人気ブログランキング |

2008年 01月 29日 ( 4 )

沖縄2日目。飲み2軒目「鳩間島(ハトマジマ)」

d0080549_19345967.jpg鳩間島に入るなり、お店の人に声をかける。「沖縄民謡聞けるって聞いてきたんですが…」「ええ、まもなくはじまりますよ〜。なんにしましょう?」とりあえずここでもオリオンビールをオーダー。そしてつまみはかなりかぶってしまうのだが、もずく酢にジーマミ豆腐、海ぶどうに島らっきょうをオーダー。すると目の前に座っていた人が「グルクンは食べた?」「はい、実はさっきの店で食べてきたんですよ」「唐揚げ?今日のは活きがいいから刺身でも食べられるからオススメだよ」「じゃあグルクンもお願いします。」「ハイヨ」…ハイヨってアナタ店の人だったんですか?でも、山形でもいるよな。客席に座って一緒に飲んでいる店の人w
程なくして、ライブが始まる。う〜ん、ぜんぜん聞いたこと曲ばかり。よくわからんけどこれこそが沖縄民謡なんだろうなぁ。途中でお客さんも参加し、鳴り物たたいたり、踊ったりと非常ににぎやか。イイよね、こう言うの。山形では絶対にありえないよな〜。だってよく言えば真面目、悪く言えば暗いんだもん。県民性がね。もちろん俺もどっちかというと根は暗い方だものw


d0080549_19351296.jpgほとんどのメニューはさっきの店でも食べた物です。まあ、定番メニューと言ったところなんでしょうか?島らっきょうはこっちで言うとアサツキ、エシャレット、ノビルなんかに近いですかね?あんな感じの、らっきょうと言うよりはネギに近い味でした。サッと湯通ししたのかな?鰹節をかけて醤油をサッとかけてあります。そしてジーマミ豆腐は大豆ではなく地豆(ジーマミ)つまり落花生で作るお豆腐。普通の豆腐ではなくて、ごま豆腐やクルミ豆腐を想像してもらうと近いと思います。あそこまで味は濃くないのですが、モチッとした食感は豆腐と言うよりもゼリーなどに近い感じです。あとタレも醤油ではなく特製の甘いタレで食べるようです。さっきのお店で食べたモノよりも、こっちのほうがもっちりしていましたね。

d0080549_19352890.jpgそしてこれがグルクン。さっきのお店では唐揚げ(唐揚げが一番一般的なようです)を頂きましたが、こちらでは刺身で頂きました。なんだか海の魚なのですが、よく釣りをした「ハヤ(地方によりウグイ)」に体も色つきも似ているようです。身は刺身に、骨は唐揚げにしてもらいました。ソリソリっと食べることができます。

d0080549_19353946.jpg沖縄と言えばやはり「海ぶどう」デスよね。ここのお店も先ほどの店も海ぶどうは水槽で廻っていました。さっきのグルクンをオススメしてくれた店員(以下グルクンさんと略w)に、「沖縄来てびっくりしたんですが、海ぶどうってどこもこうやっておいているんですか?」「ウチはね〜、業者から買いつけているんじゃないんだ。私の地元は南条なんだけど、そこから自分でとってくるんだよ〜。やっぱり南条のは美味しいよ。これ海水入れているんだけどさ、毎日少しずつ成長しているんだよ。だから海水も入れ替えてやらないとダメなんだよね」(かなりの意訳)と話していました。こっちで食べる海ぶどうと大きく違うのは「しょっぱくない」事。わかめとかもそうだけど、どうしても輸送するためには少なからず塩が必要なんですよね。新鮮なものを直送してもらっているお店でも、塩漬け(だいぶ日持ちがする)までいかないにしろこの生の状態では送れないだろうし…。だから沖縄の海ぶどうは今まで食べたことのないような純粋なプチプチだけを楽しむことができました。同じメニューを山形で食べることができても、これってやっぱり産地じゃないとできない事よね。

d0080549_19355452.jpg「沖縄は初めて」とグルクンさん。「ええ、新婚旅行なんです」「おお〜、それはおめでとうございます。じゃあ、せっかくですから特別な曲でもやってもらいますね」しばらくして曲が終わると「こちら新婚旅行で沖縄来てくれたんだって。なんかお願いします」「おお〜、おめでと(お客さんから次々と祝福の言葉)」。「じゃあ、結婚生活にピッタリの曲があるので、それを…」言葉の意味もよくわからなかったけれども、明るい音楽で店内みんなが踊り出す。厨房からお母さんも若いお兄さんも出てきてオドルオドル。グルクンさんに誘われて、結局私もオドル。
いや〜、楽しかった。でも、実はお客さん達地元の人ではなく、東京から来た大学生だったんだって。…やっぱり地元の人は、こう言うところには来ないんですかね〜。
by pattu | 2008-01-29 23:10 | まさにFatFree!!

