人気ブログランキング |

初体験【やまがた米っ粉フェスタ】

d0080549_1222098.jpg初めてでかなり緊張しましたが、午前中に無事「政治資金規正法に基づく収支報告書」の提出も終わり、午後からパレスグランデールで行われる「やまがた米っ粉フェスタ」に参加してきました。寒河江のつや姫をはじめとしたお米がさらに売れるようなヒントがあればと思い申し込んですがね。
「やまがた米っ粉フェスタ」はやまがた米粉利用拡大プロジェクト推進協議会、山形県が主催するもので、料理研究家の小川聖子さんや奥田政行シェフによるトークショー&オリジナルメニュー試食のほか、県内事業者が多数出展する米粉食品約40品目が楽しめる試食交流会などもありました。
やまがた米っ粉フェスタのトークショー「広がる米粉のメニュー、ご家庭から、厨房から!」がスタート。
米粉って正確には微粉砕米粉って言うんですね〜。団子の粉も柏餅や桜餅(道明寺)なども大きく言えば米粉って意識したこと無かったな。

d0080549_1222314.jpgちなみに2011最優秀賞(山形県知事賞)は『手軽に飲むだけ玄米粉』吉田製粉(長井市)、おいしい山形賞には『米粉シフォンケーキ』まっ直ぐ屋(川西町)、優秀賞(パン・惣菜・麺等部門)には『ホテルの味噌パン』グランドホテル(山形市)、『つやひ麺』すがわら製麺(鶴岡市)、『たこ米(べい)』ヤマゲンフーズ(新庄市)、『つや姫パスタ』三和油脂株式会社(天童市)、優秀賞(菓子部門)には『お山の形のサブレ』ケーキハウスチュチュ(山形市)、『つや姫ラスク[しみチョコ]』菓子工房ふくや(鶴岡市)、『NANJO da BE なんじょだべ』菓匠萬菊屋(南陽市)、『マドローム★紅ダリ』山形県立置賜農業高等学校 紅大豆本舗(川西町)が入賞しました。
会場を移し、入賞作品ほか、44事業者・62点もの米粉食品が味わえる試食会へ。
まずは奥田シェフ考案の県庁食堂の米粉パスタから〜。
なるほど、米粉パスタは米粉の含有量が多いとぱさつくというか小麦独自のグルテンによるもっちり感が少なくなる気がしていたのですが、こういう調理法なら関係ないですね。しかもうまいしw

d0080549_1222713.jpg約半分の30種類程試食させて頂きました。こんなに米粉を食べるもの初めてだし、いろんな工夫されたメニューがあってびっくりしました。正直言うと、実は甘いものはすぐお腹が一杯になる&そんなに連続で食べられないと思い、ご飯(麺)系のものばかり試食していたのですがねw
その中でも最後に食べたのがこちら、西川町玉谷製麺所さんの黒米うどん・パスタ。
まあ30点というともの凄く多いように感じますが、24ブースというとかなり多く聞こえますが、1点あたり麺ならひとつまみの4〜5本、パンなら3〜4センチ角、ご飯なら一口分ぐらいだったので、そんなんでもなかったです。食べたこと無いのでなんとも言えませんが、わんこそばぐらい?わんこそば30杯と言ったら、そうでもないですよねぇ?

d0080549_12222763.jpg重たいお腹のママ、夜活に参加。今まで縁の無かった筆ペンですが、先週だけで四回も(薄墨ですが)名前を書く機会があったので、これはやばいと緊急参加しました!
2時間ほど連取した結果、なんとなく「祝」の一文字だけ方向が見えてきました。
名前は今までどう書いていたか忘れるほど迷走し始めました。まあ、本格的には今日筆ペン買った&初体験ですから、まあこんなもんで良いことにしましょう。あとは練習あるのみですね。
by pattu | 2012-02-15 12:19 | まさにFatFree!!


<< 買うと安心するヤーツ ご縁【扇屋】 >>