<   2014年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

今日は山菜の日【そば処 かつら】

d0080549_461437.jpg3月31日は3・3・1で「山菜(さんさい)の日」。寒河江市のお隣、西川町にある「山菜料理 出羽屋」さんが、日本記念日協会に登録を申請し認められから今日が初めての山菜の日だそう(昨年新聞で見ていたのですが、それは登録の時のだったのね)
本格的な山菜はまだもうちょっと先(この辺だと5月初旬)だけど、芽吹きはじめの今の時期楽しめるお手軽な山菜と言えば「ふきのとう」。本日は「自家製ふきのとうみそ」を豆腐に載っけていただきました。

d0080549_453583.jpg私自身は子ども3人のうちの上2人を連れてどこへでも行けるのですが、一番下の子を連れてと言うとなかなか外食もままならず。でも相方も美味しいものが好き(いや、誰でも好きなんだと思うけどw)なので、午後時間があるしランチタイムも過ぎたしどこかちょっとご飯食べに行こうかと聞いたところ、「かつらのそばランチ」と即答。
1時を過ぎたのにほぼ座席は満席でした。
そばランチ(850円)は、冷たいorあったかい肉そばまたはざるそば+小柱のかき揚げ天丼+ホットorアイスコーヒーが選べるのですが、毎回冷たい肉そばとホットコーヒーをチョイスしております。
お店に来る方もほとんどがそばランチですね〜。
やっぱこれで850円は魅力的だもんな〜。
[PR]
by pattu | 2014-03-31 21:05 | まさにFatFree!!

寒河江的ご当地グルメを二つ楽しめる?【こいこい】

d0080549_11434963.jpg昨日までとうって変わって、せっかくの日曜日なのに今日は天気悪い。
長女はうちの両親と一緒にごこかへ出かけてしまったので、次女と一緒にお出かけする事に。
私の用事をたし、GEOでプリキュアの新作を借りて、ちょっと早いけどお昼へ。
寒河江の名物といえば、やきとりとラーメン。
その両方を出すお店がみずき団地に出来たので気になっていたのですが、やっと来ることができました。
次女と分けて食べるので、オーダーは冷たい肉中華大盛。650円なのに大盛りも同料金!
届く前にメニューを見ていると、お昼は11時〜14時でラーメン・そば。夜は17時30分〜23時で、お昼にプラスしてやきとりやいわゆる居酒屋メニューも提供されるようです。
やきとりは食欲をそそるキレイな写真付き。サガリはあったもののネギマやモモ、カワ、つくねなど、寒河江やきとりではなくどちらかというとスタンダードなヤツのようですね。ちょっと他にはない「ラム」なんていうのもあって気になりました。あと、やきとり等で90分飲み放題3,000円の宴会コースなんていうのもあるようです。
さてさて届いた冷たい肉中華。
スープは他店の肉そばとかと比べるとちょいしょっぱめかな?冷たいというのもあるんでしょうが、ツルツルっとすすり上げられる弾力のある麺。お肉もいっぱーいなのもうれしいですね〜
[PR]
by pattu | 2014-03-30 14:42 | まさにFatFree!!