沖縄2日目。飲み1軒目「花染(はなずみ)」

d0080549_12532336.jpg夕方のラッシュに合い、またレンタカーの返却がDFS(日本国内にあるのに免税という、今話題のショッピングスポット)で、ガソリン詰めたら車線反対側などという初めての土地ならではのアクシデントでぐるぐる回っていた為、意外と時間をくってしまいました。やっとの事でホテルに着きチェックインをすると、やはりほぼ予定通りな時間。本当は美ら海水族館でもう少し見たいところもあったし、八重岳や今帰仁で桜を見たかったんだけれども寄り道しなくて正解だったかも知れません。さて、今日の一軒目に選んだのは、おきなわ倶楽部の編集部が打ち上げでも使うという「花ずみ」。そうそう、こういう地物と人が普通に行く飲み屋さんに行きたかったんですよ。だって山形に遊びに来た友達に「美味しいラーメン屋さんに行きたい」とか「そば食べたい」って言われて連れて行くとしたら、たぶん自分が普通に食べて美味しいところに連れて行くでしょ?取引先のお客さんとかなら大手旅行雑誌に載っているような大きな綺麗なお店に言ったりすると思うんだけど、今回の旅はそういうのではないんだよね〜。手前がヘチマのみそ炒め、奥の刺身はシマアジとシマだこ、そしてまぐろの盛り合わせ。まぐろって大間とかのイメージがあるから北の魚かと思ってたけど、こっちにもいるんですね。っていうか、まぐろは普通暖かい海の魚かwもちろんお酒は一杯目はオリオンビール、二杯目以降は泡盛。今日は「北谷の長老」を。1合頼んだらからからに入ってきました。そうか、日本酒と違い、コップ酒で来るわけではないんですねwあと、気がついたのは水割りもグラスで提供されるのではなく、自分で作って飲むんですね。
d0080549_125334100.jpg次に頼んだのがメニュー名失念。中華そば?おきなわそば?とカラシナとスーチカーのチャンプル。チャンプルは混ぜ炒めとでも訳すのでしょうか?カラシナはそう言う名前の野菜としかわかりませんでしたね。でも、こんな感じの野菜は山形にもありそうです。スーチカーは豚肉の塩漬け。ベーコン程脂っぽくないですが、イメージ的にはあんな感じでしょうか?塩漬けだもんね。
その他沖縄県の魚である「ぐるくん」(そんな名前の沖スロありましたよね?)の唐揚げや海ぶどう、ジーマミ豆腐などをつまみながらクイクイ。…お酒1合って、日本酒なら普通グイッと飲むレベル(俺はね)。でもね、水割りしながらだからかなぁ?なかなか減らないのwいろんな泡盛を飲みたいと思ったけれども、とりあえずこのお店はここまでにしておいて、次のお店に行ってみましょ。
どうしても沖縄に来たら行ってみたかったのが「沖縄民謡のお店」。国際通りにはたくさんあるそうですが、果たして国際通りがどこなのかもよくわからない。お店の方に「沖縄民謡を聴きたいのですが、この時間からいけるところでどこかオススメありますか?」と聞くと「あんまり聞かないからなぁ…(やっぱり地元の人はそんなもんなのかなぁ?)。自分が知っているのは鳩間島ぐらいかなぁ?」てな訳でその鳩間島までタクシーで移動することにしました。
by pattu | 2008-01-29 22:23 | まさにFatFree!!

