<   2011年 11月 ( 33 )   > この月の画像一覧

「議会」の定義って?

d0080549_040177.jpgなんだか今日は、いろいろあったな〜。
定例議員懇談会(朝一から午後2時までかかった)→基本条例策定研修会→建設経済常任委員会協議会→基本条例策定委員会→会派会議という流れだったが、「議会」ではない。
「議会」ではないので公式スケジュール(例えばHPとかね)には載らない。なので「議会」じゃないと「議員」は何やっているのかと言われる(というか、俺もなるまではそう思っていた)。
もうね、「定例議員懇談会」にしても、「議会基本条例研修会」にしても、結局議員全員集まって会議しているのだから、市役所の1階(議場の他会議室があって、そこで議員懇談会や全員協議会が行われる)で会議の時は「議会」で良いんじゃない?
お昼の合間にも行かなくてはいけないところがあったので、お昼ご飯代わりに車の中で「ドデカミン ホット」を。
ホット専用って…。ドデカミン、やるなw

d0080549_0502114.jpg家に帰ると丁度電話があり、友人の育てた山形セルリーが!
当選したときにもらった(あともらった記憶あまりなし。卒業式ぐらい?)花束ぐらいあるでっかい奴。しかも柔らかいし、celery臭さがないからガツガツイケル。とりあえず、かじるか、そのまま。
比較するものがなかったので、長女が持ってくれました。スーパーで売っているものと比べると200%ぐらいかなw
[PR]
by pattu | 2011-11-21 18:32 | ラブ寒河江・ラブ山形

今年最後のさがえちぇり〜マルシェ

d0080549_0192921.jpg本日寒河江駅前御輿広場にて、今年最後のちぇり〜マルシェが行われました。今回は震災復興「気仙沼フェア」として、いつもの店舗の他に、さんま焼きコーナー、気仙沼の特産品の限定販売等も行いました。
今日の目玉は、震災復興企画、気仙沼産生さんま一匹100円!しかも併設されているヤキヤキブースにて炭火焼きにできるという試みも。私は「東北復興」の前掛けをして、さんま販売のお手伝い(これは個人的なお店ではなく、市のお手伝いという形ですね。私が販売していたところも、ヤキヤキブースも、市の担当課の管轄だったので)。つまりはこれもボランティアの一つってことになるのかな?ヤキヤキブースのほうはグラウンドワーク寒河江の方がやっていたしね。
お昼頃来たお客さんが「今テレビでやっているの見て、美味しそうだったから来たんだ〜」と言ってくれました。後で知りましたが「復興祈念・気仙沼の生さんま」を販売していたのが、お昼、そして夕方のニュースで流れたらしい。会場に来ていたのはNHKさんとSAYさんで、お昼に来た方はNHKを見たと言っていたので、夕方はSAYさんだったのかなぁ?

d0080549_019338.jpgお昼を過ぎると、ひどい雨に。せっかくテレビで流れたのに、お客さんはぱったりと。
まあさんまも売り切れてしまったので、丁度よかったのですが。
ただ、他のお店は…。
出店しているラーメン屋さんの「いばらぎ」さんに聞いてみたところ、「今日は寒さとこの雨で、前回までの半分ぐらい」という燦々たる結果に。雨ももう1時間ぐらい待ってくれればよかったのにね。
終わって撤収することには青空になったし…。

d0080549_0193795.jpg家に帰ると、相方が焼き芋屋さんから買ったというさつまいもをくれました。そう言えば…と、今日隣で販売していた安納芋の試食用のものが1/4余ったのでもらってきていたのを思い出し、一緒に食べてみることに。
左が焼き芋屋さんから買ったお芋。右が安納芋。見た目も凄い違い。甘さも凄い違い。安納芋は糖度が14度、焼き芋にすると40度って言うことだったので、当たり前か。っていうか、14度は果物でもかなり甘い方だけど、40度って何と同じぐらいなんだろう?
[PR]
by pattu | 2011-11-20 20:18 | まさにFatFree!!

