人気ブログランキング |

魂の洗濯【in 女川町】

ちょっと所用により、女川町へ。
昨日まではずっと徹夜作業、そして明日27日はゼロニイサンの発売日のため、市内ぐるぐると配本。休みらしい休みは今日を逃すとない。本来ならばゆっりと家で寝て、体内時計のリセットおよび体調のリセットをかけたいところだが、私は走り続けなくてはならない(なんだそりゃ)
d0080549_12544713.jpg女川の場所すらよくわかりませんでした。小学生の頃、一度原子力発電所を見学に来ているのですが、まったく道などの記憶はありません(バスだったしね)。距離感もつかめないまま、高速にのって山形自動車道→東北自動車道→仙台南部道路→仙台東部道路→三陸自動車道とえらく高速を乗り継いでやっと到着です。
一行(4人)は、お昼ご飯を食べるべく、石巻の工業地帯(っぽく感じた沿岸の地域)を抜けたところにある、お土産やさんの隣のレストランへ。
今夜の宿泊は民宿なので、刺身がイッパイ出るだろうから、セーブして…のはずが、なぜか「うに・鮭いくら丼セット1480円」をオーダー。

d0080549_1321649.jpg女川町に到着すると、なんだかお祭りのよう。なんでも7月の最終土日がお祭りで、日曜日には花火も上がるそうだ。全く知らなかったのだがwもちろん日曜日は早朝で山形に戻らなくてはならないので、花火を見る事はできない。残念。
そして到着してわかったのだが、女川って…海水浴場とかないのねwめちゃめちゃ漁港です。(お祭りも、海水浴もが目的ではなかったので、そういった事すら調べていませんでした。)よく考えたら、太平洋側って、ほとんど来た事が無いなぁ〜。一回も泳いだ事もない。

d0080549_13361419.jpg友人が用事を済ませている間(これが本来の目的。俺はただの同行者w)、女川港の近くにある鮮魚センターみたいなところをグルグルと散策。やはり太平洋側ということあって、ラインナップが山形とは違いますね。まずどのお店も店頭に並べているのが「ウニ」。これは観光客がすぐ食べられるよう、わってあるものも多々見うけられます。だいたい1個300円ぐらいかな?
2個分ぐらいを一つに詰めた「詰めウニ」を一つ食べてみました。当たり前の事ですが、ウニをきれいに見せるために使うミョウバンの味はなく(あたりまえ)自然な甘さと濃厚さが口いっぱいに広がります。あとは、やっぱりこの時期、この場所と言えば「ほや」。海のパイナップル等とも言われますが、とりたてのほやは身が厚くて、変な臭さはありません。あとは「まんぼう」の切り身なんかもありますね。一度だけ食べたことありますが、クセのない白身…ピンクがかった白身です。「アイナメ」もでっかいなぁ。びっくりしたのが「岩ガキ」。私の中では日本海にしかないモノだと思っていましたが、太平洋でもとれるんですね〜。でも、私は山形の鳥海山の伏流水でそだった庄内岩ガキが最高だと思っています。あんまりこういう主張って「あがすけ」(方言で生意気)と思われるので書きませんでしたが、山形って本当にイイトコロだって言う事を県外の方にわかってもらうには、しっかりとお話ししないとだめですよね。引っ込み思案の県民性のため、いいものがあるんだけどなかなか良さが伝わらない…まあ、それが山形人の奥ゆかしきいい部分でもあるんですがね。

d0080549_13131342.jpgお待ちかね、民宿の夕ご飯は、舟盛りが出てきました。
一番大きな魚は「スズキ」。英語ではシーバスなんても言いますね。ブラックバス同様非常にヒキが強くて釣って面白いのだそうです(海釣りは、港でアジ釣りか、砂浜でシロギス釣りぐらいしかしたことないので、経験なし)。民宿の方曰く、今が旬のお魚だそう。そういえば良く行く「南原太助寿司」にも季節のおすすめのメニューとして出ていたような気がしますね。あとは…お?鯨?お刺身だけでなく、小鉢で鯨を煮たモノもついていますね。いや〜、鯨って食べたの何年ぶりだろう?もちろんながら内陸育ちなのでほとんど食べた事が無く、食べたとしても「鯨缶」のみ。あ、あと「いるか汁」は何度か食べているか。何で鯨の皮を入れたみそ汁を「いるか汁」って言うんだろう?
刺身を食べたのは、社会人になって先輩に連れて行ってもらった小料理屋風のお店で、半冷凍状態の赤身を数切れ。貴重なんだよな〜なんて思いながら食べたのが1回きり。10年ぶりぐらいに食べました。
食べ慣れた牛や馬の赤身よりも脂身が少なく、ちょっと特有の味がある。私は小さい頃から食べてきた訳ではないのでよくわからないが、たぶん好きな人にはこの特有さがいいんだろう。特有と言っても、臭みがあるとかじゃなく、なんだろう…やっぱりなんとも表現できないなw

さて、明日は配達だし、早めに寝よう。
よくわからないが、時間毎の目的がなく、何かに終われる訳でもなかったので、もの凄く休めた気がした。寝ていた訳じゃないから、体は疲れている(長距離運転したしね)はずなのに、心はすっかり安まりました。ありがとう。
by pattu | 2008-07-26 23:53 | まさにFatFree!!


<< 高校のヤツラと、大学時代以来の... 意外とFF11ユーザーが身近に... >>