沖縄二日目。美ら海休憩〜タコライス発祥のお店。

d0080549_1157436.jpgさて館内を一通りみて、外に出ると雲のあいだから太陽が顔を出し、良い天気になっていました。この天気のせいか?のども渇いてきたので辺りを見回すと「ココナッツ生ジュース」というお店を発見。実は以前おーばんに椰子の実がなぜか売っていて、買って包丁で割ってココナッツジュースを飲んだことがありました。その時の感想は「青臭い水」。やっぱり本場で飲んでみないとその本当の美味しさはわからないのかもと思い、再びチャレンジ。1個900円。結構イイ値段です。飲んだ感想は…前程じゃないけど、やっぱりなんとなく青臭い水。でも今回は青臭いだけじゃなくほんのり甘さも感じますね。前私が飲んだものは熟していなかったのかな?でもいずれにせよジュースを飲みなれてしまっている私にのってはもの足りない味。
d0080549_11575993.jpg「まもなくイルカショーがはじまります。お席がほとんどないのでここで入場をうち切ります」と、係員さんが言っているのを聞いて、見る予定ではなかったが急遽イルカショーコーナー「おきちゃん劇場」へ。
ここ美ら海水族館のイルカと言えば、映画「ドルフィンブルー」の舞台となったところ。まあ、知ってのとおり映画やテレビはほとんど見ない私ですが、名前だけは知っていました。人工尾びれを着けたイルカが再び泳ぐまでの話だったかと思います。まあ、それはさておき。このイルカショー、かなり面白かったです。ただのショーではなく、イルカの特徴を説明してくれるんですが、そのかわいらしいことw観客があまり見ていなさそうな小さな小技(小ネタ)もしっかり挟んでありますw

d0080549_11582613.jpg今日は午後8時に夕ご飯を食べる場所を予約しているので、チェックインも考えるとあんまり時間がない。美ら海水族館に後ろ髪を引かれつつも、次なる目的地へ。
美ら海水族館から南下しながら何気なくナビを見ると「東シナ海」。もの凄く新鮮。そうか、沖縄の西海岸は東シナ海なんだね。山形は日本海しかないからなぁ〜。反対側はどうなんだろう?と東海岸を目指し沖縄横断(と言ってもたいした距離ではない)…そうか、こっちは太平洋なんだ。東シナ海に比べると波が穏やかなようです。風の向きとかも関係あるんでしょうかね?
次の目的にはここ東海岸にある金武町(きんちょう)の「キングタコス本店」。アメリカ軍基地の目の前にあるお店で、タコライス発祥のお店(タコライスの歴史については、以前のブログぶーさーを参照)。

d0080549_11583631.jpgなんだかつぶれかけたゲームセンターのような(失礼)店に入るなり「タコライス一つ」(量が結構多いので二人で一つ頼むこととアドバイス頂きました)とオーダー。中ではおばちゃんが二人一生懸命なにやら作っており、「タコライス?」「ええ、タコライスを一つ」…なんだかおばちゃんは怪訝そうな顔。「できたら呼びますので、座って待っていてください」。店内を見廻すとやはりつぶれかけたゲームセンターのよう(本当に失礼)。絶対ワルそうな人がたまっていそうだ(重ね重ね失礼)。でもおばちゃんのあの怪訝そうな顔は何でだろう?理由は出来上がってから気がついた。そうか、俺達が通常「タコライス」と呼んでいるモノは、ここのお店では「タコライスチーズ野菜(600円)」と呼ばれているモノ。「タコライス」では、本当にタコミート(挽肉を炒めたタコスの具)だけがのっているだけなんだ?いや、こっちでタコライス頼んだら、チーズとレタスは無条件でついてくるでしょ?失敗したような気分だが、元々のメニューを食べることができたのでヨシとしよう。ちなみにタコライスの発祥は「パーラー千里(ちさとだと思っていましたがせんりだそうです)」と「キングタコス本店」どちらも銘打っていますが、同じ経営者でメニューも同じだそう。ただ、経営者が千里さんなので、どっちかと言えばパーラー千里なのだそうだ。…でもね、千里は本当に基地の目の前にあって、車とめるのも難しかったのでキングタコス本店(距離にして100mと離れていない)にしたのでした。

d0080549_11584647.jpg続いて近くにある「ゲートワン」(タコライスは発祥のお店である上述の二店をオススメされていたが、タコスはこっちのゲートワンがオススメとのこと)にて、今度はタコスを購入。3ピース入300円と5ピース入500円があり、とりあえず3ピースを持ち帰りで購入。3ピースなんて食えるのかとも思ったが、これもちょっとギャップがあった。俺らが普通食べているタコスよりもずっと小さい。2〜3口で食べられるんじゃないかな?でも1個100円だし、そう考えると安いし、なによりも美味しい。すれ違う山形では絶対見ないナンバープレートを着けた車を見ながら、那覇市内を目指し急ぐことにした。
by pattu | 2008-01-29 16:57 | まさにFatFree!!