祝・ご婚約!!【居酒屋 銀次郎】【左文字】

d0080549_004121.jpgこのところお昼などに開催しておりましたが、久しぶりに毎月恒例の「銀次郎の会」(正式名称は違うのだが、それを言うとまた長々となるのでw)へ。
ここ数ヶ月参加できなかったのですが、今回は主要メンバーの一人が婚約したとのことで、そのお祝いも兼ねての開催。
いや〜、おめでとうございます。これから結婚までトントント〜ンと行ってほしいです。
それはそれとしてw
いつもながら海鮮系をメインにお願いしているのですが、今日の「特大海ツブ貝刺し」は美味しかった。肉厚でコリコリ、そしてあま〜い!!いや〜、やっぱりこうなると、日本酒だよねw
いつも通り、裏・雅山流を飲みながら、楽しい話と、美味しい肴、そして美味しいお酒に酔いました。
それにしても「本日は予約で満席です」と張り紙がしてあったのですが、大きな団体ではなく、4〜5名ぐらいのグループが何組も来ていての満席というのは、すごいね。人気店だな〜。

d0080549_063817.jpg会がまもなく終わる頃、呼び出しの電話。「おう、今飲んでいるんだろう?七日町の左文字にカモン!!」
お腹一杯なのですが、ふらりと。
今日のお通しは「カレー」。こんなにお腹一杯なのにカレーかよ…なんて思っていたのに、食べたら最後、ユーキャンドンストップってなかんじでおかわりしちゃいました。
最終的には4杯食べたかな(とは言えお通しなので、お玉1杯程度でご飯はなしです。でもパイがついていました)
「今日はカラオケ大会だからよ〜」なんて言うことで、私も2曲ほど歌わせて頂きましたw
[PR]
by pattu | 2011-11-19 23:59 | まさにFatFree!!

農家せんせい交流フォーラム【名のないぅ旨店】

d0080549_23313429.jpg今日はFBで知ったセミナーに参加するために、山形へ。
途中お昼ご飯を食べようと、前々から気になっていた、山形市警察署のお向かいにある「名のないぅ旨店」へ。
こちらは「新旬屋 麺」というお店のグループで、メニューも全く同じ。なのにここだけは「名のないぅ旨店」という店名。う〜ん、なんでなのかはわからない。
「新旬屋 麺」のメニューで、第3回最強の次世代ラーメン決定戦!全国第1位になった「絆・今昔鶏中華物語」(500円)を食べようと思ったのですが、オススメはエビワンタン入り(+100円)とのことだったので、そちらをオーダー。
店内を見てもこのカップラーメン(?)が積んであったり、メニューも新旬屋 麺と変わりません(「絆・今昔鶏中華物語」も、新旬屋 麺として出ていたものですし)。なんでここだけ名前を変えているのかが、わからない。メニューには「皆さんに好きなように呼んでほしいから」みたいな事が書いてあったのですが、店名以外に呼び方って無いと思うんだけど…。
例えば、同じグループだけど、ここでしか食べられないメニューがあるとか、何か実験的なメニューがあるから、あえて名前を変えて、グループだけど同じじゃないんだよって言うなら納得も行くんだけどね。まあ、それはお店の方のこだわりだろうから。
そんあ事を考えていたら、かなり早めにやってきました。
甘めの鶏ガラスープでしょうか?鶏中華と言う名前なので(うちのまわりでは肉中華と言いますが)なのでそばのつゆっぽいですが、表面に浮いている脂が多い感じがします。そこら辺が若い人にもウケる味なんでしょうかね(次世代ラーメンとしてNetで選ばれたって事はね?)。コリコリとした鶏肉はしっかりとした味付けで、鶏中華(=肉中華wややこしやw)らしい。
あ〜、このエビワンタンいいですね〜。以前酔っぱらいながら七日町の新旬屋麺でも食べているはずなのですが、改めて食べるとぷりっとしたエビとツルツルのワンタンがいい感じです。
どうしても新しめのラーメン店だと値段がそば屋の中華そばよりも高めに設定されているのですが、1杯500円(ワンタンを入れたので600円ですが)というのは、良心的なお値段ですね。

d0080549_23515230.jpgそして午後から「農家せんせい交流会 〜地域を超えた交流で、新しいアイデアづくり〜」に参加してきました。
この勉強会は3回シリーズなのですが、1回目と3回目が遠方での開催で、しかもテーマもちょっと学びたいことと違っていたので、この第2回目だけの参加とさせて頂きました。
2回目のテーマは「地域の魅力をみんなで発掘して、発信しよう~地域の魅力再発見の農林漁業体験づくりのコツ~」というタイトルで、産直たかせのFBページ管理人などもなさっている、着地型観光アドバイザー 斎藤 春香氏が講師。
ほんの少し視点の違うアドバイスを取り入れるによって地域の人が変わり、新たな魅力を発見することが出来ます。参加者同士でアイデアを出しながら、地域の宝を発掘し、それを伝える方法を探るお手伝いとのこと。
時間の都合上、ワークショップではなく講演のみとなりましたが、ヒントはいろいろと頂きました。
[PR]
by pattu | 2011-11-18 23:27 | まさにFatFree!!

