人気ブログランキング |

初心忘るべからず【和風創作食堂 Bウェーブ】

d0080549_17284438.jpg今日はFB上ではかなりやりとりをしておりご近所なのですが、直接会うのは初めてと言う方と飲んできました。
どうせならご近所で飲もうと言うことになり、「和風創作食堂 Bウェーブ」へ。
こちらは以前できたばっかりの時に、ランチを食べに来て以来でしょうか?記憶が正しければ5〜6年前の話だと思われます。
以前はお寿司屋さんで修行されていた(実はこの頃、ZERO☆23の取材でお会いしたこともありました)と言うことで、海鮮系を中心としたメニューが多いです。
何はなくともと、とりあえず「お刺身の盛り合わせ」を。

d0080549_17284836.jpgちょっと順番が逆になった気もしますが、お酒のつまみがほしくなり、するめいかの沖漬けと本ししゃも焼きを。
TV等でも出てくるので知っている方も多いと思いますが、通常スーパーで売られているししゃも(子持ちししゃも)は「カペリン(和名:カラフトシシャモ)」という全く別な魚で、いわば代用品というか…。カペリンは外国でもとれ、ノルウェーやカナダなどから輸入しているのですが、本物のししゃもは世界中でも北海道南部の太平洋沿岸の一部でしか獲れないのだそう。ちなみに私も食べるのはこれが初めて…のはず(いや、どっかで食べているかも知れませんが、少なくてもここ数年の記憶の中には無い)
見た目からして確かに違いますね。大きいというかふとっちょというか。カラフトシシャモは卵だけ(というかお腹だけ)大きくて身は痩せている感じがしますが、こちらはしっかりとした魚の形です。

d0080549_17285160.jpg何か温かいものをと、鍋メニューを見ていたところ「鴨しゃぶがオススメです」とのことだったので、鴨しゃぶを頂きました。
画像は一番最初に出てきた鴨です。正直に言うとこの時点で「これだけ?」と思ったのですが、見透かされたのか「まず最初に鴨をお召し上がり下さい。そしてその旨みが出たところでスープにたっぷりのネギを入れて味わって下さい」とのこと。
牛肉や豚肉のしゃぶしゃぶよりも厚めに切られた鴨肉は、しゃぶしゃぶ〜程度では中まで火が通らなそうだったので、ほんのちょっとスープに放置してから頂きました。なるほど、うまい。
そして画像は無いのですが、半分ぐらい食べたところで、本当に、文字通り、山盛りのネギが登場。しかも特別な切り方をしているそうで、スープに入れてもシャキッとした食感が楽しめました。しかもめっちゃめちゃネギが甘い。
ネギを食べ終えた後は、白菜などの冬お馴染みの野菜達を入れて、今度はゆっくりと鍋にして頂きました。鴨しゃぶというよりも、ネギや野菜をガッツリ楽しむ冬鍋って言う感じでした。
いや〜今日は非常に貴重な時間を気づきを頂きました。じっくりとお話しをさせてもらい、自分の夢は浅く、言葉は軽い事に気がつきました。それはそれとして受け止め、この思いを忘れるよう、明日から精進したいと思います。
「初心忘るべからず」の2つの意味があると聞いた事があります。一つは(たぶん一般的な解釈は)、『〔世阿弥の「花鏡」にある言葉〕学びはじめたころの、謙虚で緊張した気持ちを失うなの意。また、最初の志を忘れてはならないの意にもいう』。寒河江を今以上に良くしたいと思って選挙に出たわけですが、そう言う意味での初心はこれだと思います。
もう一つの意味は『下手だった頃の自分を、物事の覚えはじめの頃に失敗した経験を忘れてはいけない』。今日の忘れてはいけないと思った「初心」はこちらの意味です。
未来を見据えてと語っておいて、しっかりとした数字の把握や目標立てをせずに、「夢」しか語っていなかったのですから。
「夢は目指したときから目標に変わる」。夢は語っただけではまさに「夢物語」なんですよね。
by pattu | 2011-11-28 23:24 | まさにFatFree!!


<< まさに隠れ家【食事処・飲み処 ... たぶんこれも貧乏性【三久ラーメン】 >>