4月発行予定!配るブログVol05

d0080549_17415126.jpg3月議会が終わりましたので、また配るブログ制作しております。配るブログとは、私が市議会議員になってから定期的に発行してる物で、市政報告というような堅苦しい物ではありません。
私は議員になる前はタウン情報誌の編集部で働いており、その際には議員の仕事ってなんなのか、誰が市議会議員かも正直ほとんどわからない(当時は20数名いたのですが、そのうちの2〜3人しか知らなかった)状態でした。
たぶん私ほどではないにしても、市民の皆さんで「市議って普段何しているの?」「市議ってどんな人なの?」と思っていらっしゃる方もいるかと思いますので、私自身普段何をしているのか、どんな事を考えているのかを知って頂ければと思い、ほぼ毎日書いているのがこのブログで、それだとネット環境にない人にはわからないと思い発行しているのがこの配るブログです。
ただネットと違い作るのにも印刷するにも配るにもお金がかかりますので、半年に一回のペースでやらせてもらっています(なぜ半年に一回かというと、通常の報酬ではかなりキツキツなので、手当を発行費用に充てれば半年に一回は出せるという事です)
まだ半分しかできていないのですが、今回はこんな感じで寒河江市の予算154億6千万円を今回は山形県の世帯平均月収に置き換えてみております。自治体の財政は家計や企業の会計とはかなり違うので置き換えてもしっくりしない部分もあるんですが、なんとなく実感できるようにしてみました。予算を市民の皆さんに知って頂くのは本来市役所の仕事だと思いますが、私はより多くの皆さんに知って頂くことは、今後の寒河江市の為になると思ってこのような事をやっております。
・・・46万円収入あって貯金に廻すのが50円。
私予算委員会でもちろんつっこんでおります。もちろんこれは当初予算なので、年度末近くになり余裕がみえたら補正予算などで廻そうというのはわかります(これまでもそうでした)が、使う前からこのぐらい貯金しようというのと、使ったあとであまりそうだから貯金しようでは、結果は違いますよね。
でも借金もするのに(借金してまで)貯金をするというのも変ではあることはわかっておりますが。
あと、地方交付税はもともと地域の財源であり国から恵んでもらっている訳じゃない、という考えなので、世帯収入にして「お母さんの給与」という表現にしました。他市だと「親からの援助」なんて表現すると思うんですがね。だから今回は個人の所得ではなく、世帯収入という考えです。
あ、出来上がったら見て見たいという方はご連絡下さい。これまで送らせて頂いた方は自動的に届きますw
[PR]
by pattu | 2014-03-29 22:40 | ラブ寒河江・ラブ山形

全てに通ずる、「拡大」とは

d0080549_1724040.jpg今日は公益社団法人日本青年会議所東北地区山形ブロック協議会第1回会員拡大セミナー「壁を乗り越える 拡大の手法」がありました。講師は、公益社団法人小田原青年会議所OBの神戸氏。
いや〜、青年会議所の会員拡大についてのセミナーだったのですが、神戸先輩からは商売にしても私のような仕事をしている人間にしても、全てに通ずる事を語って頂いたと思います。
以下当日のメモ(箇条書き)です・・・が、「青年会議所の会員拡大」を「自社の売り上げ増」とすり替えて頂くと、企業人ならしっくりくる、腑に落ちる無いようだと思います。

・会員拡大とは何か?人の心を動かす活動。勧誘してくれる人の「愛情と誠意」という魅力が左右する。
・世界にはいまだ戦争状態の国がある。今の豊かな日本は、そうなるように先達が作ってくれたから。では自分達は次の世代に向けて何かやっているのか?自己中心的になっていないか?会員を増やすのではなく、「利他の心」を拡大していかなければならない。
・私が青年会議所に入会しようと思ったのは、「ここで暮らす・ここで商売するのであれば、この街を良くしたらいいのではないか?」と言われた事。例えば自己中心的な街(国)と少しだけでも人の事を考えられる街(国)があったとして、どちらが今後発展するか?どちらの方が商売がうまくいくと思うか?・・・だから利他の心の拡大が必要。
・自分は仕事をしたくない。でもお金を儲けたいから一緒に働こうと言われて一緒に働く人がいるだろうか?この人と一緒なら楽しい・儲かる」と思わなければ誰もついては来ない。「自分が幸せ(になる)自分が楽しい」では人は動かない。
・仕事とは何か?それは人を幸せにする事(人に必要とされる事)。物を作る、サービスを提供するのはその手段。給料は会社からもらっているのではなく、お客様、ひいてはこの地域や社会から頂いている。つまり地域やお客さんに必要とされていなかったら売り上げや給料はもらえない。つまりお客さんの幸せのために働かなければ、お店(企業)はいらない。
・自分にお金と時間を投資しなければ成長できるはずがない。青年会議所は会費がかかる。しかしそれは自分への投資。しかも私達は親会が無く、自分達の会費を使ってまちづくり・ひとづくりを行うのだから、結局そのお金は街のために使われる。こんなに有意義なお金の使い方はない。
・大企業なら会社で地域奉仕活動ができる。小さい企業や一人ではそれができない。だから私達は民案で集まって活動を行っている。
[PR]
by pattu | 2014-03-28 22:01 | ラブ寒河江・ラブ山形