暴走モード突入【焼肉 ムサシ】

先日参加したワークショップのことが山形新聞の記事になっておりました。来春もまたワークショップが行われるそうなので、ぜひ参加してみたいですね。
今日は「平成23年度村山ブロック広報広聴連絡会担当者研修会」に講師として行ってきました。こちらはいわゆる村山ブロックの「市報・町広報」を作っている担当者の研修会だそうで、七市七町の14名の方がいらっしゃいました。
私は講師なんていう柄ではないのですが、今までタウン情報誌の編集者をやってきての話などを聞きたいとのことだったので、喜んでお引き受けさせて頂きました。
ただ創業者でもないし、学校に行って学んできた正統派でないし。タウン情報誌だってもっと素晴らしいところたくさんあるし、私なんかよりももっと現場バリバリでやっている人物もたくさん居るので、なんだか話しと言われてもと恐縮してしまっていたのですがね。それでも良いからと言って下さったので、僭越ながらお話しさせていただきました。初めてのことなので、資料の準備とかよくわからなかったのですが、質問などを含めた約1時間はあっという間に過ぎました。皆さんの為には少しなったでしょうかね?
その後は皆さんと一緒に慈恩寺へ。私も久しぶりに中で説明を聞きながら、十二神将をはじめいろいろと見学させて頂きました。
夕方は寒河江青年会議所の組織連携推進委員会へ。
d0080549_2248583.jpg終わったのが22時だったので、かる〜くご飯でもと駅前に来たのがまずかったw
昨日視察から帰ってきて寒河江駅に降り立ったわけですが、目の前に「焼肉ムサシ」という看板が煌々とついており「今度みんなでここにでも来ようかね〜」なんて話しておったのでした。そのイメージが頭の中に残っており、ついつい、こんな時間なのに、お一人様焼肉へw
こちらの看板メニューである380円のホルモンやギアラもオーダーしたのですが、メニューに米の娘ぶたという名前を発見。これは以前食べてはまったソーセージのお肉!!ってことで、こいつもオーダー。柔らかい肉質、甘〜い脂身がもうたまらないっすw

d0080549_22488100.jpgたまたま友人がお客さんとしてお店におり、帰り際「こいつ、かなり食い物詳しいからね〜」なんて台詞を。
それを聞いた店長からの悪魔のささやきw
「メニューにはないんですが、たまたま米沢牛A5ランクのカルビが今日入っているんですよ」。
「…じゃあ、それを」wwwwwwwwwwww
「…あ、量減らしてもらっても良いですか?」←一応、時間を考えて精一杯のあがきw
なんなんでしょ、この色。マグロの大とろもびっくりなピンク色と乳白色の見事なサシ。ぐぅ〜。

d0080549_2248948.jpgたまらずライスをオーダーし、半生ぐらいの焼き加減でご飯に載せてみた。
あかんあかん、あかんよ、こんな時間に食べては。
でもこの柔らかさ、脂の甘み・・・くぅ〜!
帰宅。今日思ったこと。
腹減りすぎてお店に入ると自制が効かなくなるので辞めた方が良い。
やはり脂が多いものは、その時美味しくても、少しの時間たつとちょっと後悔する。
もう若くはない。
焼肉ムサシはリーズナブル。
[PR]
by pattu | 2011-11-17 23:38 | まさにFatFree!!

