人気ブログランキング |

寒河江スタイル・その2【前田村】

d0080549_23145934.jpg「やきとりだけれども、鶏肉じゃないやきとり」という説明が面倒なので、私は鶏肉ではないやきとりを「寒河江スタイルのやきとり」とよんでいいのではないかと思う。と言っても、昨日ご紹介したような、寒河江のやきとりに惚れ込んで寒河江で修行したのでそのスタイルになったという場合もあるが、ただ単に豚肉を使っているだけで寒河江とは関係ない場合もあると思うのだが。
住宅街の真ん中にあるここ「前田村」は、ぱっと見やきとり屋さんとは気がつかないような外観。たばこ屋?みたい。…そう言えば、季分屋もたばこ屋のような外観でぱっと見ワカラナイって説明したような気がするwでも本当にそんな感じです。
こちらにはネギマにかわ、つくね、砂肝など鶏肉を使った串は結構ありますが、それ以上に牛サガリや牛カルビ、トントロ、トンタンといったある串がある、豚や牛がメインのお店。たぶん寒河江とは関係ないと思うけど、あえて言おう「寒河江スタイルのやきとり屋さん」と。
小さくて見づらいかも知れないが、壁に貼られたメニューには、お馴染みな物も多々あるが、「ヒップアップ」や「ポパイ」「ブルート」といった、なんだかワカラナイものも結構ある

d0080549_2315298.jpg注文すると本当に目の前のかなり近いところで焼き上げられる。うなぎのお店は煙を食わせると言いますが、やきとり屋さんもそうだよね?この煙がたまらなく食欲を刺激します。

d0080549_22552175.jpgちなみにこの持っているのはヒップアップ。他店であれば鶏テール・さんかく・ぼんじりと言われる部分で、とっても脂ののった…というか脂身だけのような部分なのですが、クニャクニャではなく、かむとプシュッと言うような感じの焼き上がりでした(ああ、なんて説明したらいいんだろう?全然違うけれども小籠包のような?脂身なんだけれども、皮はぱりっと焼き上がっていると言えばいいのだろうか?
あと、個人的には「コリコリ三兄弟」というのも気に入りました。どんなのかって?それはお店に行ってからのお楽しみw

寒河江スタイルのやきとりという言葉を定着させて、寒河江を盛り上げていきたいと思います。活動にご賛同頂ける方は、http://www.gotosagae.com/をご覧下さい。
by pattu | 2011-01-13 23:27 | まさにFatFree!!


<< 思い出の味【ぷれす亭】 寒河江スタイル・その1【一功】 >>