沖縄旅行2日目。ホテル出発〜美ら海水族館・大王イカ

d0080549_1057219.jpg夜ではほとんど見えなかったので(肉眼では見えましたが、カメラではね〜w)、朝にホテルからの景色を撮影してみました。
ホテルの形は_II_…って、わかるかな?海に突き出すようにLとLを線対称にしたような形でたっていました。私達は最上階(11階)のLの一番右下はじっこ…さらにわかりづらいかwまあ、写真では左下がプライベートビーチ(海開きは3月末の為まだ入れません)、右下がホテルのプール(3月末まで修繕の為入れませんでした)そして真ん中に突き出ているのが、夕食を食べた海上レストランです。見えづらいかも知れませんが、海上レストランの右下あたりにいけす見たいのがあるのはわかりますか?あそこにはホテルのイルカが居て(!)朝とかずいぶん鳴いていました。ホテルの人によると、雨の日はイルカの機嫌がいいらしく、ばしゃばしゃはねたり鳴いたりしているそうです。(オプションでイルカと戯れるプランなどもある)

d0080549_1135158.jpgで、これがホテルの中。11階まで吹き抜けになっておりました。さらに沖縄では非常に珍しい(らしいです)温泉がホテル内にあり、500円払えば温泉にはいることもできます。山形だと各市町村にかならず1個ずつ温泉があるので、各ホテルに温泉(大浴場)があるのは普通なんですがね〜。
ちなみにこのホテルは、2月1日から中日ドラゴンズの1軍春季キャンプの宿舎になっているらしく、「日本一おめでとう」と書かれた大きなパネルなどが展示しているブースもありました。ジャージを着てバットを持ったごっついひととすれ違いましたが、もしかすると中日の選手だったのかも知れません。野球に疎くてすいません。

d0080549_11515262.jpgさて、ホテルを後にし、一路美ら海水族館を目指す。「美ら海水族館に行く前にコンビニによって入場チケットを買うと、混雑もなく割引もされるのでイイですよ」と教えてもらっていたので、近くのコンビニへ。そしてこれぞ沖縄?を発見。「モズレンジャー」…山形には芋煮レンジャーがいましたが、あんな系統でしょうか(ちがうなw)。そして追い打ちが「シークワサー味」。隣を見ると冷やし中華もすでに並んでいました。
ちなみに沖縄のモズクは本土のモズクよりも太く、酢の物以外にも天ぷらや佃煮にしても食べるようです、私が見た範囲内では。

d0080549_11513344.jpg平日と言うこともあり、思ったよりもスムーズに見ることができた「美ら海水族館」。一番の見物はなんと言ってもこの「ジンベイザメ」でしょう。淡水魚ではピラルク、海水魚ではこのジンベイザメが最大の魚類と言われておりますが、近くで見るとまさに圧巻の一言。スゴイ大きさです。テレビなどの映像ではよく下にコバンザメがくっついているのですが、ここのジンベイザメは脇にコバンザメがくっついていました。
このジンベイザメ、こんなに大きい体なのにプランクトンや小魚しか食べないと言うのも、興味がひかれるポイント。だって、こんな大きな体ですよ?もの凄くたくさんプランクトンを食べるんでしょうか?それとももの凄く効率のいい消化器官でももっているのでしょうか?個人的には非常に気になる謎です。謎と言えば、このジンベイザメ。実はまだよくわかっていないことが多いんですよね〜。

d0080549_11523678.jpg大きいと言えば「深海の生き物」のコーナーにいたこの「大王イカ」。小さな頃図鑑?でマッコウクジラを捕まえている絵?をよく見たモノですが、確かにでかい。一応対比の為並んで撮影してみました。そういえばドラクエにも「大王イカ」ってでてきたよなぁ。一番ふるいのはDQ2かな?大ナメクジを青色にしたうみうしと、ホイミスライムをグレーっぽくしたしびれくらげ、マーマンなんかと一緒にでてきてたよね?
by pattu | 2008-01-29 13:56 | まさにFatFree!!