会派行政視察3日目【山口県光市】

d0080549_22242993.jpg会派行政視察3日目は、山口県光市へ。山口県とは言っても広島県にかなり近いところなので、昨日の尾道に行くよりも時間がかからなかったです。
ちょうど出発前日、寒河江市のハートフルセンターを一部改良し、子育て支援センターにという新聞記事が掲載されましたが、今回こちらで視察させて頂くのは「おっぱい都市宣言」についてです。
山口県光市では、昭和51年から母乳栄養の重要性について着目し、母子保健活動の重点目標として掲げ、広く市民へ周知を図ってきた結果、母乳栄養率の高い地域として県内外の注目を集めるようになった。私は3歳と1歳の子供を育てている、まさに子育て現役世代なのでよくわかるが、日本での母乳育児率は非常に低く、出産して退院までで約60%、1ヶ月後の定期検診で約45%。しかし光市は73.5%と非常に高い数字を誇っている。
光市の母乳育児推進に始まった活動は、より豊かな子育てを推進するため、栄養法や子どもの年齢にかかわらず、胸でしっかりと子どもを抱きしめ愛しむふれあいの子育て「おっぱい育児」の推進へと広がっていった。つまりここで言う「おっぱい育児」とは、母乳が出る出ないにかかわらず、すべての人が子どもを胸に抱く、手で触れる、見守る、語りかける、子どもの声に耳を傾けるといった、愛情豊かなふれあいの子育てを指す。「おっぱい育児」により、「温かい心」や「豊かな心」が育ち、そして、子育てや子どもとの関わりを通して、すべての人が温かい心をもつ人へと成長することも、「おっぱい育児」は目指している。

d0080549_22242678.jpg
平成6年3月には、光市制施行50周年記念事業の一環として「おっぱいまつり」を開催。「おっぱい育児」をさらに推進するとともに、平成7年3月24日には、大切な心を育むまちづくりを進めるため、光市議会において「おっぱい都市宣言」が決議された。(平成16年に光市と大和町が合併し、おっぱい都市宣言は失効したが、平成17年に光市議会によって改めて決議された。)
 「みつめ だきしめ かたりあう~心温かい人が育つまち“ひかり”~」という基本理念のもと、母乳だけではなく、子育て全般さらにはそれをサポートする地域の人や高齢者までもが、この「おっぱい都市宣言」には含まれる。
 「おっぱい」と言う言葉にこだわり、それを宣言して貫き通すことによって、街の考え方をしっかりと市民、そして周囲や全国に発進する力になるのだなと思いました。
昨日見た「北広島町の太陽光パネルに包まれた庁舎」のようにね。何か一つ貫き通すというか、ランドマークがあると、やっぱり違うのかも知れません。

d0080549_22243153.jpg光市を後にし、昼食は帰り道岩国市で途中下車(って言わないか)。
こちらの名物だそうですが、岩国寿司というのを頂きました。ちらし寿司の押し寿司みたいな感じでした。

d0080549_22243436.jpg広島のお土産物と言えば「もみじまんじゅう」だろうと思い、買おうとしたところ「揚げもみじまんじゅう」という看板が目についたので食べてみました。
そうか、そう言えばうちでも堅くなったまんじゅうを天ぷらとかにしていたもんな。そんなに違和感なし。

d0080549_22243631.jpg飛行機まで時間があったので、再度空港内のレストランにてお好み焼きを。
こんな洋風なレストランでお好み焼きというのもなんか違和感がありますなw
[PR]
by pattu | 2011-11-16 22:23 | ラブ寒河江・ラブ山形

会派行政視察2日目【広島県尾道市】【広島県安芸高田市】

d0080549_214538.jpg2日目、まずはラーメンと大林監督の映画の舞台として有名な広島県尾道市へ。こちらでは「協働のまちづくり」について視察させて頂きました。
広島県尾道市は人口14.7万人、それに対し年間600万人の観光客が訪れています。
こちらでは、「尾道市総合計画」推進のための取り組みとして「市民との協働による知恵と工夫の地域経営」を掲げており、市民と行政の新たな関係づくりを推進していくこととし、その第一歩として平成22年3月に「尾道市協働のまちづくり指針」を策定。これは市民と行政が一緒になって話し合い、考え、ともにまちづくりを進めていく方針である。尾道市に限らず寒河江市でもそうだが、少子高齢化に伴う人材・財源不足や地域活動の担い手の減少などにより様々な影響が起こっている。これを解消するために、町内会やNPO、ボランティア、各種団体や企業などすべての市民と行政が、今まで以上に連携を深めながら、地域課題の解決に取り組もうというものだ。
新しく協同のまちづくり活動をはじめる市民活動団体の経費を支援する「尾道市市民提案事業活動スタート部門」(1団体につき1回のみ。最大60%・上限15万円を助成する制度)や、独創的で将来にわたって魅力ある地域社会づくりに貢献する市民活動を支援する「尾道市市民提案事業活動育成部門」(1団体につき単年度毎1回のみ。最長3年までで全体の事業費の1/2・上限初年度100万円、2年度目75万円、3年度目50万円を助成する制度)という「市民提案事業」が平成20年度よりスタートしている。
寒河江市でも「協働のまちづくり」に似ている事例としては、毎年5月上旬に行われている、国道112号線に花回廊を設け市民やドライバーに潤いと安らぎを与える「寒河江フラワーロード」の植裁、また先日行われたばかりだが、新第5次振興計画の一つに掲げられている寒河江公園(長岡山)の整備にあたり、市民対象のワークショップを現地で開催して整備計画に反映させる、等だろうか。尾道市、寒河江市に限らず、市民の方々の力を借りて、自主努力・自助努力で市を良くしていこうとしているが、より具体的にしていた事が非常に印象的でした。

