子供が大人になったとき【炭火焼やきとり けやき】

d0080549_21453391.jpg帰宅途中に電話が。「ちょっとだけ今日けやきに来てくれないか?」。
けやきとは、以前ブログでも何度か登場しておりますが、うちの近所のやきとり屋さんです。もちろん寒河江やきとりです。豚足も美味しいですw
話を聞くと、この度お店を移転するとか。遠くに行ったら嫌だな〜なんて思っていたのですが、今の場所よりもさらに近所にwラッキー。それで相談というのが、約1ヶ月程度お店をお休みするので、休む前に次のお店の場所などを書いた簡単なカードを作って渡したいとのこと。そんなことならおやすいご用とよく話を聞くと、なんと休業まであと10日しかない。こりゃすぐにでも作らないと…なんて言いつつも、こういう急ぎ仕事嫌いじゃないw
そしてその席で、今後の寒河江の観光について、アツク語ってしまいました。本の影響かな?いや、今年一生懸命寒河江のPRを頑張っていた方だから、わかってくれると思って私の中にあるプランをお話しさせていただいたのでした。「それ面白いね、わくわくするね」そう言ってもらえて、本当に嬉しかった。

d0080549_21453660.jpg家に帰ると、子供二人が私の布団に並んで寝ておりました。
私が市議会議員を目指したのは、この子達の影響が大きいです。
この子達が大人になったとき、もしくは大学で県外に行ったとき、「私寒河江市出身なんだよ」って誇れる街にしたい。そう思ったのがきっかけの一つです。
そのためには、年配の方だけではなく(私が出る前の寒河江市の市議会議員の平均年齢は60歳をぐぐっと越えておりました。現在は一番上が72歳でほとんどが60歳代。そして59歳、56歳ときて、ぐぐ〜っと下がって私が37歳、一番最年少の方が36歳で平均年齢59.5歳)もっと将来を見ることができる若い議員が必要ではないか?と思っておりました。誰か…と思っていたのですが、なかなかそう言う人もおらず。それならば他人任せにすることなく自分が出てしまおうと考えたのでした。
今日読んだ本ではありませんが、今々のことだけではなく、将来に対して夢のあるような、勇気と意欲を与えるような事を語って、実行して(いや、正確に言うと私達には執行権がないので実行はできないので、提案してが正確ですが)行きたいと思います。子供の寝顔を見て、その決意を新たにしました。
[PR]
by pattu | 2011-11-09 21:44 | まさにFatFree!!


<< 山形オトナの夜会と二次会【プチ... 議会運営委員会行政視察2日目・... >>