋土産で変なおやつ(?)買って来ました。
柿ピーとじゃがりこ(どちらも手羽先味)としるこサンド。
次年度一回目の会議なので、かなり長期戦になる・・・と思う。これで一息・一笑w
[PR]
by pattu | 2013-10-24 23:59 | ラブ寒河江・ラブ山形

厚生常任委員会視察2日目【愛知県津島市】【岐阜県池田町】

d0080549_10552069.jpg厚生常任委員会の行政視察2日目。
今日の午前中は、愛知県津島市におじゃまし、地域医療の充実及び在宅医療などの取り組みに関して勉強させて頂きました。
ちなみに寒河江市には2つの病院と56の診療所(ベット数20以上が病院。診療所は医科が35、歯科が21)があります。
今後の課題としては、開業医と市立病院とのさらなる連携等がありますが、その市立病院自体が常勤医師減により診療体制が弱体化しており、高度医療を必要とする患者さんは山形市に行っている実情があります。
津島市では、当初の予定からかなりオーバーして、市立病院経営まで、いろんな事例を教えていただきました。平成19年に年間24億円もの赤字が出るほど危機的な状況から、今年度には単黒まで回復しそうとのこと。
鍵はやっぱりお医者さんの数だなぁ。

d0080549_10552675.jpg津島市を後にし、岐阜県の池田町に。ちなみに移動時間は2時間半。愛知から岐阜県の端の方に移動するので、感じ的&距離的に、山形から石巻に行くような感じ?
午後もぎっちり、予定時間をちょっとだけオーバーし(対応していただいた職員の方申し訳ない)、池田町で主に子育てに関してお話を伺いました。
昨年私が一般質問した中の1つに「お父さんお母さん達の働きやすさこそが、最大の子育て支援。働きやすいように、市立保育所の土曜日午後も保育受け入れ(現在は指定管理者のみなみと西根のみ受け入れ)&病児・病後児保育で周辺自治体より一歩進んだ安心の都市を」と言うのがあり、早速来年から1箇所土曜日午後保育スタートします。また病児・病後児保育も検討に入っているので、実際に始めている池田町から、話だけではなく、運用事務書類のおみやげも頂きました。
私も小さな子供がいるので身にしみてわかりますが、熱高くなって保育所から呼ばれても、なんとも難しい事があるんですよね。もちろん伝染性の病気(インフルエンザ)とかは無理ですが、よくある子供の突発的な熱の場合とか、見てもらえる場所あると本当に助かると思うんですよ。それは会社から見てもいいと思うんですよね。
3〜4人で雑誌作るという、一人あたりの仕事量というか負担が大きい零細チームの管理職が前職はなんで多々そういう場面があったのですが、保育所から呼び出されたと部下に言われたら、どんなに仕事あっても帰っ子供さん優先なわけで・・・。そんな時、一旦外出するけど戻れますってなったら、どんなにチームとして助かるかと思うんですよね。
[PR]
by pattu | 2013-10-23 23:53 | ラブ寒河江・ラブ山形

厚生常任委員会視察1日目【愛知県東海市】

d0080549_10383521.jpg今日から明後日までの2泊3日で名古屋方面へ視察。
今回の旅のお供は、山崎先生のコミュニティデザインの時代〜自分たちで「まち」をつくる〜(もうちょっとで読み終わる)と、金丸弘美さんの幸福な田舎のつくりかたです。
寒河江の目指す方向としては、仙台とか東京のような大都市ではなく、程よく揃っている程よい田舎だと私は思うんです。
そして自分用メモ
山崎さんが語る「地方でうまくいく人の資質とは?」就活を始める前に知っておきたい10のこと - 就活準備 - マイナビ2015
http://job.mynavi.jp/conts/2015/10/vol06/index.html
民主主義にはバグがある : 「小さな参加の革命」(1/3) 山崎亮×國分功一郎 | 語った | ジレンマ+
http://dilemmaplus.nhk-book.co.jp/talk/5407
以前右肩上がりの経済だったときの後遺症とも言えると思うのですが、「市民のお客さん化」している部分って結構見受けられます。何でもかんでも行政がやっていてくれた時代はもう終わりました。というか、そうするのであれば今よりもずっと税金の割合が高くないとやっていられないというか。
だから地域でいろんなことをする人をもっと増やし、活動人口を上げないといけない、という山崎先生のお話はなるほどな〜と思います。
幸福な田舎の作り方の方は、ある意味地域活性化の実例集ですね。参考になる取り組みがいろいろと紹介されておりました。