修了式【串揚げ 寒河江だるま】

d0080549_6554484.jpg今日は寒河江市立なか保育所の修了式がありました。
学区の議員がお呼ばれするのですが、現在長女と次女が通っているこちら。私の母校(母校?)でもあります。
ちょうど来賓席の正面に座っていた長女(次女は未満児な為、式には出席しない)。とても大きな口を開けて元気に歌っておりました。
今回で第62回という修了式。来年度寒河江市が市制施行60周年を迎えますので、市になる前から保育所があったという事になりますね。最後の子が「第2401号」とのことでしたので、2401名の方がここを巣立ったようです。自分は何号だったのかなぁ?

d0080549_705431.jpg夜ちょいとした用事があり外へ。そのついでに(?)晩ご飯代わりにはじめて、2月16日に新たらしくできた「串揚げ 寒河江だるま」におじゃましました。
こちらのオーナーさんは旅行代理店をやっているので、「旅行代理店らしい、各地のご当地グルメを食べられるような飲食店をやりたい」って以前ご相談を受けていたんですよね。その時こんなのはどうだろうみたいなお話はちょこっとだけしましたが、こんなに早く実現されるとは思っておりませんでした。
お店は関西風串揚げ(1本70円~。写真はオススメ10本セット980円の、最初に来た野菜系の串たち)のほか、名古屋にも負けない手羽先(味付けはスパイシーですが、山ちゃんや風来坊のようなのとは違います。あそこまでしょっぱくなく、手羽先自身の味を感じる)や馬刺しといった全国ご当地の美味しい食べ物と、寒河江の日本酒他各地のお酒もありました。
ただ私はこのあとも用事があったのでノンアルコールドリンクでオススメ串揚げセットと手羽先を1本だけ。1800円ほどでした。
元々お寿司屋さんだったのかな?カウンターと小上がりが2テーブルなので(見える範囲にはですが)大人数は入らず、やきとり屋さんの感覚でちょいと立ち寄るのがいいようです。
[PR]
by pattu | 2014-03-27 22:55 | ラブ寒河江・ラブ山形

寒河江の納豆とお米と

d0080549_6394031.jpg朝ご飯はやっぱり納豆よね!
先日お買い物に行ったら、サガエ納豆の社長さん自ら商品を配達し陳列しているところに遭遇。チラシ掲載商品で安かったのもありまとめ買い!
サガエ納豆さんは、以前私の好きな番組「青空レストラン」にもでたお店。確かあの時は、赤根ほうれん草と、納豆汁だったかな?先日書いた、住吉屋さんに清流庵があるように、サガエ納豆さんにはハイエンド及び総菜を扱う「雅納豆」があります(しかも超近所w)。
どちらも寒河江ブランドとして今後も応援していきたいと思います。

d0080549_6393065.jpgそしてご飯と言えば、今はやっぱり「つや姫」ですよね。
寒河江でつや姫といえば(というか、山形でつや姫と言えばでもいいかな)土屋さん。その土屋さんの会社(なのかな?団体名なのかな?)の四季ふぁ〜むさんが月一で行っている「うぇるかむセミナー」。たびたびおじゃましておりますが、今日は第13回でした。
今回は年度末という事で、研修生の皆さんによる成果報告会。
来場者は約30名、しかも農業関係のスゴイ面々がズラリ。
俺なんかいていいのかなぁと思っていたら、土屋代表から「応援団長は一番前に座ってくれ」と、恐縮する席に・・・w(キャラクター制作や広報などでお手伝いをさせて頂きました)
土屋代表を含め6名の方の今年度の報告をお伺いしましたが、非常に勉強になりました。
[PR]
by pattu | 2014-03-26 22:39 | ラブ寒河江・ラブ山形

