公益社団法人日本青年会議所東北地区山形ブロック協議会第2エリアブロック会長公式訪問(長っw

d0080549_16575349.jpg3月定例会(予算議会)が近いので、今日も終日自宅にて、予算書とにらめっこ。
お昼は自宅で味噌ラーメン作ってみました。
爆●華風な野菜盛りに、龍●海風な辛味噌ライドオン。
午後からにんにく臭?キニシナイキニシナイ・・・。

d0080549_16572658.jpg18時30分より公益社団法人日本青年会議所東北地区山形ブロック協議会第2エリアブロック会長公式訪問が行われたので、尾花沢市に行ってきました。
公益社団法人日本青年会議所会頭の名代として山形ブロック会長が、2014年度の事業内容及び方向性を会議所メンバーに伝える場で、新庄から寒河江までの青年会議所メンバーが集まりました(写真は開会前のものです)

d0080549_1657249.jpgその後懇親会があったのですが、ミッションがありまして、尾花沢からまっすぐ皿谷に。
ミッションというのは、「ちょっと相談したい事がある」と、知人伝に皿谷の親父さんからご指名頂いておったのです。
寒河江青年会議所としては4年間やきとりバルを開催して、寒河江のやきとり文化を県内外に発信してまいりました。それとは別に(やきとりバル第1回目の時は私は寒河江青年会議所のメンバーではなかったので)私は寒河江のやきとりこそ、山形から人が呼べる偉大なグルメだと思い、個人的に寒河江のやきとりの歴史や成り立ちなどを調べ、当時働いていた雑誌などで取り上げたり、当時出演させて頂いておったラジオなどでも話したりしておりました。その時に「寒河江風のやきとり」とか「寒河江のやきとり」では人の頭に残りづらいと思い、勝手に「寒河江やきとり」と呼び、「寒河江やきとりとはそんな特徴か」などをネットなどでも発信しておりました。その後この発信がやきとりライターさんの目に止まり、やきとり王国というやきとり本の中に、寒河江やきとりについて寄稿するきっかけとなりました。
そんな訳で寒河江やきとりの発信については個人的にも一生懸命やっていたので、その辺で寒河江青年会議所ではなく個人的にお声がけ頂いたようです。詳しい内容は記載できませんが。

d0080549_16572144.jpg私だけでは何ともしようがない事も考えられたので、やきとりバル担当副委員長も同席してくれたのですが、頂いた案件のを打ち合わせするために皿谷のあとはその副委員長のお店へ、CocktailPubOHARAに。
マリーゴールドという、フルーティーなカクテルを頂きながら、今後の事をいろいろと話し合いました。
[PR]
by pattu | 2014-02-26 23:56 | ラブ寒河江・ラブ山形


<< Hearty Party のお知らせ 地域の特性を生かした活気あるイ... >>