d0080549_21444374.jpgお昼ご飯はやっぱりここまで来たら「尾道ラーメン」でしょう。ってことで、以前ネットで調べ、行ってみたかった「朱華園」へ先輩議員達をうま〜く誘導w。市役所から近いという立地もよかった!
平日のお昼前なのですが(開店は11時らしい)、もう並んでいる人が。ラッキーなことにそんなにまたずに入れたのですが、中は超満員。外国の方や「●●県から来たんですが、尾道ラーメンってこれで良いんですかね?」という声も聞こえました。やっぱり有名なお店みたい。

d0080549_21444038.jpg中華そば(550円・大盛りなし)は濃いめの醤油で背脂の濃いめのスープ、平打ちでコキコキの麺。うまい!
ただドンドン人が来てせかされるように食べたので、記憶には濃いめの後味しか残っていない・・・。

d0080549_21444918.jpg尾道の市役所の方に「時間があるのならば、ぜひ眺めのよい千光寺に行って頂くと…」と強くオススメされたので、ちょっとだけ千光寺に寄ってみました。市役所から10分とかからない場所にありました。
ケーブルカーで来るらしいのですが、車で中腹まで行け、そこから歩いて10分程度で展望台に行くことがで来ました(千光寺にはここから反対側の斜面に下りていく)。
眼下に広がる瀬戸内海。そうか、俺、瀬戸内海って初めて見たんだなぁ〜。尾道市役所は裏がすぐ海(こっちで言うならば、マリーンセンターのような立地でした)だったので、「冬とか大変じゃないですか?(あくまでも私達日本海側の経験則)」とお聞きしたところ「一年を通して、あれると言うことはほとんど無いですね」とのこと。想像がつかないな〜。

d0080549_21445380.jpg寒河江市では11月1日より、幸生、田代、醍醐、谷沢、中郷の5エリアと、市役所やJR寒河江駅、医療機関といったと心部を結ぶ、デマンドタクシー「チェリンGO(号)」の実証実験運行がスタート。そこで、デマンド型交通の先進市を視察にと次に伺ったのが、市内のみを走る路線バス(お太助バスごーごーorさんさん)と、電話で予約する乗合バン(お太助ワゴン)を運行している広島県安芸高田市でした。
こちらでは平成17年度に「生活交通確保対策推進計画」を策定し、備北交通運行の乗り合いバスの再編に着手。同時に予約乗合タクシーの運行もはじめる。しかし乗合バス実車走行距離の減少により、費用面の合理化は図られたものの、軽油価格の高騰、輸送人員の減少による収入額の大幅な減収により負担金の圧縮には結びつかなかったために平成18年に乗合バス路線の再編を行う。  
しかし補助金額抑制のために利用しない区間の廃止や利用の少ない時間帯の便数削減するなど合理化を進めた結果、利用者の利便性の低下につながり、利用者がさらに経るという悪循環に陥った。そのため平成19年に路線・運行回数・運行経路の見直しをして再々編。地域公共交通活性化・再生総合事業を活用し、生活交通バスを基本に地域の実情に応じた多様な移動手法を研究し、利用者のニーズをより組み入れた生活交通体系を目指すため、平成20年3月に協議会を設立し、次年度「総合連携計画」を策定。そしてそれらでの会議やアンケート、ヒアリング調査などを経て、平成21年10月より現在の形である新公共交通システム実証運行を開始した。
何度もの再編・紆余曲折があっただけに、メインの利用者であるお年寄りや通学者のニーズを事細かに掴み、非常にしっかりとしたシステムに作り上げたのは、さすがの一言。また利用者をできるだけ増やすよう、お太助ワゴンの停留所を市内の大型店舗に設置したり、PR用のポスターを貼ったり、また最初の説明会では利用者の居る場所(老人クラブや敬老会など)に行って説明会をしたりと、しっかりとした告知がなされていた。
 一つの数字として、1日あたりの人数は、65歳の約5%ぐらいから利用してもらうと、定着した・地域の足として役立っているという見方ができるのだそう。 安芸高田市はその数字から行くと約160人。現在は180人前後となっており、定着しているようだ。
d0080549_21445582.jpgその帰り道、高速道路のインターに向かっていると、道路脇の看板には「北広島町」と表示が。「運転手さん、町の庁舎ってこの近くですか?」「ええ、インターのすぐ近くですよ」「すいません、予定にないんですが、ちょっとだけよってもらえませんか?」助手席にいた特権で、ルートをちょっとだけ変更し、急遽北広島町の庁舎に寄ってもらいました。
実は私が今回一番見たかったのが、この「北広島町庁舎」だったのです。マッチング(先方との日程調整など)の都合上、今回の視察のルートには入れる事ができなかったのですが、こちらの庁舎、写真ではわかりづらいかも知れませんが、南側の壁一面、そして屋上には翼を広げたような感じで太陽光発電パネルが設置してあります。約110,000kWh/年だそうで、町内の新エネルギーの普及啓発に貢献。こういう、その都市のある種ランドマーク的なものがあると、街の個性というか、他との差別化ができるんではないかなと思います。寒河江市役所もまもなく耐用年数を迎え、建て替えの時期に来ております。こういうの、イイと思うんだけどな〜。

