勝手にカツ丼ウィーク05【とん八 寒河江店】&山形在来作物・赤根ほうれん草

d0080549_10403360.jpgカツ丼強化月間最終・・・かな?
今日は市内をグルグル回っていたのですが、お昼は112号線沿いのとん八寒河江店へ。ほとんどの方が、ランチ(とん八・和風おろし若鶏・親子丼・ミックスカツ・月替わりなど。お値段777円。良い数字w)をオーダーしている中、脇目もふらずとんかつ丼(934円)をオーダー。
三元豚肩ロースかつ120gを半澤鶏卵直送の新鮮卵でとじた、山形の誇るべき食材の共演です・・・が、私の中のカツ丼はもっと甘じょっぱいヤツなので、ちょっと上品というか、物足りない感じ。あ、でも、サラダバーもついてますし、ボリュームもあります。大盛りにしなくて良かったと思いましたw

d0080549_963468.jpg
山形の誇るべき食材と言えば、こちらも。
1月26日放送の「青空レストラン・山形編」
(http://www.ntv.co.jp/aozora/location/2013/01/26/)でも取り上げられておりましたが、赤根ほうれん草は山形市風間の農家が、昭和2~3年頃、栽培した中から根の赤みが強いものを選抜したのが始まり。在来種で根や葉の付け根が赤く、食べるととてもやわらかくて甘みがある。耐寒性があり、大株(200~300g)となります。大株となると甘さが増し、食味が非常によくなる冬の野菜なんですが、たまたまスーパーにあって、しかも赤札だったので買って来ましたw
赤根ほうれん草は、その名の通り、根が赤く、そしてこの根が太くとても甘いのが特長。さすがにスーパーで売られている物はそんなに根が長くはありませんが、この断面図を見たらどれぐらい立派な根かわかると思います。
本当ならソテーとかにsしてもおいいしい(大ぶりなので)のですが、さすが赤札、ちょっと見た目にも痛んでいたので、速攻茹でておひたしに。
やっぱり根が甘いw
[PR]
by pattu | 2013-03-31 22:05 | ラブ寒河江・ラブ山形


<< 寒河江のあれ知り隊w【韓国流通... あ〜あ〜あ〜【ゆ〜チェリー】 >>