d0080549_10383190.jpgお昼過ぎに中部国際空港到着。
お昼は各自なので、前回の最後に食べた味仙の台湾ラーメン(700円)を。
丼は直径15cmぐらいとかなり小さめ。ただ麺はぎっしり入っているので、スープが少ない感じ。
とは言え、刺激的すぎて、汗かきすぎて、この量でも飲みきれません!
本場名古屋に来て山形の台湾ハオチー(現ニーハオ)のテイさんを思い出したりw
山形県には台湾系(?)のお店がいきなり増えました。ただそこで食べる台湾ラーメンは辛くなくて、もやしラーメンって感じですね。こいつは別物ですw

d0080549_10492683.jpg愛知県東海市におじゃまし、未婚者支援事業および結婚応援センター(駅前の一等地にあるのだとか)について勉強させて頂きました。
寒河江市では現在婚活コーディネーター事業を行っており、結婚を希望する独身男女の出会いの場を提供し、結婚成立に結びつける事により少子化対策・本市定住化を促進している。
平成24年6月に婚活コーディネーター登録証授与式があり、カリスマ仲人等の講演会や研修会、今年10月からは婚活イベント「きゅーぴっとにゃんこ物語」もスタート(10/2〜11/3迄の計4回)。予算は24年度82万円、25年度102万円。昭和52年に結婚相談が増え8カ所に相談所を設けるも60年頃には相談員による結婚成立がなくなり自然消滅した経緯がある。
東海市が未婚者支援対策へ乗り出した背景としては、鉄鋼の街ということで、市外からの若年男性の流入が多く、20〜30歳代の未婚者はどの年代も男性が女性より1000人以上多く、未婚男女のアンバランスさが目立っている事。また就職をする際に転入する人が多く、会社の寮などで暮らしている人も見られ、地域に知り合いが少ない人が多い事なども特徴。その為、平成21年度から東海市未婚者支援対策協議会を設置し、市民3,000人への結婚に対するアンケート調査を行い、平成22年度には調査報告書の考え方を踏まえ4つの出会いの場の創出事業と5回シリーズの結婚力向上セミナー、市民フォーラム、結婚を応援するHPの開設準備などが市により実施。平成23年3月に東海市未婚者支援対策提案書策定となった。
最も特徴的な取り組みとしては、駅前の一等地に「結婚応援センター」を設置(駅前の大型ビルのワンフロアーを行政が買い上げ、子育て総合支援センターと併設)。結婚活動に関する相談やイベント等による出会いの場の創出、結婚活動に関する情報発信を行っている。
現状としては、結婚祝い金支給者は7組(用件にあわないものとして、他3組ほど報告あり)。メールマガジン登録者は682名、配信回数は47件(共に平成25年9月末時点での数字)。自主事業の本人向け講座は年11回親向けが2回、サポーターによる事業は本人向けが年14回開催されている。

寒河江市と東海市を比較した場合の一番の差は「数字で把握しているかどうか」ではないかと思った。出発前に担当課に話を聞いたところ、対象者となる未婚者数は「わからない」、なぜ未婚者支援を行わなくてはならないのかという背景は「時代の流れ」との事。私自身人に話す時は数字を第一に説明するので、まずは現状把握が必要なのではと強く感じた。また講座の数がとても多く、「女性参加者が少ないので、女性が喜びそうな、来たくなる講座をメインに企画。特に料理などの講座が好評」とのことなので、今後の参考にさせて頂きたい。
[PR]
by pattu | 2013-10-22 23:37 | ラブ寒河江・ラブ山形