ラーメンの鬼、逝く。【山形五十番飯店】

d0080549_225684.jpg昨年創刊し、寒河江西村山を中心に全戸配布しているフリーマガジンのモリバー。
本日寒河江青年会議所のルームにて、モリバー編集長の大塚さんとお話しさせていただきました。
もっとも話していたのは安孫子委員長で、私は横からチャチャ入れていたぐらいですけれどもw、6月に行われる「ツール・ド・さくらんぼ」についてご説明をさせて頂きました。
ぜひ記事にしてくださ〜い!w
その後少しだけお話しさせていただいたのですが、モリバー創刊にあたり、寒河江には後藤って言う雑誌にはうるさいヤツがいるからみたいな事を言われていたそう。お互いフェイスブックで繋がっているので顔は知っていた物のしっかり話したのは今回が初めてで、だいぶイメージとのギャップを感じてもらえたかしら?
雑誌はやっていましたが、今は(たまにアルバイトで使ってもらってますが)職業ではないし、組織に属している訳でもないので寒河江が盛り上がる分にはいくらでも協力したいと思っているんですがね〜。

d0080549_2256371.jpgまあその単発の仕事というかアルバイトというかで、一週間通い続けた山形駅前・七日町の取材・撮影も今日で終わりでした。
やっぱり取材・撮影は楽しかったなぁ〜。
雑誌の仕事を辞めて議員への道を歩みましたが、雑誌(情報発信)のお仕事はやっぱり天職だと思いました。今の議員という職(ではないのですが)もとてもやりがいを感じるので天職だと思っていますがね。
最後によく立ち寄っていた五十番飯店にて、これまたよく食べていたスーラータンメンをオーダー。
上海厨房と同系列なんだけど、酸っぱさと辛さはこちらの方が上で、私の好きな味です。
ラーメンと言えば、佐野実さんが亡くなられたそうですね。
私が当時働いていたタウン情報誌「月刊山形ZERO★23」初の別冊として発行した「山形ラーメンレポーター」
その冒頭に佐野さんから寄稿というかインタビューを電話にて(確かその時は函館だったかにいて、ホテルでおくつろぎのところにお電話しました)させていただきました。
直接お会いした事はありませんでしたが、日本のラーメンに多大なる影響を与えた方だと思います。
ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by pattu | 2014-04-11 23:52 | まさにFatFree!!


<< 年祝い?厄払い?打ち合わせ【炭... ピンポイント【おそばに】 >>