人気ブログランキング |

沖縄2日目。飲み2軒目「鳩間島(ハトマジマ)」

d0080549_19345967.jpg鳩間島に入るなり、お店の人に声をかける。「沖縄民謡聞けるって聞いてきたんですが…」「ええ、まもなくはじまりますよ〜。なんにしましょう?」とりあえずここでもオリオンビールをオーダー。そしてつまみはかなりかぶってしまうのだが、もずく酢にジーマミ豆腐、海ぶどうに島らっきょうをオーダー。すると目の前に座っていた人が「グルクンは食べた?」「はい、実はさっきの店で食べてきたんですよ」「唐揚げ?今日のは活きがいいから刺身でも食べられるからオススメだよ」「じゃあグルクンもお願いします。」「ハイヨ」…ハイヨってアナタ店の人だったんですか?でも、山形でもいるよな。客席に座って一緒に飲んでいる店の人w
程なくして、ライブが始まる。う〜ん、ぜんぜん聞いたこと曲ばかり。よくわからんけどこれこそが沖縄民謡なんだろうなぁ。途中でお客さんも参加し、鳴り物たたいたり、踊ったりと非常ににぎやか。イイよね、こう言うの。山形では絶対にありえないよな〜。だってよく言えば真面目、悪く言えば暗いんだもん。県民性がね。もちろん俺もどっちかというと根は暗い方だものw


d0080549_19351296.jpgほとんどのメニューはさっきの店でも食べた物です。まあ、定番メニューと言ったところなんでしょうか?島らっきょうはこっちで言うとアサツキ、エシャレット、ノビルなんかに近いですかね?あんな感じの、らっきょうと言うよりはネギに近い味でした。サッと湯通ししたのかな?鰹節をかけて醤油をサッとかけてあります。そしてジーマミ豆腐は大豆ではなく地豆(ジーマミ)つまり落花生で作るお豆腐。普通の豆腐ではなくて、ごま豆腐やクルミ豆腐を想像してもらうと近いと思います。あそこまで味は濃くないのですが、モチッとした食感は豆腐と言うよりもゼリーなどに近い感じです。あとタレも醤油ではなく特製の甘いタレで食べるようです。さっきのお店で食べたモノよりも、こっちのほうがもっちりしていましたね。

d0080549_19352890.jpgそしてこれがグルクン。さっきのお店では唐揚げ(唐揚げが一番一般的なようです)を頂きましたが、こちらでは刺身で頂きました。なんだか海の魚なのですが、よく釣りをした「ハヤ(地方によりウグイ)」に体も色つきも似ているようです。身は刺身に、骨は唐揚げにしてもらいました。ソリソリっと食べることができます。

d0080549_19353946.jpg沖縄と言えばやはり「海ぶどう」デスよね。ここのお店も先ほどの店も海ぶどうは水槽で廻っていました。さっきのグルクンをオススメしてくれた店員(以下グルクンさんと略w)に、「沖縄来てびっくりしたんですが、海ぶどうってどこもこうやっておいているんですか?」「ウチはね〜、業者から買いつけているんじゃないんだ。私の地元は南条なんだけど、そこから自分でとってくるんだよ〜。やっぱり南条のは美味しいよ。これ海水入れているんだけどさ、毎日少しずつ成長しているんだよ。だから海水も入れ替えてやらないとダメなんだよね」(かなりの意訳)と話していました。こっちで食べる海ぶどうと大きく違うのは「しょっぱくない」事。わかめとかもそうだけど、どうしても輸送するためには少なからず塩が必要なんですよね。新鮮なものを直送してもらっているお店でも、塩漬け(だいぶ日持ちがする)までいかないにしろこの生の状態では送れないだろうし…。だから沖縄の海ぶどうは今まで食べたことのないような純粋なプチプチだけを楽しむことができました。同じメニューを山形で食べることができても、これってやっぱり産地じゃないとできない事よね。

d0080549_19355452.jpg「沖縄は初めて」とグルクンさん。「ええ、新婚旅行なんです」「おお〜、それはおめでとうございます。じゃあ、せっかくですから特別な曲でもやってもらいますね」しばらくして曲が終わると「こちら新婚旅行で沖縄来てくれたんだって。なんかお願いします」「おお〜、おめでと(お客さんから次々と祝福の言葉)」。「じゃあ、結婚生活にピッタリの曲があるので、それを…」言葉の意味もよくわからなかったけれども、明るい音楽で店内みんなが踊り出す。厨房からお母さんも若いお兄さんも出てきてオドルオドル。グルクンさんに誘われて、結局私もオドル。
いや〜、楽しかった。でも、実はお客さん達地元の人ではなく、東京から来た大学生だったんだって。…やっぱり地元の人は、こう言うところには来ないんですかね〜。
by pattu | 2008-01-29 23:10 | まさにFatFree!!


<< 沖縄3日目。ホエールウォッチン... 沖縄2日目。飲み1軒目「花染(... >>