河北のBBCと井上雄彦氏「承」墨絵展【ブルドッグ】

d0080549_621849.jpg午前中議会に立ちより細々とした事を片付け、お昼はガツーンとお腹に来るものを食べたいなと思い、河北町のブルドッグに行ってきました。
というのも、期間限定で「BBC」というラーメンがでるとかで。
BBCとはBulldog・Black・Chukaの略(中華なのか?)だそうで、ご当地ラーメンである富山ブラック醤油をイメージしながらブルドッグ風にアレンジしたラーメンとのこと。
少し時間を外して12時50分頃行ったのに、知り合いがわんさかいてびっくりwそんな事にはたじろがず(いや、びっくりしていますw)、限定をオーダー(750円)。
ぬーぼうグループの爆中華風な見た目ですが、黒中華って言うだけあって一番てっぺんにキクラゲ(黒の象徴?)、スープも黒く、黒胡椒もかけてある。
たっぷりの野菜をスープに沈めて、まずは麺をと思ったら、何か練り込んだ?っていう感じの色。けして練り込んだ訳ではなく、濃い色のスープから色が移ったようだ。いつも同様に太麺はもっちりしていてうまい。あとスープは見た目すごいけど味はそこまで濃い訳ではなく、普通に頂きました。野菜もスープに浸して食べて・・・結構な量だったw
d0080549_68953.jpg保育所にお迎え行った帰りに、寒河江八幡宮に立ち寄りました。
スラムダンクやバガボンドで知られる井上雄彦氏が書いた伊勢神宮奉納の絵巻(っぽいもの)「承」の他、スケッチ画(マンガ読んでいる人ならわかると思うけど、ところどころにでてくるギャグっぽいあのタッチ)の展示に加え、伊勢神宮に関する写真やDVDの放映などもありました。
子ども達がいた&展示時間過ぎていた(ごめんなさい)のであんまりゆっくり見れなかったのですが、「承」は、継承・伝承の承なんでしょうかね。四季や年月のなかに、いろんな「手」が描かれておりました。
(先ほど知りましたが、起承転結の「承」だそうだ)。
今月30日までで(無料・9〜16時)、このあと加筆され伊勢神宮に奉納されますので、ここがこの墨絵を見る最後の機会ですよ〜。
ぜひ寒河江にお越し下さい。

d0080549_68745.jpg家に戻ると、Amazonに注文していた絵本が届いていました。
連絡帳によると、「これ読んで〜」と次女が保育所のクラス担当の先生全員(3〜4人ぐらいかな?)から読んでもらったという「ねないこだれだ」。
1969年初版と、私より歳上w
夜に読んだら、なんか・・・怖いって泣いてました。
[PR]
by pattu | 2014-03-25 23:05 | まさにFatFree!!

できないをできる!に変える実現力〜繋がる事で地域を元気にする〜【台湾ニイハオ】

d0080549_531233.jpg今日は米沢青年会議所さん主催のセミナー「できないをできる!に変える実現力〜繋がる事で地域を元気にする〜」に行ってきました。
講師は木村俊昭氏。小樽市役所時代に地域活性化に貢献→内閣官房・内閣府企画官(地域活性化担当)として、地域再生策の策定・推進→農林水産省大臣官房企画官として地域の担い手育成、地域ビジネス創出、農林水産業を中心とした6次産業化等を担当。
スーパー公務員と言われている方で、日本青年会議所主催の地域プロデューサー育成塾の塾長でもあり、4月26・27日東京で行われる同氏の研修にも参加するんですが、その研修も今日もどちらかというと青年会議所メンバーではなく議員として勉強するためにおじゃましました。

以下は木村さんの話を聞きながらのメモですが、2/8に別な仙台での研修で映像にて木村さんの話を聞きました。私用で申し訳ないのですが、まとめてのメモです。

●まちづくり、ひとづくりは、「説得」ではなく「理解」。知っている(ものしり)だけでは何にも変わらない。行動することによって知識が知恵になる。人は理解し納得しないと行動に移さないので、決して命令はせず、自ら知り気付かせることが大切。知り気付きの場を創る。

