人気ブログランキング |

2007年 09月 17日 ( 1 )

ちょいと1時間だけ息抜き【パティオ】

今日も会社に…。まあ仕事の話はこの辺で(って、まだなんにも話してないw)
さて、明日もお休みだし、でも出社なので、ちょっと気分転換してから帰りましょ。
会社からほど近いところにあるパチンコ屋さん「パティオ」。普段なら絶対行かない(会社から見ると近いが家とは反対方向)のですが、気分転換にはいつも行かない店の方がイイかと思って。
d0080549_15342592.jpg入口すぐにあった「綱取物語」ん〜、新・綱取かな?ボタンを押して新しい演出と古い演出が選べるのですが、女性はほとんどが新しい演出(グラフィックよし、リーチも豊富、役物が動くなどかなり派手)を選んでますが、おっさんとかは古い方。もちろん俺も古い方。一番最初にパチンコやった時ぐらいの古さですね。綱取の数珠連ちゃんか、FクィーンやFパワフルの保留玉連ちゃんかって時代でした。ちなみに俺はパワフルでしたw
リーチも1パターンしかありませんし、スーパーリーチは「ノコッタノコッタ」の1パターンのみ。でもその分出た時はアツイねw

d0080549_15394759.jpg出た分飲まれて次の台へ。新台の「サクラ対戦」が入っていたので、ちょっと遊んでみることに。
大学時代、ソニープレイステーションとセガサターンが発売されたのですが、俺は迷わず「サターン」を購入。「ナイツ」がやりたかったんだもの。あと中学生時代から「ゴールデンアックス」がすごく好きだったので、セガ自身が好きでした。マシンのスペックもサターンの方が上でしたしね。しかしプレステに「ときめきメモリアル」が発売(後にサターンにも移植)されると一気にプレステ人気が急上昇。ソニーというゲーム会社とは一線を画す総合大企業の力にはかないませんでしたね。サードパーティー(ソフトを出してくれる会社)がプレステの方が豊富だったのも一つあるでしょうね。
で、話がそれましたが、サターンの人気ソフトだったのが「サクラ対戦」。ソフトの開発もセガ自社でやっている、まさに目玉商品(ソフト)でした。当時の流行のギャルゲー…もとい、恋愛シュミレーションゲームの要素もありつつ、光武というロボットにのって闘ったり、戦略的なモノがあったりと、かなり私的には楽しませて頂いたソフトです。人気はゲームにとどまらず、確かミュージカル(ゲームの中の舞台が「帝国歌劇団」という劇団だった)とか、いまだにグッズを販売するお店がある…はずです。
そんなゲームをモチーフにした台でしたが、あんまり元気が良くなかった(廻らないし、リーチもほとんどでない)ので、ぼちぼち遊んで帰りました。
by pattu | 2007-09-17 23:10