d0080549_21445877.jpgホテルに戻り、今日は牡蠣をメインとした晩ご飯。私の中で牡蠣というと日本海の岩ガキが食べ慣れているので、こちらの牡蠣は小ぶりのような気がしますね、どうしても。
メンバーに一人だけ牡蠣が食べられない方がおりましたが、私は食べられないものは無いし、飲めないものは無いし。ほとんどのものを美味しく頂けるので、幸せだな〜って思います。

d0080549_2145179.jpg以前広島から来ていた講師の方と飲んだときに、「いや〜、山形のゲソテンそばって美味しいね〜。広島も最近つけ麺が流行っているんだけどさ〜」って言っていた記憶を思い出し、夕食を食べたお店の方に「広島風のつけ麺を食べたいんですが、この辺だとどこが良いですかね?」と聞いたところ、ばくだん屋さんというお店を進められた。おう、そこは、昨日グルグル歩き回ったときに見かけたお店。場所はわかっている…が、腹一杯で今はまだ無理w
昨日同様、腹ごなしに夜の街をグルグルと歩き回る。そしてばくだん屋に。
メニューを見ると、つけ麺(冷たい)とつけそば(温かい)があったのですが、つけ麺並(780円)に。
説明には中太ストレート麺とのことでしたが、山形なら細または極細麺のレベル。1/4〜半玉ぐらい?おなかいっぱいになるほどのたっぷりのキャベツに、これでもかって感じのネギ。タレにはゴマたっぷり。
昨日のお好み焼きと言い、このつけ麺といい、広島の人はキャベツに何か恨みでも?ってぐらい、キャベツ消費している気がする(笑)
[PR]
by pattu | 2011-11-15 23:42 | ラブ寒河江・ラブ山形

会派行政視察1日目(移動日)

d0080549_0231954.jpg今日から2泊3日で会派の行政視察へ。今回は広島県を中心におじゃまします。
さすがに広島へは飛行機で行きますので、仙台空港へ。仙台ー広島線は1便しかないらしく、あちらにつくのは(そこからのアクセスを含め)4時近くになってしまい、そこから行政視察はできない(役所は5時で終わっちゃうから、よほど空港から近いところではないと無理)とのことで、今日は移動日となります。
お昼ご飯は仙台空港の喫茶店みたいなところでビーフカレーを。
いや、空港到着から出発までが30分しかなかったので、一番早いヤツをとお願いしたらこうなりました。

d0080549_0231794.jpg食べ終わって5分だけ時間あったので、空港内の宮脇書店にてスティーブジョブズの伝記を購入。分厚くて、お値段もなかなか(笑)。とは言え今回の移動は飛行機&車メインなので、あんまり読めない感じもしますけどね。
案の定、飛行機はとっても狭く、さらには最後尾座席と言うことでリクライニングもできず。とても窮屈な感じで100ページほど読んだところで広島空港に到着しました。