●木村さんの目指すまちづくりとは
1、「産業文化を地域から世界へ発信し、きらりと光るまちづくり」
 ・地元の産業(特産物)と文化を徹底的に探し・掘り起こし、徹底的に磨き上げ、世界に発信する(逆に言えばば、どういうものを磨けば世界に発信できるのかを考える)。景気が良くなれば、大企業が来ればという、丸投げ・他力本願のできない理由探しではなく、あるものをさがし磨き上げる。
 ・行政は地域活性化というと、1、企業誘致 2、起業 3、地元産業の深耕と考えるが、本来は逆。企業誘致活動は誘致数より地域の産業や既存企業との連携による地域産業全体の強化が目的であり、誘致後に地元企業が弱体化すれば地域全体の利益よりも弊害が多くなる。
 ・商品の売り出しなどでは「ストーリー性」「こだわり」が重要。
 ・まちづくりに大切なのは「よそ者、若者、ばか者」と言われてきたが、しっかりと夢を語れる人も重要。
 ・自分達で全部はできない。地域活性化は(1)情報共有・・・自己分析し、自分の街がどんな状態かを知り気づく。地域に住んでいる人がどんなスキルを持っているのか?みんなで情報を共有する。(2)役割分担・・・何なら自分はできるのか?(3)事業構想・・・継続し進化(深化)する。
 ・みんな地域を良くしたいと思っている。それぞれ思いがあって行動しているグループと別なグループを結びつければ強力なタッグになるという事をするのが地域プロデューサー。そしてその動きや取り組みをマスコミに情報発信する。
 ・商店街の活性化というと、商店主達は1、イベント 2、商品券と考えるが、それはなぜ?誰に来てほしいの?「お客さんの声」を聞かなきゃダメ。(事例では1休み処、2ランチ、3駐車場、4住宅だった)
 ・本来一番声を聞かなくてはいけない人に、しっかりと聞いているか?どのように聞いているか?頭の中で「それは無理無理。どうせ無理」と思っていないか?(事例:岩手県洋野町の生ほやラーメン店。お客さんに、どこからきたの、生ほやラーメンの乾燥、何が欲しい・何が食べたい・今後何を作ったらいい?など徹底的に聞き、それを、商品化している。お客様が欲しいものを作るから売れるのは当たり前)
 ・生産者ネットワークが必要(情報共有。例えばさくらんぼを売りに行って「野菜はないの」と聞かれたら、紹介できる横のつながり)

2、 「未来を担う子供たちに、地域への愛着を感じてもらう」・・・その地域活性化を行っていく動きに、子ども達や地域の方にも一緒に参加してもらい、ともに育んでいく事が大事。小学生、中学生、高校生にしっかりとした「地域の魅力」を伝えていくことこそ、地域活性化(いきのこり)に大事。だから、「地域教育」で誇りや魅力を教えていく"先生”こそ重大な役目を担う(伝道師)。今地元には何があるのか?今地元で旬なのは何か?愛着がもてるか?

●地域活性化に答えはない。答えは研修に行って・誰かに聞いて明確に答えられる物ではない。それぞれの課題を分析し、解決策を考える。答えは1つではない。

d0080549_5305668.jpg午後9時に講演会終了。
せっかく米沢に来たのでラーメンでもと思いましたが、この時間ではね。
帰り道、山形市花小路にふらりと立ち寄り、台湾ニイハオへ。移転してから初めて行ってきました。
もちろんオーダーは台湾ラーメン。
山形県内にも多数「台湾ラーメン」の看板が見受けられるようになりましたが、本場名古屋(台湾ラーメンは名古屋のご当地ラーメン。けして台湾ではないw)の味仙のようにビリッと辛いのはここしか知りません。
むせるとわかっていても、必ず一口目でむせるw
酔っていてもシラフでも、やはりむせるw
[PR]
by pattu | 2014-03-24 23:02 | ラブ寒河江・ラブ山形

食べ廻って寒河江【とうふ工房 清流庵】【佐平治食堂】

d0080549_5324947.jpg今日は、寒河江青年会議所と寒河江市が共催で行う「ツール・ド・さくらんぼ2014」のコースを、広報担当で回ってきました。
今回の大会は、前回よりも200名増やして募集をしたのですが、それでも11日間ほどで満員になってしまいました。たぶんその中には事前にこのコースを試走する方も多いと思いまして、ルートにはどんなお店があるのかなどを改めてチェックするためです。とは言え冬季通行止めの為西川町から大江町に抜けられないので寒河江市・大江町ぐらいになりますがね。
早速道中にある清流庵(住吉屋)にて、To-Fuソフトのプチ(105円)で一服。
スーパーで販売しているのは住吉屋ブランドのローエンド商品ですが、こちらで販売しているのはハイエンド商品。いろんなものがあるし、試食できるし、ランチなどもあります。
豆腐を半分使った「To-Fuプリン」とか、地元の大豆を使用しざるの目から余分な水分だけを取り除いて旨みを凝縮させた「ざる豆腐もりお」、味噌漬けにした「醸し豆腐」、あと油揚げでも厚揚げでもない、その両方の良さを併せ持ったジューシーな油揚げ「月山の月なみじゃない油揚げ」(←ランチの丼にも使用)もオススメです。

