贅沢

以前「とうもろこしと枝豆は、とった瞬間が一番。採った瞬間に茹でると、最も美味しい状態で食べる事ができる」と言われたので、つい先ほど実行してみました。
d0080549_538430.jpg台数が減ったために使わなくなった家の駐車場の脇を、ちょこっとした(ほんとうにちょこっと。畳2枚分ぐらい)畑にしているのですが、こちらではちょうどとうもろこしが食べられそうな大きさに。
つい1分前まで実っていたとうもろこし。むいてみると、何とも美味しそう。なんと言う品種か知らない(植えたり世話をしているのは両親)のだが、生で食べてもいいらしいのでちょっとだけ生でかじってみると・・・果物みたいにあま〜い。こんなにおいしいとうもろこし初めてだ。
でも生で食べられるとはいえやっぱりとうもろこし。あんまり食べてはいけないかと思い茹であげ(写真左のとうもろこしがかけていますが、生で食べた為ですw)。お湯からあげ、少しだけさましてガブリ。さっきにも増して甘くておいし〜。こりゃたまらん。
大金持ちの人だって、そうそう畑でとれた瞬間のとうもろこしを味わった人なんていないでしょ。何もお金かけるだけが贅沢じゃないな〜と思う、夏の朝でした。

☆調べてみたら「種子に含まれる糖分が多く強い甘味を感じるが、収穫後の変質や呼吸による消耗が激しく、夏季の室温では数時間で食味が落ちる。対策は低温管理の徹底か、収穫後直ぐに加熱して呼吸を止めるなどである。」だそうです。おお、聞いた話は本当だったんだなw
[PR]
by pattu | 2010-07-28 05:51 | まさにFatFree!!


<< ザ・キャプテンズ傷彦君と飲んで... 月刊山形ゼロニイサン8月号発売 >>