d0080549_0231456.jpgついてホテルに向かおうとしたのですが、まだちょっと時間があるために、歩いて行ける広島原爆ドームへ行ってきました。
もちろん初めてではあるのですが、TV等ではよく見た施設です。
その近くにある資料館にも行ってきました。非常に悲惨な、時に目を覆いたくなるような展示物でした。
3/11の地震、そしてそれに端を発した福島原発問題。そう言うのもあって、非常に興味深く見学させてもらいました。外国の方が多かったなぁ〜。

d0080549_0231143.jpgそこからホテルに向かい、ちょっと早い夕食を。名物の穴子飯などを頂きました。

d0080549_023820.jpg夕食後、先輩議員たちと別れ、お目当てのお店へ。
お好み焼きとかうどん、つけ麺などなどいろいろ考えましたが、ふとホテルで目にしたるるぶに「活きイカ姿造り」を発見!周りの釣り人に「イカ釣りに行くなら誘ってくれ!」と何度も言ったほど、夢に見た透明なイカ刺しに思いがけずご対面。くぅ〜。あわせるのは広島の銘酒、宝剣です!
やりいかだったのですが、まあこの甘いこと甘いこと。私の中でヤリイカというのはもっと尖ったイメージだったんですが、結構ずんぐりした感じです。お刺身だからこうなったのかな?まだまだ足が動くほどの鮮度の良さで、身はぱりっとしておりました、そうそう、甲イカとかの食感と似ていますね。でも甘さが…なんて言うんだろう、曇りのない甘さというか、一切の生臭さがない甘さというか。美味しんぼのなかで「イカ刺しはぐにゅっとしていて…」と言う上司を説得するためにその場でつり上げて「これこそがイカ刺しだ」みたいなことを言うシーンがあるのですが、まさに「ああ、このことなんだ」って思いました。

d0080549_023334.jpg活きイカ姿造りは、お店の方に聞いたところ、1人前で150g1,500円、2人前なら200gで2,000円とのこと。つまり100g1,000円と、米沢牛のびっくりのかなり高めのお値段。しかし入り口のところで生け簀を見ましたが、水揚げしてこのように活きたままお店に配達されなくてはいけないから、イカのお値段と言うよりも、配達料なんだろうなんて思いました。
まあそれでも1,500円。今年はイカがつれなかったそうなので、1日庄内浜に連れて行ってもらってボウズだったときのことなどを考えたら、安いもんです。
その他太刀魚の姿造りやはげ活き造り、本皮はぎ活き造り、そして穴子の刺身なんていうのもありましたが、さすがに夕食食べたばかりなのでそこまでは無理でした。でも見えるところに海がある、広島ならではって言う感じですね〜。

d0080549_02369.jpg後料理210円で刺身、天ぷら、塩焼きにできますと書いてありなんだろうと考えていたのですが、なるほど、耳と足の部分は調理されていないので、これをどうするのかって言うことなんですね。私は天ぷらにしてもらいました。
いや〜、やっぱり鮮度が良いからかな〜?ふわっとしていてでもプリッとしていて、砂糖でも入っているんじゃないかと思うほど甘〜い、食べた事ないイカげそ天でした。藻塩も良いけど、カレー塩(確かそう言った)もいい感じ。
そして一緒に「焼きガキ」もオーダー。合わせたのは賀茂泉。先ほどの宝剣同様、美味しいお酒です。
私は山形のお酒が大好きですが、広島のお酒は素晴らしいと思っております。こちらには国税局があり(日本酒は国税局管轄)鑑評会なども行われているので、必然とレベルが高くなっているんですよね〜。

d0080549_0232975.jpgせっかく来たのだから名物は一通り食べておかないと思い、少し腹ごなしのために繁華街を歩きました。
ちなみに私が広島で食べなくては行けないと思っていたのは「お好み焼き」「焼きガキ」「広島ラーメン(つけ麺?)」。うかつにも「イカ刺し」を食べるとは思っていなかったので今日のノルマとしては、お好み焼きか広島ラーメンのどちらかをこれから食べなくてはいけませんw
お好み焼きは「八昌」というお店で食べようと思っており、「八昌」の中で最も遅くまでやっている(と思われた)お店の近くをぶ〜らぶら。
そしたらclub82なるお店を発見。ま、まさかクラブパッツー?…ないな。ハニーだろうな。