d0080549_533241.jpgお昼は白岩にある佐平治食堂へ。オーダーはもちろん中華そば(500円)
白岩の方々のソウルフード(ちなみに私の場合だと、皿谷食堂の中華そばがこれにあたる)とも言われるこちらの中華そば。派手さはないものの、鶏ガラ中心(でも脂分もけっこう浮いている)と思われる、昔ながらのふんわりじんわりな美味しさ押し寄せてくるクリアなスープ。チュルチュルっと口に飛び込んでくるほぼストレートの中太麺。海苔の上に最初からのってくるブラックペッパー。
そんなに昔から食べた事ある訳じゃないですが、いわゆる「昔ながらの中華そば」です。うまい!

d0080549_5331359.jpg家に帰ると、アップルから小包が一つ。
奥さんが使っているMacBook(私が前使っていたヤツ。2006年製だからもうPCとしてはそれなりな歳)のHDから異音がし、立ち上がらなくなって一週間。
HDを外してSSDにし、本日届いたSnow Leopardをインストール。
初めて知ったけど、今のMacって付属のものかパッケージ版からかしかOS入らないのね。
入れてみて圧巻。劇的に早い。5秒で立ち上がる。ヘタすると電源ボタン押す前についちゃうんじゃないかっていうぐらいの速さ。
インテルマックとしては一番最初のマシンなのでSnow Leopardじゃ重い(こいつの純正はTiger。2つ前のOS)だろうと思ったけど、全くそんなことを感じさせない。
正直俺の使っているMacbook Proより断然早い(もちろん何も入れていないというのもあるけど)
かかった費用は1万円ちょっと。
まあ、全部俺持ちなのは納得行かないけど、すごいよSSD。
[PR]
by pattu | 2014-03-23 23:32 | ラブ寒河江・ラブ山形

ハートフルセンターの施設利用条件が変わります!!

d0080549_6434523.jpg私が昨年6月定例会の一般質問で行った「市施設(ハートフルセンター)使用制限の緩和」。
一昔前とは違い、公=全て官では支えきれず、住民も主体となり活動していく時代。しかし100〜200名集めるのにちょうどよい市内唯一のホールを有するハートフルセンターは、「営利を目的とする場合には使用できない」となっており、講師謝礼等必要経費を案分するような営利目的ではない場合でも、1円でも入場料を徴収する場合は使用できない。
市内各団体や有志が経費だけもらってイベントを行い、街を盛り上げようとしているのに「全部持ち出しするかなんかの補助でももらって入場無料にしないとここは貸せない」というのは、持続性のある地域活性化には逆行のでは?という内容です。
寒河江市にはいろいろ補助制度があり、そういうのをうまく使えば無料にできなくもないのですが、でもそれって市が主催するのと(かかる経費としては)ほぼ同じになってしまうので、補助がなくなったらイベントもやらない(やれない)ということになってしまうと思いました。
なんと4月からは営利目的でない場合入場料を徴収できるようになりました。
今後はセミナーの講師代や映画のレンタル料を案分して入場料にする事ができるようになったようです。
・・・でもさ、そういう一般質問したんだから教えてくれたっていいじゃない〜。俺、市報見て初めて知りましたよ。

d0080549_6435852.jpg本日はお昼から、公益社団法人日本青年会議所東北地区山形ブロック協議会の第三回会員会議所会議がありました。
開催が寒河江青年会議所担当という事で、西川町(寒河江青年会議所の活動エリアは寒河江市、西川町、大江町、朝日町の一市三町)あいべで行わせて頂き、その後の懇親会は西川町といえばここ、まざわのた〜ま〜き〜でお馴染み、清流庭園 山菜料理 玉貴さんで。
寒河江青年会議所のOBのお店でもありますが、なかなか私にとっては敷居が高く、こういう時じゃないと来られないのよね〜。
今はひな人形が飾られており、江戸時代のもありましたよ!
西川町まではうちから20分程度ですが、やっぱり雪の量違うなぁ〜。窓の外吹雪いていたものw
[PR]
by pattu | 2014-03-22 23:42 | ラブ寒河江・ラブ山形