d0080549_0233311.jpg飲食店街を散策し約15,000歩という携帯の表示を見ながらお腹とも相談し、やっとの事で八昌に入店。
「一番スタンダードなのは?」「ソバ、野菜、肉、玉子(750円)ですかね」「じゃあそれを」
お家で焼くお好み焼きは結構粉を使っているせいか、お腹にも溜まるヘビーな一枚です。そんなものを想像していたのですが、見ていると使っている粉(を溶いたもの)はオタマに1杯程度。それを薄〜く伸ばし、その上にキャベツたっぷり。そしてその他の具を載せて焼いていくのですが、キャベツのせいか、全然重くない。ちょっとこれはびっくりだわ。やっぱりこういうのは現地で食べてみないとわからないよな〜。
ふ〜、ミッションクリアーでホテルに帰れるは〜。
[PR]
by pattu | 2011-11-14 23:16 | ラブ寒河江・ラブ山形

血は争えぬw【くるまやラーメン 寒河江店】

d0080549_23501511.jpgうちの長女に「何食べたい」と聞くと、50%の確率で「ちゅるちゅる」と言います。あと半分の確率で「かっぱちゃん」。まあ外食はだいたいこんなもんです。
長女の言う「ちゅるちゅる」は麺類の総称で、うどんでも中華麺でも「ちゅるちゅる」です。ちなみにそばはアレルギーが心配なので(もう大丈夫だと思いますが)ほとんど食べさせておりません。次女が1歳なのでまだもうちょっと食べなくても(食べさせなくても)いいかな?
そんな訳で今日も「ちゅるちゅる」と言われたので寒河江市内のラーメン屋さんを頭の中でスクリーニングしたのですが、最近結構どこも行っている。もしくはお子様連れでは結構きついところばかり。悩んだあげく、ここ「くるまやラーメン」を思いつきました。
長女は中華麺も好きなのですが、ご飯も好き(でも肉や野菜はほとんど食べません)。なので、こちらのように「半ライスサービス」とかあると非常にありがたいです。
いっつもここに来ると「ネギ味噌」ばかりだったので、たまには醤油味をと思い、今回はネギ醤油ラーメンをオーダー。かき混ぜる前に長女の分を分けました。
長女は麺を食べながら、ご飯も食べております。炭水化物&炭水化物。俺の好きなパターンだなw
[PR]
by pattu | 2011-11-13 23:50 | まさにFatFree!!

わんぱくクラブ創立20周年記念&スウィートスウィーツ

d0080549_2332174.jpg今日は寒河江中部小学校の学童保育、わんぱくクラブの創立二十周年記念式典&祝賀会に参加させて頂きました。
学区内議員と言うことでお呼ばれしたのですが、私が一年生の時にできた寒河江中部小学校。その学童クラブでから、特別な思いもあります。うちはガッツリ共働きで、うちの親もまだまだ現役(たぶん)。もしかしたらうちの子供達もここにお世話になるのかな〜なんて考えながら参加しておりました。
途中ではありましたが、子供たちのアトラクションも拝見させていただいたので、中座して次なる会場へ。

d0080549_23322072.jpg今日はそう、寒河江スウィートスウィーツ2011があったのです。
このイベントは寒河江商工会青年部が主催で、私は青年部ではないのですが、一昨年の青年部部長がうちの弟の同級生だったと言うこともあり、司会を頼まれたのがきっかけで毎年お声がけ頂き、ちょっとだけご協力をさせて頂いております。いや〜、思うに、こういうイベントってここまで来るのが一番大変じゃないですか?それを当日だけ参加して、皆さんとイベントを作る側に廻らせてもらえるなんてありがたいことです。
聞くところによると、今年はより会話を楽しんでいただけるよう、昨年の半分の人数(昨年228、今年108)の為、一瞬で予約が埋まったそうです。
しかも、寒河江の方は三割しかいません。市外の方が土曜の夜に寒河江に集まってもらえるイベント、いいですね〜。

d0080549_23322376.jpg会場では寒河江市内のお菓子屋さんから協賛頂いたスィーツがずらっと並んでおります。もちろん普通に御食事もあります。
美味しい食事とあま〜いスィーツを食べながら、出会い(男と女だけではなく、友達や仲間等を作る意味も)を提供するというこのイベント。非常に好評なんですが、来年もあるのかな〜?
[PR]
by pattu | 2011-11-12 23:59 | ラブ寒河江・ラブ山形